オンライン家庭教師でどれだけ稼げる?低リスクの在宅バイトを解説

副業

家庭教師は学力を生かして収入が得られる仕事のため、学生の間で定番のアルバイトとして長く人気を集めてきました。生徒の自宅を訪問して対面で指導を行う従来型の家庭教師はコロナ感染のリスクが避けられないせいか、最近は教える側と教わる型の双方から敬遠されがちです。その代わり通信インフラの整備で近年急速に普及が進むオンライン家庭教師の需要が高まってきており、学生のアルバイトだけでなく社会人の副業としても有力な選択肢の1つとなります。

在宅で収入が得られるオンライン家庭教師のバイトについて、稼げる金額の目安や求人の募集状況をまとめてみました。コロナ感染が心配で家庭教師バイトに二の足を踏んでいるという人でも、この記事を読めば感染リスクを避けながら収入を増やせるようになります。

【2021年6月2日更新】オンライン家庭教師サービス「マナリンク」に関する情報を追加しました。

オンライン家庭教師とは?

生徒の自宅で1対1の学習指導を行う家庭教師の役目を、SkypeやZOOMなどのツールを使ってオンラインで可能にしたのがオンライン家庭教師です。新型コロナウイルスの感染が全国で拡大してからは、各地の学校で休校が相次ぎました。休校中の生徒に学習指導を行う方法としてオンライン授業が実施され、休校で生じた学習の遅れを少しでも取り戻そうとする動きが広がったのです。

大学でもオンライン授業に切り替えるところが相次ぎ、場所を選ばずに講義が受講できるように変わりつつあります。コロナ禍で生じた学びの大きな変化が家庭教師のあり方にも及んでいるわけですが、オンライン家庭教師そのものはコロナ以前から存在しました。コロナの影響で対面型の家庭教師を避ける動きが広がった関係もあって、学力を生かせる新しい仕事としてオンライン家庭教師バイトが注目されるようになったのです。

対面指導型との違い

オンライン家庭教師は従来の対面指導型と違って、生徒の自宅をわざわざ訪問する必要がありません。学習指導に使われるツールはSkypeやLINE・ZOOMなど、オンライン家庭教師を募集している会社によってさまざまです。

独自のオンライン授業システムを使って指導を行う家庭教師センターもありますが、基本的には通信の安定したインターネット回線とパソコンを用意する必要があります。スマホやタブレットでもOKという家庭教師センターを選べば、パソコンは必須というわけではありません。

対面型だと自宅の近くに住んでいる生徒が対象となってくるため、受け入れる生徒が見つからないという可能性もあります。オンライン家庭教師なら遠隔地に住んでいる生徒でもインターネットを通じて指導できますので、地方や海外在住の人でも生徒を見つけやすくなり安定した副業収入につながります。基本的に在宅で完結する仕事で往復の交通費がかからない上に、生徒の自宅まで往復する時間も節約できる点はオンラインならではのメリットです。

その代わり対面型よりも指導しにくいという声も少なくはなく、オンラインで勉強を教えるコツを覚えるまでは苦労する可能性もあります。それでも生徒と接触せずに教えることでコロナ感染リスクが回避できるメリットの方が大きいため、指導しにくいというデメリットに対しても生徒側の理解が進みつつある状況です。

オンライン家庭教師の求人募集状況

コロナの影響で需要が増えているせいか、ここに来てオンライン授業に対応する家庭教師センターも増加傾向です。それらの会社で必ずしも家庭教師バイトを常時募集しているというわけではありませんが、アルバイト求人サイトをまめにチェックしていれば募集が見つかる確率も高まります。またはGoogleやYahoo!で「オンライン家庭教師バイト」を検索し、アルバイトを募集している家庭教師センターの公式サイトを見つけて直接応募するのも1つの手です。

家庭教師センターによって学歴などの条件が異なり、時給が高いところほど条件が厳しくなってきます。指導力の高さで定評がある東大家庭教師友の会の例では、東大や早稲田大・慶応大など難関の国公立大や私立大の現役大学生が教師登録の対象です。CMでおなじみの家庭教師のトライでも在宅によるオンライン指導を行っていますが、こちらは大卒で5年以上の指導経験があれば社会人や主婦でも登録できます。オンラインで生徒の質問に答える方式を採用するmanaboの場合、教員免許や塾・個別指導の経験があれば医学部・国公立大学・難関私立大学を卒業していない人も応募の対象です。

