アフィリエイトの副業で高収入が稼げる理由と仕組みを徹底解説

副業

副業でできるような仕事はどれも大きく稼ぐのが難しく、高収入にはつながらないものと諦めていませんか? 数ある副業の中でもアフィリエイトは高収入を稼ぐことが可能な点で、投資やYouTuber・転売ビジネスにも負けていません。世の中には実際に月100万円どころか、1,000万円を稼いでいるアフィリエイターすら存在します。

アフィリエイトでそれだけ稼げるのはどういう仕組みによるのか、アフィリエイトのメリットやデメリットと合わせて以下の記事にまとめてみました。これから紹介する基礎知識を知った上でアフィリエイトに取り組めば、時間や場所を問わず効率的に収入を増やせるようになります。

副業の王道としてのアフィリエイト

一般にアフィリエイトと言えば成果報酬型のインターネット広告を使って収入を得る手法を意味しますが、広い意味ではクリック報酬型広告やリスティング広告を使った手法もアフィリエイトに含まれます。アフィリエイトは副業の手段だけでなく、IT企業でも事業活動の一環として収益を得る手段として利用されてきました。アフィリエイトはインターネット広告の仕組みを利用して収入を得る手段の1つで、ニュースサイトやポータルサイトが広告収入によって運営されている仕組みとよく似ています。

特定の企業に所属しない個人の中にもプロのアフィリエイターは存在しますが、会社員や主婦が副業としてアフィリエイトに取る組んでいる例も少なくありません。芸能人や各界の著名人が本業の傍らでブログを運営し、副業収入を稼いでいる例はよく見られます。有名人でなくても記事の内容や宣伝方法を工夫すれば収入を得ることが可能なだけに、アフィリエイトは副業の王道として人気を集めるようになったのです。

アフィリエイトが副業に向いている理由

アフィリエイトは時間や場所に縛られず、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも作業ができる副業です。場所を問わずに作業が完結するアフィリエイトは在宅の副業に最適ですが、その気になればカフェなどの店内や移動時間中、仕事の合間でも空き時間を利用して取り組むことが可能です。ブログを更新したりする作業なら細切れのスキマ時間を有効活用できますので、本業の仕事が忙しい人でも続けられます。

後述するようにアフィリエイトを本業にできるほどの高収入を稼いでいる人はほんの一握りに過ぎませんが、コツコツと続けていれば小遣い稼ぎ程度の収入は稼げるようになってくるものです。本業の仕事で得た知識を生かした情報発信や、趣味の分野で楽しみながらブログの記事を書く形なら、無理をせずにアフィリエイトを続けやすくなります。

アフィリエイトで稼げる仕組み

民放のテレビ番組は無料で見られる代わり番組の合間にCMが流され、CMスポンサーから支払われる広告料がテレビ局の主な収入源となっています。アフィリエイトも収益構造はそれと似たような仕組みです。ブログやサイトを通じて発信した情報は誰でも無料で読める代わりに、広告を掲載することで運営者に報酬が支払われます。

民放テレビのCMと異なるのは、アフィリエイトの場合ただ広告を掲載しただけでは収入が入ってこないという点です。テレビCMには広告の効果を測定する仕組みはありませんが、インターネット広告には広告がどのサイト経由で利用されたかを追跡できるようになっています。特定のアフィリエイトサイトに掲載された広告にはサイトを識別するコードが埋め込まれており、広告が利用されて広告主に収益が発生すれば利益が還元される仕組みです。

成果報酬型のアフィリエイトは商品購入やサービス利用、会員登録などの成果発生に応じて報酬が支払われます。成果報酬型よりは単価が低くなりますが、クリックされただけで報酬が発生するタイプの広告は初心者でも稼ぎやすいことで人気です。

アフィリエイトの基本作業

アフィリエイトの副業は広告が唯一の収入源となりますので、まずは広告を掲載するためのブログやサイトを自分で開設する必要があります。無料ブログに記事を投稿する方法ならWeb制作やHTMLに関する知識も不要で、記事を書いてブログを更新するだけでアフィリエイトを始められます。

