オンライン家庭教師マナリンクが社会人の副業に向いている理由とは?

副業

ZoomやSkypeなどを使って学習指導を行うオンライン家庭教師は、在宅で収入が得られる副業の手段として人気が高まっています。今回紹介するのは、オンラインの授業に特化したマナリンクという家庭教師仲介サービスです。他の家庭教師センターにない独自のサービスを展開しているマナリンクの特徴について、登録方法や稼げる金額の目安も含めた情報をまとめてみました。

マナリンクとは?

最近は大手の家庭教師センターでもオンラインの授業に対応するところが増えていますが、マナリンクはサービス開始当初からオンライン授業に特化して家庭教師を仲介しているサービスです。家庭教師と生徒のマッチングから授業の実施まですべてオンラインで完結するため、講師は生徒の自宅を訪問する必要がありません。

マナリンクは定期テスト対策や受験対策の他、苦手科目の克服や資格取得の目的でも利用されています。授業の対象となる生徒は小学生や中学生・高校生だけでなく、浪人生や社会人も対象の範囲内です。

マナリンクが提供している資料によると、定期テスト対策を目的として利用している家庭が42%を占めています。次いで多いのは受験対策の36%で、資格取得を目的としてマナリンクを利用している人は9%に達します。

マナリンクを利用した家庭の82%は「オンライン家庭教師の利用が初めて」という点も、注目すべきデータです。それまで家庭教師を利用していなかった層が、マナリンクを通じて利用に踏み切っている様子が窺えます。

マナリンクの運営会社

マナリンクの家庭教師仲介サービスを運営しているのは、株式会社NoSchoolという会社です。NoSchoolは2018年5月に設立されたベンチャー企業で、インターネットサービスの開発や運営を事業内容としています。同社は会社設立当初に、社名と同じ「NoSchool」という中高生向けの勉強質問サイトを運営していました。勉強に関するさまざまな質問に対して、プロの家庭教師や塾講師が無料で回答を担当するというユニークなサイトでした。

同サービスは2021年4月30日をもって終了しましたが、マナリンクの方は2021年に指導コース数が1,000件を突破し、前年比6倍という大きな伸びを見せています。コロナ禍で対面による指導が敬遠されるようになり、オンラインに特化したマナリンクに追い風が吹いている状況です。

マナリンクの特徴

コロナ禍をきっかけに学校の授業でオンライン化が進んでいますが、対面で指導を行うのが一般的だった家庭教師も例外ではありません。当ブログでは以前にもオンライン家庭教師の副業について取り上げ、求人状況や稼げる金額の目安について解説しました。

オンライン家庭教師でどれだけ稼げる?低リスクの在宅バイトを解説
家庭教師は古くから学生に人気の定番アルバイトでしたが、コロナの影響もあって最近はオンライン家庭教師へと需要がシフトしつつあります。在宅で仕事が可能で副業にも最適なオンライン家庭教師バイトについて、収入の目安や求人募集状況をまとめてみました。

それから半年余りの間で、オンライン対応を打ち出すようになった家庭教師センターが急増しています。今では珍しくなくなったオンライン家庭教師サービスの中でも、マナリンクは在籍している先生の大半が社会人の家庭教師という点が1つの特徴です。

大学生のアルバイトが多数を占める家庭教師センターも少なくない中で、社会人が中心のマナリンクは先生の質に定評があります。大学院生もマナリンクの家庭教師として登録可能ですが、大学生は登録が不可となっているのです。

大学生のアルバイトは自身の学業が優先されがちで、就職活動などを理由に短期間でやめてしまう人も少なくありません。その点でマナリンクの家庭教師はそういった制約がないため、長く働き続けることも可能です。教師免許を保有している人や個人塾を経営している人がスキルを生かしながら、副業としてマナリンクの家庭教師を務めている例も多く見られます。

マナリンクは週に1回などの形で継続的に行う授業だけでなく、1回限りの契約で行う単発の授業も登録が可能です。家庭教師センターの中には生徒が利用するのに入会金が必要なところも少なくありませんが、マナリンクなら指導料金以外の費用が必要ありません。学習指導を希望する家庭にとっては気軽に利用できる条件が揃っているだけに、先生にとっても生徒を獲得するチャンスです。

