フリーランスを目指せるプログラミングスクールが増えてきている理由

学び

エンジニアやプログラマーなどIT職のフリーランスになるには、まずそれらの職種をを募集している会社に就職して一定の経験を積み、仕事の実績を作った上で独立するのが当たり前……

今でもそういう手堅いやり方で独立しているエンジニアやプログラマーは少なくありませんが、そんな認識は過去のものになりつつあります。最近は未経験からプログラミング教室で学んだ後に独立し、フリーランスとして活動を始める人が増えているのです。

そんなプログラミングスクールでフリーランスを目指す方法について、独学と比較した場合のメリットを含めて解説していきます。一口にプログラミング教室と言ってもいろいろな種類がありますので、後半で紹介するフリーランス向け教室の選び方も知っておいて損はありません。

プログラミングスクールでフリーランスが目指せるようになった理由

特定の会社に縛られないフリーランスは自由な働き方が可能な点が最大のメリットですが、会社員時代よりも高いスキルを求められるという難しさもあります。会社員のエンジニアやプログラマーより高いレベルのプログラミングスキルを持っていないと信頼が得られず、仕事がなかなか受注できないのです。会社員のIT職として働いている人の中には就業後の空き時間や休日を利用しながらプログラミングスクールを受講し、スキルを上げてから独立を目指す人も少なくありません。

一方でフリーランスエンジニアは会社員のエンジニアと違って、仕事を獲得するための営業も自分で行うのが一般的です。会社員時代は営業を担当する社員に任せていた業務もすべて自分でやっていかなければならないだけに、フリーランスとして身につけるべき能力はプログラミングスキルだけではありません。

最近ではフリーランスを目指す受講生に向けて、案件獲得サポートを行うプログラミング学校が増えています。会社員のエンジニアとして実務経験を積む期間を経ずに、未経験からでも独立して活動できるように変わってきてるのです。

独学でフリーランスを目指す場合に予想される困難

アプリ開発やWeb制作に欠かせないプログラミング言語の勉強法には、教室に通う以外にも独学でスキルを身につけるやり方があります。書籍を購入して勉強すればプログラミング教室に通うよりもずっと安上がりで済みますが、独学で言語のスキルを身につける方法は決して効率的とは言えません。独学は好きな時間に勉強できるというメリットがある反面、モチベーションを維持するのが難しく長続きしにくいというデメリットもあります。

何もかも自分一人でやっていく必要があるフリーランスになるには、プログラミングのスキルだけを身につければいいというわけではありません。前述の営業スキルもフリーランスに必須とされる能力の1つで、クライアント担当者との打ち合わせを円滑に進めるコミュニケーション能力も求められます。それらの能力を身につけないまま独立したところで、安定した仕事の受注にはつながっていかないのです。

プログラミングスクールに通ってもフリーランスにはなれない?

ネット上で流布されている一部の情報では、プログラミング教室で勉強しただけではフリーランスになれないとも言われています。確かにスクールの卒業生全員が個人事業主として独立しているわけではなく、学習内容を就職や転職に生かしているという人も少なくありません。

フリーランスの道を選んだ卒業生は全体のごく一部に過ぎないのが現状ではありますが、独立したエンジニアとしてやっていけるだけのスキルを学べる教室が存在するのも事実です。学んだスキルを生かすも生かさないのもその人次第で、将来的な独立を想定しながら高い意識を持って勉強に取り組む姿勢が大切になってきます。

最近はどのIT企業も慢性的なエンジニア不足に悩まされているだけに、フリーランスに仕事を外注して人員を確保している会社も珍しくありません。特定の企業に所属しないフリーランスが業界全体で重視されるようになったため、人材育成を行うプログラミングスクールでも時代の変化に対応を迫られています。そうした事情もあって、フリーランス向けのコースを用意するスクールが増えているのです。

プログラミングスクールはコースの選び方が重要

プログラミング教室のコース内容はスクールによって異なり、JavaやRuby・PHPなど特定の言語をマスターできるコースは多くのスクールで定番となっています。Webコースやデザインコースなど分野別のコースを設定している学校もあれば、ビジネス教養コースや転職コースなど目的別のコースを設けている学校もあるという具合です。

そうした中でフリーランスを目指すには、教室の選び方が重要になってきます。エンジニアやプログラマーとしてのスキルアップや転職を目的としているコースは、フリーランスを目指すのに必ずしも適してはいないのです。

フリーランス向けコースを選ぶ

あくまでも独立したエンジニア・プログラマーを目指すのが目的でスクールを受講するなら、フリーランス向けコースを選ぶことが最低条件となってきます。特定の言語について集中的に学べるコースや転職コースなどは、必ずしも独立を想定したカリキュラム内容といないからです。

フリーランスコースにもプログラミング言語について学ぶ授業は含まれますが、独立するのに必要な営業のノウハウを学べる点が他のコースにない特徴です。プログラミングスクールによっては卒業後の案件獲得サポートが受けられるところや、在学中に実務経験を積んで実績を作れるところもあります。公式サイトで卒業生の実績を調べ、フリーランスとして活躍している人が多いスクールを選ぶと安心です。

オンライン型スクールのメリット

プログラミングスクールには大きく分けて通学を前提とする教室型と、ビデオ通話を利用して学べるオンライン型の2種類があります。教室型は講師に生で指導してもらえる点がメリットですが、教室のある場所まで通わなければならないため時間的な制約も出てきます。その点でオンライン型は全国どこでも受講できる便利さに加え、自分のペースで勉強できるという点が最大のメリットです。

オンライン型スクールの中にもフリーランスコースを設けているところが増えており、仕事を続けながら独立を目指しているIT系職種の人たちに人気を集めています。オンライン型は講師にマンツーマンで指導してもらえるところが多いのも特徴で、わからない点があればビデオ通話で気軽に質問できるため初心者でも安心です。

まとめ

IT系職種に必要なスキルを独学より効率的に学べるのがプログラミングスクールの有利な点とは言え、卒業後に独立して安定した仕事を受注していくのは簡単ではありません。同じ困難は会社員として実務経験を積んでから独立しようとするエンジニアにも当てはまりますが、この場合は会社員時代に築いた人脈を利用して案件を受注できるという強みがあります。

実務未経験からスクールで学んでフリーランスを目指す場合には、人脈ゼロからスタートするのが一般的です。フリーランスコースを設けている学校の中には、卒業後に案件が獲得できるよう手厚くサポートをしてくれるところもあります。案件サポートが受けられる教室は在学経験が人脈形成につながるため、卒業後に独立して活躍している人も多いのです。

タイトルとURLをコピーしました