梱包バイトはどんな仕事?「きつい」と言われる理由も解説

副業

工場や倉庫などの職場では、未経験者でも応募が可能な軽作業のアルバイトを募集しています。出荷する商品を段ボールなどに詰める梱包作業も、人気のある軽作業の1つです。

梱包バイトの仕事は軽作業でありながら、「仕事がきつい」という声もよく聞かれます。どういった点が「きつい」と感じやすいのか、梱包バイトの仕事内容や時給の平均的な相場について基本情報をまとめてみました。クラウドソーシングでは梱包を伴う発送代行の仕事も募集されていますので、記事の後半では在宅でできる梱包の仕事として詳しく解説します。

軽作業バイト全般に関する情報が知りたい人は、以下の記事も参考にしてみるといいでしょう。

軽作業バイトは意外ときつい?主な仕事内容と求人を探すコツを解説
倉庫や工場などで求人を募集している軽作業のバイトは女性に人気を集めていますが、仕事が意外に「きつい」という声も少なくありません。主婦の副業に向いているはずの軽作業バイトがきついと言われる理由について、仕事内容や面接対策と合わせて解説します。

梱包バイトの仕事内容

梱包用の段ボールと緩衝材・テープ

物流センターや通販サイトなどの倉庫には毎日大量の商品が入荷し、分類に従って収納されています。保管されている中から注文に従って商品を選び出し、段ボール箱などに商品を詰めて出荷するという仕組みです。

倉庫ではピッキングや仕分け・検品・梱包・シール貼りなど、スタッフがそれぞれ役割分担しながら入荷や出荷に伴う作業に従事しています。注文票を見ながら倉庫から商品を集めるのがピンキング担当の役割で、集めた商品を配送先ごとの箱に詰めていくのが梱包担当の仕事です。

通販サイトで商品をよく購入するという人ならよく知っているように、注文した商品は箱の中で緩衝材に包まれたりラップで固定されたりして保護されています。こうすることで荷物の積み下ろしなどの際に衝撃が和らげられ、中身の商品が傷んだり故障したりするのを防いでいるのです。

梱包作業を行う際には商品に合った適切なサイズの段ボール箱を選ぶとともに、緩衝材などを使って商品を保護する工程が欠かせません。ピッキングや検品を経て回ってきた商品を手際よく箱に詰め、仕分け担当に引き渡すまでが梱包バイトの役割です。仕事そのものはそれほど難しいこともありませんが、梱包作業には速さと正確さの両方が求められます。

梱包バイトの求人募集状況

スタッフの人員に余裕がある倉庫では役割分担が徹底されているため、梱包担当の人は梱包の仕事だけに専念することになります。普通はスタッフの人員が限られてくるせいか、梱包だけでなく検品や仕分け作業まで同じ人が担当するケースも珍しくありません。倉庫によっては注文商品のピッキングから梱包・仕分けに至るまで、出荷に伴う一連の作業を1人で担当することもあり得ます。

そうした柔軟な働き方が求められる仕事だけに、募集されている軽作業バイトの多くは仕事内容に複数の職種が掲載されている状況です。特に派遣会社に登録して軽作業バイトの仕事を行う場合、派遣先の倉庫は必ずしも1カ所に固定されません。規模のそれほど大きくない倉庫で働く可能性もあるため、梱包以外の作業を担当する場合も出てきます。

ピッキングのバイトはどれだけきつい?作業効率化のコツを解説
物流センターや工場などの倉庫で注文の品を集めるピッキング作業は、経験不問で時給が高めなことから女性にも人気のバイトです。軽作業の中でもピッキング作業が「きつい」と言われる理由について、ミスを減らして仕事を効率化するコツと合わせて解説します。

梱包スタッフを単独で募集している倉庫の求人は必ずしも多くありませんが、工場で募集している求人に関してはその限りではありません。食品のパック詰めや袋詰め作業を行う職場を含め、梱包作業や発送の手配を専門に行うスタッフも募集されています。

求人の募集が最も多いのは、梱包作業を含めた軽作業スタッフを募集している派遣会社の求人です。倉庫や工場を運営している会社が求人を直接募集しているケースだと、勤務を希望する地域で必ずしも求人が見つかるとは限りません。

