宿題代行バイトで稼ぐのは違法?文科省も問題視する副業の現状を解説

副業

学校が夏休みにはいる7月や8月になると、宿題代行の問題が必ずと言っていいほど話題に上ります。依頼に応じて夏休みのドリルや読書感想文・自由研究などを子供の代わりに書き、見返りとして報酬を受け取るのが宿題代行バイトの仕事です。大学生相手の論文代行なども含めると宿題代行バイトは結構な収入になることから、現役の大学生だけでなく会社員や主婦の副業としても利用されてきました。

宿題代行バイトは在宅ワークの1ジャンルとして定着した感もありますが、違法ではないかという声もあります。実際のところはどうなのか、識者からは「教育犯罪」とまで言われて非難されている宿題代行の現状についてまとめてみました。

宿題代行バイトの実態

当ブログでもさまざまな代行の副業を取り上げてきましたが、家事代行や運転代行などと比べると宿題代行は一般的とは言い難い面があります。依頼人の多くは受験を控えたていたり、習い事や部活で忙しかったりする子供を持つ親です。子供を受験勉強に専念させてあげる目的で依頼する親が多く、依頼内容も宿題ドリルだけでなく読書感想文や課題作文・自由研究・工作・ポスターにまで及びます。

それらの宿題をいかにも本人が書いたように思わせるため、筆跡なども本人のものとそっくりに真似るのが代行バイトの腕の見せどころです。宿題ドリルにしても全問正解すればいいというわけではなく、本人の学力に合わせて適度に間違えてみせるような技も必要になってきます。

納品された宿題は学校へ提出することになりますが、代行サービスを利用した事実が学校にバレることがあってはなりません。宿題代行バイトの仕事をこなすにはある程度の学力が求められるため、求人の対象は現役の大学生か、社会人の場合は大卒者に限られてきます。そういう意味では学習塾の講師や家庭教師のアルバイトと似た仕事ですが、本人の筆跡や学力などを模倣する必要があるという点では違ったスキルが求められる副業です。

宿題代行の依頼を受ける手段

お金を払ってまでして子供の宿題を代わりにやってもらう行為に対しては、今もなお否定的な意見が少なくありません。数年前にテレビで報じられて問題視されるようになったせいもあって、宿題代行サービスを手がける業者も代行スタッフを堂々と募集できない事情があります。そのため一般的なアルバイト求人サイトで検索しても、宿題代行バイトの募集は見つからないのが普通です。

以前はヤフオク!メルカリでも宿題代行の出品が可能でしたが、現在では後述するような経緯があって禁止されています。クラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトも同様の状況で、宿題代行の依頼は不適切と判断されて掲載が不可です。そうした厳しい状況の中でも宿題代行の仕事をしようと思えば、以下に挙げる3つの方法のどれかを選ぶしかありません。

  • 宿題代行業者で募集している求人に直接応募する
  • ココナラなどのスキル販売サービスに出品する
  • SNSやブログを使って自分で集客する

それぞれ詳しく見ていきます。

宿題代行業者の求人に応募

以前はもっと多くの業者が存在していたと見られますが、宿題代行が問題視されるようになったせいか、現在では数が激減しています。現時点で宿題代行サービスを展開している法人は、家庭教師の事業も同時展開しているジーニアスアシスト1社だけです。

ジーニアスアシストでは宿題代行のアルバイトを随時募集しており、履歴書データを添付した上でHPから求人に応募すれば登録することができます。家庭教師は時給1,200円からとなっていますが、宿題代行の給与は時給制ではなく完全出来高制です。それ以外の宿題代行サービスはいずれも個人が運営していると見られ、アルバイトを募集しているところは見つかりませんでした。

スキル販売サービスに出品

メルカリなどのフルマアプリでは宿題代行の出品が禁止されていますが、スキルを売り買いできるココナラでは「宿題のお手伝い」「宿題サポート」という名目でサービスが多く出品されています。ココナラはオンラインでやり取りしながらサービスを提供するのが基本で、トークルームの機能を使えば画像の添付なども可能です。

出品価格は500円から1万円近い例まで幅が見られ、ライバル対策として相場より安く出品している人も少なくありません。ココナラで宿題サポートのサービスを提供した場合は、売上から25%が手数料として引かれる仕組みです。

SNSやブログを使って自分で集客

宿題代行業者やスキル販売サービスを頼らず、自分でサービスを立ち上げて独自に集客している人もいます。集客の手段にはTwitterなどのSNSやブログが使われていますが、ブログ経由で仕事を獲得するには依頼人とどうやって接点を持つかが課題です。