家庭教師と言えば小学生や中高生を対象とした学習指導を想像しがちですが、マナリンクにはプログラミングや英検など仕事に役立つ学習も含めた多彩な指導コースが掲載されています。家庭教師自身が指導料金を決め、授業内容や使用する教材なども自分で考えて授業を行う方式です。

そうした点を考えるとマナリンクは家庭教師センターと言うよりも、ココナラストアカのようなスキルシェアサイトに近いサービスだと言えます。他の家庭教師センターは運営会社が先生を選び、生徒の自宅に派遣したりオンライン授業を手配したりするのが一般的です。マナリンクは生徒の側で先生を選ぶ仕組みとなっていて、運営事務局は両者のマッチングをサポートするという違いがあります。

マナリンクでオンライン家庭教師を始める手順

大学生のアルバイトが中心の家庭教師センターと違って、社会人主体のマナリンクは先生の質が高いという点が1つの特徴です。マナリンクでオンライン家庭教師の仕事を始めるには、書類選考と面談による審査に通過する必要があります。

マナリンクの公式サイトでお申し込みはこちらボタンをクリックすると、登録審査の申し込みフォーム画面に移動します。必要事項を入力して送信した後に審査が行われ、オンラインによる説明会を受けるという流れです。オンライン家庭教師として登録されたら、生徒募集のための指導コースを作成して問い合わせを待つことになります。

指導コースの作成

マナリンクで学習指導を希望する生徒や親は、プロフィールや指導コースの内容を見て家庭教師を選んでいます。自己紹介や指導/合格実績・学歴・趣味などプロフィールに記載される情報は、家庭教師審査時の申し込みフォームで入力する仕組みです。その際には顔写真もアップロードする必要がありますが、風景などと一緒に写っている写真でも構いません。

晴れて審査に通過したら、次は生徒募集に向けた指導コースを作成します。一般的な家庭教師センターと違って、マナリンクは講師自身が自分で独自の指導コースを自由に作成できるのが特徴です。指導コースを作成する際には、生徒に選んでもらえるようなタイトルを考える必要があります。

タイトルを入力したら、コースの種類を「単発コース」「月額コース」から選択します。指導科目と内容・指導料金・指導時間・対象学年・教材の準備といった情報に加え、「どんな生徒さんにおすすめ」という項目も3つまで入力が可能です。指導コースの登録に必要なサムネイル画像は自分で用意するのが基本ですが、マナリンク運営局に依頼すれば適切な画像を作成してもらえます。

YouTubeに投稿した動画を紹介動画として指導コースに掲載したい場合は、埋め込み用リンクのURLも入力しておくといいでしょう。動画を作ったことがないという人でも、マナリンクの運営スタッフがシナリオや撮影・映像編集をサポートしてくれるので安心です。指導コースはTwitterやFacebookなどのSNSにも投稿できますので、アカウントを持っている人は積極的に利用することをおすすめします。

オンライン授業を行う手順

生徒の側でマナリンクを利用する方法には、自分で家庭教師を検索して直接問い合わせる方法と、運営事務局に先生を紹介してもらう方法の2通りがあります。どちらの場合でも問い合わせがあったら専用アプリで生徒側とチャットでやり取りしながら、日程や目標などの相談を行う仕組みです。

月額授業の指導コースを登録していて問い合わせを受けた場合には、本授業を開始する前にZoomで無料の体験授業を実施して生徒との相性を確認してもらうことになります。無料体験で相手の承諾を得たら、料金の支払いを経て本授業を開始するという流れです。単発授業の場合は無料体験を経ずに、話し合いで決めた日時にオンラインで授業を行います。

授業日以外でもアプリのチャット機能を使えば、生徒からの質問や相談に応じることが可能です。この専用アプリは相手との連絡だけでなく、授業日を含めた学習進捗状況全体を管理できるように工夫されています。授業に使う教材は特に決まっていませんので、生徒側と相談の上で事前に決めておくといいでしょう。

時給3,000円以上!在宅で出来るオンライン家庭教師を始めてみませんか?
マナリンクでは社会人・大学院生限定でオンライン家庭教師を募集しています。本業の方はもちろん、副業としても在宅勤務でオンライン指導が可能です。また他社と比較して少ない仲介手数料、ご自身で料金設定、指導コースの作成が可能なためこの科目を指導したい・指導方針はこうしたいなど、こだわりのある指導が実現できます。社会人・大学院生...