派遣会社で募集している求人であればほぼ全国をカバーしているため、どの地域に住んでいても軽作業の仕事が見つかります。梱包以外に仕分けや検品などの作業を担当する可能性もあるとは言え、いずれも仕事の難易度は高くありません。

求人のイメージ

この他に引越し業者でも梱包や荷造りを担当するスタッフが募集されています。引越しバイトは重い荷物を持ち運んだりトラックに積み下ろしをしたりして、体力が必要な重労働というイメージが強い仕事です。

実際には荷物を運ぶ作業を男性スタッフが担当し、女性スタッフは梱包や荷造り担当というように役割分担されているケースも少なくありません。募集要項に「力仕事はありません」と書かれている求人の多くは、梱包や荷造り・荷解き作業を担当する仕事です。

以上の他に贈答用やお土産用商品の包装作業を行うスタッフの求人も、梱包の仕事として募集されることがあります。この場合は倉庫や工場の梱包バイトと仕事内容が異なり、包装紙などを使って商品をきれいにラッピングするのが主な仕事です。手先が器用でない人は不向きな可能性がありますので、募集要項をよく確認してみることをおすすめします。

梱包バイトの時給相場

時計を持つ女性とお金

雇用契約を結んで働く梱包バイトの給料は、時給いくらという形で支払われるのが一般的です。倉庫や工場を運営している会社と雇用契約を結んで働く求人よりも、派遣会社に登録する形で働く求人の方が時給も高めの傾向が見られます。この場合は派遣先の倉庫や工場ではなく、派遣会社の方と雇用契約を結ぶ働き方です。

例えばAmazonの物流センターで募集している軽作業バイトの場合、時給は募集先ごとに異なります。1,200円から1,300円程度が時給の平均的な相場となっていますが、派遣会社に登録してAmazon倉庫で働くことも可能です。この場合でも勤務地や派遣会社によって時給に差も見られ、中には時給1,500円を上回る求人も募集されています。

いずれも22時から翌朝5時までの深夜時間帯に働く場合は、25%の深夜割増賃金が適用される仕組みです。日中の時間帯に働く求人で時給が1,100円だとすれば、深夜に働くシフトに入れば時給が1,375円に上がります。大手通販サイトで運営している物流倉庫は24時間稼働しているところが大半だけに、深夜のシフトを担当することで効率的に稼げるようになるというわけです。

梱包バイトの楽な部分

初心者マークを持つ女性

軽作業の仕事全般に当てはまることですが、梱包作業は比較的単純な仕事で覚えやすいという点が最大のメリットです。基本的には単純作業の繰り返しだけに、特別なスキルや経験・資格は必要ありません。

配送中に商品が傷まないように梱包する作業は一見難しそうに思えますが、コツさえ覚えれば誰でもできる仕事です。梱包バイトとして働いている人には学生や主婦が多く、中高年の人も少なくありません。

梱包バイトは軽作業のわりに時給高めの求人が多い点もメリットの1つで、深夜のシフトなら割増賃金で効率的に稼げるようになります。24時間体制で稼働している倉庫も多いため、希望に合わせたシフトを組みやすい点も梱包バイトが人気を集めている理由の1つです。

給料は毎月決まった日に振り込まれるのが一般的ですが、給料を日払いや週払いで受け取れるというケースもあります。1日限りの単発バイトもしばしば募集されるため、予定が入っていない休日を有効活用して収入を増やす副業の手段にもなり得ます。梱包作業そのものは基本的に1人黙々と行う仕事で接客の必要はなく、コミュニケーションが苦手な人でも務まります。

シェアフルでスキマ時間をお金に換える方法とは?人気のアプリを解説
単発バイトアプリとして人気上昇中のシェアフルを使えば、細切れのスキマ時間を活用してお金を稼げるようになります。シェアフルにはどのような単発バイトの求人が掲載されているのか、稼げる金額やメリット・デメリットと合わせて情報をまとめてみました。

梱包バイトのきついところ

以上のような多くのメリットがある反面、実際に梱包の仕事をした人の間で「仕事がきつい」という声があるのも事実です。他の軽作業バイトと共通する部分も少なくありませんが、梱包作業をしていて体力的な負担を感じる場面は確かにあり得ます。