とは言え無料ブログは後述するように何かと制約が多く、思い通りにカスタマイズできない点がデメリットです。無料ブログを利用しない場合はインターネット上の住所に相当するドメインを取得し、サイトを開設するためのサーバーも借りる必要が出てきます。

それらの初期設定が済んだらサイト構成を考え、自分でページのデザインを作成したりテンプレートを導入したりして体裁を整えるのがアフィリエイトに欠かせない基本作業です。サイトに掲載するコンテンツ記事も自分で書くのが基本ですが、規模の大きいサイトを運営しているアフィリエイターの中にはクラウドソーシングを利用し、記事を一般のライターに外注している例も珍しくありません。

アフィリエイトで成果を出すための作業

アフィリエイトで成果を出すには需要のあるキーワードの絞り込みに加え、アクセスを増やすための検索エンジン対策も欠かせません。ユーザーが検索してくるキーワードを記事のタイトルや見出し・本文で適度に使用するための記事構成を考える作業は、記事そのもののライティング以上に重要になってきます。

アフィリエイトで効果的に稼ぐにはサイトを作成して終わりではなく、絶えず効果を測定して課題を見つけながら改善していく努力も必要です。収益性の高さに目をつけた企業勢も、アフィリエイトに多く参入してきています。

資金を潤沢に投入できる企業は記事の執筆だけでなく、構成を考える作業やSEO対策まで外注して効率的に収益を出しているのが現状です。個人の副業アフィリエイターがそういう企業勢に対抗して高収入を稼ぐには、敢えてライバルの少ないスモールワールドを狙うような工夫が求められます。

アフィリエイトでどれだけ稼げるか

無料で利用できるブログを利用すれば経費をかけずにアフィリエイトを始められますが、意図しない広告が掲載される点は稼ぐのに不利な要素です。多くのアフィリエイターは無駄な広告を排除してサイトを思い通りにカスタマイズする目的で、ある程度の費用をかけてでも有料のレンタルサーバーと独自ドメインを利用しています。

アフィリエイトで稼げる金額はピンからキリまであって、年に1千万円以上を稼ぐ成功者もいれば、収入0円のままいつまで経っても稼げない人もいるという格差社会です。成果報酬型の場合は広告主のサイトで商品購入やサービス申し込みがされない限り、報酬が発生しない仕組みとなっています。

クリック報酬型は単価が成果報酬型と比べて低く、よほどのクリック回数を稼がない限りまとまった収入にはなりません。そのためクリック報酬型のアフィリエイトでは爆発的なアクセス数を狙って、芸能人スキャンダルの炎上ネタを取り上げるようなトレンドブログに傾きがちです。一方の成果報酬型アフィリエイトは報酬単価の高い広告に集中しがちなため、人気のジャンルは上級者がひしめく激戦区となっています。

初心者はアフィリエイトで月にまず1万円を稼ぐのを目標として、稼ぐコツがわかってきたら月5万円10万円というように収入を徐々に増やしていくようにするのが無難です。多くの人は月に1万円も稼げないうちに諦めてしまうのが現状ですが、アフィリエイトで稼げるようになるには半年から1年以上という単位での時間が必要だと言われています。しばらくの間は収入が得られなくても我慢して地道な作業を積み重ねられるかどうかが、アフィリエイトで成功するか失敗するかの分かれ道となってくるのです。

アフィリエイトで稼ぐ方法

自分で作成したブログやサイトに掲載するアフィリエイト広告を取得するには、広告主の企業と接点を持つ必要があります。大半のアフィリエイターが収入を得るのに利用している成果報酬型の広告を掲載するには、広告主とアフィリエイターを仲介するASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)を利用するのが一般的です。ASPに登録した上で掲載したい広告を選び、広告主の企業と提携を結んでサイトが承認されれば広告を掲載できるようになります。