マナリンクでどれだけ稼げる?

オンライン家庭教師でどれだけ稼げる?低リスクの在宅バイトを解説の記事でも取り上げていますが、一般にオンライン家庭教師は対面型より時給が低めの傾向がありました。所属する家庭教師センターによっても1時間あたりで稼げる金額は異なり、時給換算で1,000円未満の人もいれば、2,000円以上を稼ぐ人もいるという具合です。マナリンクの場合はどうなのか、料金設定と手数料に分けて金額の目安を調べてみました。

自分で決められる指導料金

マナリンクでオンライン家庭教師の仕事をして実際に稼げる金額は、講師自身が自分で設定する指導料金に大きく左右されます。料金を高く設定した場合でも生徒に選んでさえもらえば収入は増えますが、生徒側としては料金を少しでも安く上げたいと考えるのが人情です。家庭教師の仕事を始めたばかりで実績が少ないうちは、料金を低めに設定した方が選んでもらいやすいと言えます。

マナリンクにおける月額料金の平均的な相場は、小学生に教える場合で15,000円から18,000円程度です。中学生になると16,000円から20,000円に上がり、高校生に教える場合は18,000円から25,000円が目安とされます。
後述するように指導料金の全額が自分の収入になるわけではなく、30%の手数料を引いた残りが報酬として支払われる仕組みです。料金を設定する際には手数料の分も計算に入れつつ、相場と比べて高すぎない金額に設定する必要があります。

1人の生徒を月額コースで指導した場合の手取り収入は月に1万円から17,500円程度になる計算ですが、日程を分けて複数の生徒を指導すればその何倍もの収入を得ることも可能です。マナリンクの公式サイトではスキマ時間を利用しながら、月に20万円を稼ぐ専業主婦の例が紹介されています。

授業1回あたりの所要時間は45分から90分という例が多く、平均すれば60分程度です。月額コースの場合は月に4回授業を行うのが一般的ですので、1人の生徒を担当する場合は週1回60分前後の指導を行うイメージとなります。

以上の数字に基づいて単純に時給換算してみると、月額15,000円の料金設定でも1時間あたり3,750円稼げる計算です。料金設定を上げれば上げるほど、時給換算でさらに高額な報酬が得られることになります。指導コースの作成や授業の準備にも時間がかかるため単純計算できない面もありますが、それでも普通にアルバイトで働くよりはよほど効率的に稼げる仕事です。

手数料

マナリンクは家庭教師としての登録や指導コースの作成に費用がかからない代わりに、売上から一定割合の手数料が引かれます。生徒側に選んでもらって実際に売上が発生したら、支払われた指導料金から手数料が引かれる仕組みです。

同じように手数料収入で運営費用をまかなっているサービスとしては、スキルシェアサービスやクラウドソーシングなどが挙げられます。マナリンクの場合は売上から引かれる手数料は30%のみで、残りの70%が自分の収入になる仕組みです。

一般的な家庭教師バイトの平均時給は1,000円から1,500円程度で、他のアルバイトの仕事と比べてそれほど大きくは変わりありません。家庭教師センターの料金相場は小学生が2,500円前後で、中学生が2,700円前後、高校生が3,000円前後です。

それらのデータを総合すると、家庭教師センターの平均的な中間マージン率は50%以上に達すると推定されます。マナリンクの30%という手数料は業界でも低い水準で、それだけ家庭教師の取り分が多いのが特徴です。指導料金を自分で設定できる点も含め、他の家庭教師センターでアルバイトをするより効率的に稼ぎやすいと言えます。

マナリンクのメリット・デメリット

副業として稼げる金額では有利な面が浮き彫りにされてきましたが、マナリンクには他にもさまざまなメリットが挙げられます。一方ではどのような仕事にも、良い面と悪い面の両方あるのが普通です。マナリンクを副業の手段に選んだ場合はどうなのか、メリットとデメリットに分けて解説します。