オンライン家庭教師に特化したサービスとしては、Zoomを使って授業を行うマナリンクも注目されます。現役の大学生が多かった家庭教師バイトと違って、マナリンクに在籍する家庭教師の大半は主婦を含めた社会人です。指導料金や指導内容を自分で設定できるという点では、ココナラストアカなどのスキルシェアサイトと似たサービスだと言えます。

オンライン家庭教師マナリンクが社会人の副業に向いている理由とは?
オンライン授業に特化した家庭教師マッチングサービスのマナリンクは先生の大半が社会人だけに、副業の手段としても注目のサービスです。月に20万円を稼ぐ主婦もいると言われるマナリンクの特徴について、登録方法や稼げる金額の目安と合わせて解説します。

オンライン家庭教師で稼げる金額の目安

家庭教師センターに登録してオンラインで在宅のバイトを始めた場合は、給料が時給いくらという形で支払われるところと、授業1コマあたりいくらという形で支払われるところがあります。時給単位で給料が支払われる場合は1,000円から1,500円程度が平均的な相場で、コンビニや飲食店のバイトと比べて若干高いという程度です。対面で指導する家庭教師と比べ、オンラインで指導するスタイルだとどうしても時給の相場が低めになります。

それでも移動に要する時間や交通費を考えると、無駄な時間がないオンラインの方が時給換算で効率的に稼げるという人も少なくありません。オンライン家庭教師でも難関大学の現役大学生や卒業生に限定している求人など、採用の条件が厳しいところは時給も高めです。東大家庭教師友の会は難関大学に在籍する大学生が対象だけに、時給は2,300円から2,700円という高い水準になっています。

スマホアプリを使った独自のオンライン授業が特徴のmanaboは時給方式ではなく、分単位で報酬を支給するのが特徴です。1分あたり20円から30円程度が報酬の平均的な相場で、公認PTとして認定されないうちは時給換算で1,000円を割る場合も考えられます。認定されるようになると同じ時間働いても稼げる金額が増え、時給換算で1,500円以上を稼ぐことも可能です。

Zoomを使って授業を行うマナリンクの場合は、利用ユーザーが支払う指導料金から30%の手数料を引いた残りの金額が自分の収入となります。自分で設定した料金によって稼げる金額は変わってきますが、平均的な料金に設定しても時給換算で3,000円以上を稼ぐことは可能です。マナリンクの公式サイトには成功事例の1つとして、月収20万円を稼いでいる専業主婦の例が紹介されていました。

このような家庭教師センターを通さず、ココナラタイムチケットのようなスキル販売サイトを利用して生徒を直接募集するという手もあります。どちらもオンライン家庭教師のサービスが多数出品されており、料金は自分で自由に設定可能です。サービス提供方法にはビデオチャットやSkype・テキストなどが使われ、出品価格を2,000円前後に設定している例が目立ちます。

ココナラで売れない人の特徴とは?スキル販売の副業で稼ぐコツを解説
国内最大のスキル販売サイト「ココナラ」を副業の手段に利用する人が増えていますが、サービスを出品してもなかなか売れず「稼げない」という声も聞かれます。そこでココナラを利用したスキル販売で売れない人の特徴と、稼ぐための方法論をまとめてみました。

オンライン家庭教師バイトの解説まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大で教育の現場にも混乱が生じているだけに、学習の遅れが懸念される生徒は今後も増えると予想されます。家庭教師を雇って遅れを取り戻したいと思っても、感染が心配でなかなか申し込めずにいる親御さんも少なくないはずです。

そんな生徒を持つ親の間で支持が広まりつつあるせいか、オンライン家庭教師のバイトを募集する求人が目立つようになりました。生徒や親だけでなく自分自身も感染リスクを避けながら勉強を教え、在宅で収入が得られる仕事は新しい副業のあり方として注目されます。生徒の自宅に赴いて対面で指導を行う従来型の家庭教師は性格的に苦手だという人でも、画面越しに教えるオンラインなら務まりやすいものです。

タイトルとURLをコピーしました