梱包する商品の1つ1つはそれほど重くなくても、複数の商品を詰め終わった後の箱が重いというのはよくある話です。重量のある商品を梱包した箱を移動させる際には、結構な体力が必要になってきますす。アパレル製品や文房具類など、軽い商品ばかりを扱う梱包作業ならそれほどの負担はありません。

梱包作業を座って行う職場もありますが、基本的には立ち仕事だけにある程度は体力を消耗します。それでも広大な倉庫で注文の商品を集めて回るピッキング担当や、配送先ごとに荷物を振り分ける仕分け担当よりは体力的な負担が軽い方です。

ピッキングから出荷に至るまで流れ作業で行う倉庫が多いだけに、梱包作業は時間に追われやすい仕事でもあります。他の人の作業ペースに合わせる必要も出てくるため、そのプレッシャーで「仕事がきつい」と感じる人も少なくありません。

特にクリスマスシーズンや年末年始などの繁忙期は注文数が多く、大量の商品をさばく必要に迫られます。繁忙期とそれ以外の時期で忙しさに差があるという点も、梱包作業がきついと感じられる理由の1つです。

梱包作業で汗を流すイメージ

空調が効いていない倉庫で梱包作業を行う場合、夏は暑く冬寒い労働環境にさらされます。要冷蔵の食品を扱う梱包作業は夏でも低温下での作業を強いられ、冷凍庫での作業は-20℃以下という極寒の環境だけに防寒対策が欠かせません。

梱包作業を続けていると手が荒れやすくなるため、軍手をはめて作業を行うのが一般的です。軍手をしていても手荒れを完全に防ぐのは難しいため、保湿クリームを塗るなどのケアも必要になってきます。

梱包バイトの仕事が「きつい」と言われる最大の理由は、単純作業の繰り返しで飽きやすいという点です。深夜のシフトに入った場合は眠気との戦いになるだけに、単調な仕事に耐えられないという人には不向きな仕事だと言えます。

梱包作業のコツ

梱包バイトは未経験でもできる簡単な仕事とされていますが、まったくの知識ゼロという状態で不適切に梱包したのでは商品の破損につながりかねません。配達先に迷惑をかけないためにも、梱包作業のコツを知っておく必要があります。

注文のあった商品を配送する際には、商品を保護するために段ボール箱を使って梱包するのが一般的です。商品によっては木箱や発泡スチロールの箱が使われたり、封筒に入れたりして配送する場合もあります。商品のサイズに合わせた段ボールを選んで箱に組み立て、梱包するケースが大半です。

配送の際には段ボール箱がトラックに積み上げられ、積み下ろしのたびに箱を移動させることになります。商品と箱との間に隙間があると移動するたびに中の商品が動かされ、破損の原因になりかねません。複数の商品を同じ段ボール箱に詰めた場合には、商品同士がこすれ合うことで傷んでしまうケースも考えられます。

箱の中で緩衝材に包まれた商品

箱の中で商品を固定して破損を防ぐには、エアーキャップやポリエチレンシート・ウレタン・エアークッションなどの緩衝材が欠かせません。梱包作業を行う際には商品のサイズに合った段ボールを選び、緩衝材を上手に使って商品と箱との隙間を埋めていく必要があります。

箱が小さすぎると梱包作業がうまくいかないせいか、初心者はついつい大きめの段ボールを選びがちです。段ボールが大きすぎると隙間が多くなり、緩衝材も余分に使われるので梱包コストが割高になってしまいます。

梱包作業に慣れてくると、商品サイズに合った段ボールを瞬時に判断できるようになるのが普通です。緩衝材も商品の種類に合わせて適切に選べるようになり、梱包作業を効率よくこなすスキルが身についてきます。最後の仕上げに粘着テープで段ボール箱に封をするわけですが、テープはシワにならないようまっすぐに貼るのがコツです。

在宅の梱包バイト

梱包バイトは基本的に通勤して働く仕事ですが、在宅で収入が得られる梱包の仕事も存在します。クラウドワークスランサーズのようなクラウドソーシングのサイトで、「カンタン作業」または「タスク・作業」のカテゴリに掲載されている梱包・袋詰めの案件がそうした仕事の例です。