メリット

マナリンクはオンラインでの授業に特化しているため、一般的な家庭教師センターと違って生徒の自宅を訪れるための移動時間が不要です。ビデオ通話に使用するパソコンやアプリを使うスマホなどの機材さえ用意すれば、在宅でも収入が得られるようになります。

指導する授業のコースは1科目から選べる仕組みで、自分の得意な教科だけを担当すればいいという点もメリットの1つです。他の家庭教師センターでは大学生のアルバイトが先生役を務めているケースが多い中、マナリンクは主婦を含めた社会人が大半を占めています。

講師の平均年齢は他の家庭教師センターより高めの34歳で、教員免許保持者の割合も約20%に達します。それだけ生徒の親からの信頼度も高いだけに、副業として安定した収入につながりやすいという点がもう1つのメリットです。

対面型の家庭教師と比較した場合のメリットは、感染リスクを避けながら副収入が得られるという点だけではありません。オンラインであれば地理的な制約がなくなり、全国どこに住んでいても生徒に選んでもらえば授業ができるようになります。マナリンクに登録されている先生には地方在住の人も少なくないと見られ、海外に住んでいても日本国内の生徒に教えられる点は大きなメリットです。

個人塾を開業する場合と比較した場合には、低資金で仕事が始められるという点もメリットの1つに数えられます。オンライン家庭教師向けにお役立ち情報を発信するメディア「マナリンクTeachers」など、先生に対するサポートもしっかりしている点も見逃せません。指導に集中できる環境が整っているという点も、マナリンクでオンライン家庭教師を始めるメリットの1つです。

実際にオンラインで授業を行うに当たっては、生徒の教科書やノートなどが鮮明に見えないと指導しづらいという悩みがありました。その点が対面と違ったオンライン家庭教師の難しいところですが、手元のものを拡大して写す書画カメラがあれば解決します。マナリンクでは受講する生徒を対象に書画カメラを月額550円でレンタルしていますので、オンラインでも対面に近い感覚での指導が可能です。

デメリット

マナリンクで家庭教師として採用されるには、書類選考と面談を通じた審査を通過しなければなりません。審査の通過率が18%ということは、応募した人のうち8割以上の人が通過できなかった計算になります。

マナリンクは「大学生のアルバイトでなくプロの家庭教師が指導してくれる」という点が売りのサービスです。それだけ家庭教師に求められる授業の質も高いため、登録を希望しながら叶わなかったという人も出てきます。

審査に無事通過してマナリンクに家庭教師として登録されても、生徒に選んでもらえなければ収入が得られません。一般的な家庭教師センターと違って給料が時給制で支払われるわけではないため、確実に稼げるという保証があるわけではないという点はデメリットの1つです。その代わりプロフィールや自己紹介動画を工夫して生徒に選んでもらえば、自分で設定した料金で授業を行って納得した額の収入が得られます。

まとめ

オンラインの授業に対応した家庭教師サービスが増えている中で、マナリンクは独自の路線で注目されるサービスです。在籍する家庭教師は大学生のアルバイトではなく社会人が大半で、マッチングの仕組みはスキルシェアやクラウドソーシングと似ています。生徒の側でも気軽に利用しやすい仕組みだけに、今後の成長が大いに期待されるビジネスモデルです。

売上から引かれる手数料も他の家庭教師センターより低めとなっていますので、在宅の仕事でも効率よく稼げる可能性があります。教員免許を持っている人や塾講師の経験者など、指導スキルに自信がある人には特におすすめの副業です。

時給3,000円以上!在宅で出来るオンライン家庭教師を始めてみませんか?
マナリンクでは社会人・大学院生限定でオンライン家庭教師を募集しています。本業の方はもちろん、副業としても在宅勤務でオンライン指導が可能です。また他社と比較して少ない仲介手数料、ご自身で料金設定、指導コースの作成が可能なためこの科目を指導したい・指導方針はこうしたいなど、こだわりのある指導が実現できます。社会人・大学院生...
タイトルとURLをコピーしました