多くの人は検索エンジンを頼りに宿題代行を引き受けてくれる人を探しているため、検索上位に表示されないと仕事の依頼がなかなか来ません。検索エンジンに依存しないSNSの方が情報拡散力に優れているため、依頼を獲得しやすいと言えます。

報酬の相場

宿題代行サービスは2014年頃にテレビ番組で取り上げられて問題視される以前から行われていただけに、宿題の種類ごとに料金の相場が成り立っています。小学生の算数や国語などの宿題ドリルは1問あたり100円以上が平均相場で、ドリル1冊丸ごと引き受けて5,000円という例も少なくありません。

読書感想文や作文の代行になると400字詰原稿用紙1枚あたり2,500円以上が相場で、1文字あたりの単価にすると6円から7円ほどになる計算です。クラウドソーシングで募集されている一般的な記事ライティングの募集を見ると、文字単価が1円に満たない案件も珍しくありません。1文字あたり2円以上で高単価の部類と言われる中では、読書感想文・作文代行は効率良く稼げる仕事だと言えます。

図画や標語ポスターの制作代行になると15,000円以上に相場が上がり、自由研究代行も20,000円以上という高単価の仕事です。大学の卒業論文や論文レポート代行はさらに難易度が高くなるため、1件で10万円の値が付く場合もあります。

慣れれば宿題代行の仕事で10万円以上を稼ぐことも可能ですが、本人の筆跡を真似たり子供らしい視点で文章を書いたりするのは思ったよりも難しいものです。慣れないうちは必要以上に時間がかかりすぎてしまうため、時給換算にするとコンビニのバイトより稼げない可能性もあります。

宿題代行バイトで稼ぐ副業は違法?

すでに副業の一種として普及しつつあるとは言え、宿題代行には今もなお批判的な意見が少なくありません。「尾木ママ」の愛称で知られる教育評論家の尾木直樹氏も、宿題代行に強く反対している1人です。尾木ママのオフィシャルブログでは宿題代行を「教育詐欺」「教育犯罪」として、撤退を強く呼びかけています。

そうした批判の声を受けて文部科学省も宿題代行を取り締まる方向に動き、2018年にはYahoo!・楽天・メルカリの3社と出品禁止で合意に達しました。そうした動向を見ると宿題代行は違法のように思いがちですが、法律の専門家が吟味したところでは詐欺罪や偽計業務妨害罪・私文書偽造罪などの罪には当たらないとのことです。

それらの犯罪は被害者が存在しなければ立証できないため、刑法上の犯罪には当たらないと解釈されています。したがって宿題代行バイトで稼いでも現時点では摘発されることはありませんが、以下に挙げるような道義上の問題は免れません。

宿題代行が倫理的に問題とされる理由

ネットオークションやフリマアプリで宿題代行の出品が禁止されているのは、倫理的に見て問題があるというのが最大の理由です。夏休みの宿題を親が手伝ってあげるというのはよくある話で、親でなくても親族や知り合いに頼んで手伝ってもらうようなケースも珍しくありません。学校の先生方も夏休みの宿題を全員が自力で書いたものと信じているわけではなく、親などが手伝って完成させた作品が混じっている可能性には気づいているはずです。

宿題代行もそうした風潮の延長線上として考え出されたサービスですが、第三者間で金銭のやり取りが生じるという点で大きく異なります。仕事や家事で忙しい親は自分で宿題を手伝う余裕がないために代行サービスを頼るわけですが、お金を出して宿題を買うような行為は子供の教育に良くないというのが大方の意見です。

お金で買える宿題を出すような学校そのものの存在意義に疑問を抱く子供が増えるとすれば、宿題代行が横行することで学校教育そのものの崩壊にもつながりかねません。そういう危機感があるからこそ、文部科学省も宿題代行を禁止する方向に動いたとも考えられます。

お金を払って宿題を他人に丸投げするのは倫理的に問題がありますが、親や身近な大人に宿題を手伝ってもらう程度なら大目に見られるという人も少なくありません。その延長線上として、ココナラなどを利用した宿題の「お手伝い」ならぎりぎりセーフというわけです。

宿題代行バイトの現状まとめ

絶大な発言力を持つ教育界のインフルエンサーが「犯罪」とまで表現したこともあって、宿題代行は違法ではいかという不安の声が多く寄せられています。実際には立件できるような実害が生じるわけではないため違法には当たりませんが、以上のような理由で倫理的にNGという考え方が支配的です。

そうは言っても世の中から宿題代行の需要がなくならない限り、需要に応えてあげようとする人が出てくるのも自然な成り行きです。宿題代行バイトを副業に選んで収入を増やそうという場合には、違法だと思っている人がまだまだ少なくない仕事だという点を承知した上で引き受ける必要があります。

タイトルとURLをコピーしました