企業で募集している案件もありますが、ネットショップ運営や通販・輸入ビジネスを手がける個人でパートナーを募集している例を多く見かけます。AmazonのFBA倉庫を利用した商品の配送代行や、海外ブランドのファッション通販サイトBUYMAの発送代行、海外通販サイトのeBayを利用した輸出ビジネスの発送代行が代表的な案件です。

案件に応募して採用されると、自宅に発送用の商品が発送されてきます。受け取った商品を一時的に保管しておいて注文通りに梱包作業を行い、指定住所に発送するまでの作業を代行することになります。

受け取った商品に破損や汚れなどがないかどうかチェックする検品作業に加え、発送用のラベルを印刷して貼り付けるシール貼り作業も仕事の範囲です。近くのコンビニや郵便局などを利用して荷物の配送を依頼し、完了報告するまでが仕事内容に含まれます。宅配業者に自宅まで集配に来てもらえる場合は、家から一歩も出ずに仕事を終えることも可能です。

梱包作業そのものは倉庫で働く場合とそれほど変わりありませんが、在宅で行う場合は梱包のやり方などを自分ひとりで判断することになります。作業の経験がない初心者は、YouTubeで数多く公開されている梱包のノウハウ動画を見て参考にしてみるといいでしょう。

梱包作業を行う女性

仕事に使う段ボールや梱包資材などは、仕事を発注するクライアントの側で支給するのが一般的です。商品の受け取りや発送の際に自分で料金を負担する必要はありませんが、中には海外サイトから届く商品の受け取りに関税の立て替えが必要な案件も見られます。たとえ一時的かつ少額であっても費用を負担するのが不安な人は、そういう案件を避けておくのが無難です。

在宅の梱包作業はアルバイトではなく業務委託の形で仕事を行うのが一般的で、報酬は商品の発送1件当たりいくらという形の完全出来高制で支払われます。1配送につき200円という案件も見られますが、1件当たり50円から100円程度が平均的な相場です。慣れないうちは1件配送するのに結構な時間がかかる可能性がありますので、報酬が相場より安すぎる案件も避けておいた方がいいでしょう。

発送代行の仕事を募集している求人の中には、仕事を始めるのに費用がかかる場合もあります。過去には高額の初期費用を請求されるような、詐欺まがいの手口が問題となったケースもありました。発送代行の仕事をする側で購入費用を払わなければならない案件は、クラウドソーシングのサイトでも規約違反に当たります。

在宅で簡単に高収入が稼げると称する求人はSNSでよく見かけますが、実際にはそれほど都合のいい話はありません。発送代行の案件に応募する際には募集要項をよく確認し、疑問点があればクライアントに質問して明らかにしておくことが大切です。少しでも怪しい点があったら、仕事の受注を見送ることをおすすめします。

発送代行が在宅の副業として人気の理由とは?出品代行との違いも解説
ネットショップの商品を検品・梱包・発送する発送代行バイトの仕事は、在宅でも収入が得られることから女性を中心に人気の副業です。発送代行の仕事でお金が稼げる仕組みについて、よく似た出品代行や詐欺の可能性がある荷受代行との違いを含めて解説します。

まとめ

段ボールとガムテープ

大きさや形が異なる商品をうまく収納できるように段ボールを選び、梱包資材も使いながら手際よく梱包していく作業は一見難しそうな仕事です。コツさえ覚えれば誰でもできるような仕事ですので、これと言ったスキルや経験のない人でも収入を得る手段になります。

1人で黙々と作業するのが好きな人には最適な仕事とは言え、単純労働の繰り返しを苦痛に感じる人も少なくありません。基本的に立ち仕事で重い商品を扱う場合もあるだけに、体力的に自信がない人も「きつい」と感じる可能性はあります。

そういう面では向き不向きもありますが、単純作業や立ち仕事がそれほど苦にならない人にとっては働きやすい仕事です。他のバイトと比べて時給の平均相場は高めですので、手っ取り早く稼ぎたいという人は梱包バイトの求人を探してみるといいでしょう。

仕分けバイトがきついと言われる理由とは?倉庫と郵便局に分けて解説
倉庫や郵便局で求人を募集している仕分けバイトは、軽作業のわりに仕事が「きつい」という声が少なくありません。難易度が低く未経験でもできる仕事なのにきついと言われるのはどうしてなのか、倉庫と郵便局の仕分け作業に分けて仕事内容を解説します。
タイトルとURLをコピーしました