提携が成立した広告は報酬と紐付けられるコードを自分のサイトに貼り付けることで、Webページ内の任意の位置に表示されます。広告が利用された時点ではまだ報酬が確定せず、広告主に承認されることで初めて報酬確定される仕組みです。A8ネットやアフィB・バリューコマース・アクセストレードといった総合型のASPは、美容・健康やファッション・グルメ・ショッピング・旅行・金融・転職などさまざまな企業の広告を取り扱っています。

大手通販サイトのAmazonや楽天市場でもそれぞれ独自の成果報酬型アフィリエイトプログラムを実施しており、各通販サイトで売られているすべての商品が広告の対象です。クリック報酬型アフィリエイトとして代表的なGoogleアドセンスはサイトの内容やユーザーの興味と連動した広告が自動的に挿入される仕組みで、Googleの審査に通過したサイトだけが広告掲載を許可されます。

アフィリエイトはこんな人におすすめ

特別な知識がなくても無料ブログサービスに記事を投稿するだけで手軽に始められるだけに、アフィリエイトは副業として敷居が低いように思われがちです。一方で実際にアフィリエイトで稼げる人はほんの一部に過ぎず、初めて間もないうちは労力に見合った収入がなかなか得られません。

そうした点を考えると、アフィリエイトは「楽して稼ぎたい」という人よりも、地道に努力を続けられるような人に向いた副業です。ブログに投稿するだけならスマホ1つでも可能ですが、Webサイトを自分で制作して本格的に運営していこうと思えば、WordPressのようなCMSやWeb制作ソフトの操作スキルも必要になってきます。

前述のようなツールを使ったキーワードの選定やサイト分析・効果測定ができれば、アフィリエイトの精度が格段に高まるのは間違いありません。サイトの微調整に役立つHTMLやPHPの知識も含め、ITスキルの高い人ほどアフィリエイターとしての適性があります。

アフィリエイトの魅力

実際にアフィリエイトで稼げるようになるにはある程度の日数を要しますが、稼げるようにさえなれば自宅でも電車の車内やカフェでも作業を行うのに場所を選びません。自分のペースで稼げる点もアフィリエイトを副業に選ぶメリットの1つで、会社の休憩時間や家事の合間を利用してブログを更新しながら稼いでいる人も多く見られます。

時給が決まっているアルバイトの仕事は働いた時間の給料を確実に稼げるという安心感がある反面、働いた時間の分しか収入が得られません。軌道に乗ってくれば作業した時間に関係なく高収入を稼ぐことも可能なアフィリエイトは、アルバイトとは対極にある副業だと言えます。アフィリエイトの収入には制限がなく、月に100万円以上を稼ぐ人もいると言われるほど無限の可能性を秘めている点も魅力の1つです。

不労所得を稼ぐことも可能

ある程度稼ぐ仕組みを作っておけば自動的に収入が入ってくるようにできる点もアフィリエイトの魅力で、不動産投資のように不労所得を得ることが可能な副業の1つです。そうした継続的な収益を維持していくには、アフィリエイトにもビジネスセンスが必要になってきます。どのような記事を書けば広告が利用されやすいのか、検索エンジンで上位表示されるにはどういう対策が必要か、といった点を絶えず考え続けることがアフィリエイターとして成功するための条件です。

そういった対策を徹底させてサイトの問題点を改善していくうちには、自然とビジネススキルが身についてきます。アフィリエイトで成功した人の中には情報商材やセミナー・書籍出版などで収益を拡大している人も多く、起業につながりやすいという点も魅力の1つです。

アフィリエイトの注意点

稼ぐ仕組みさえうまく作っておけば不労所得が得られるというアフィリエイトのメリットは、初心者にとってデメリットにも転じ得ます。アフィリエイトで広告収入が発生する仕組みを自動化するには最初に多くの手間がかかり、実際に稼げるようになるまでにはある程度の日数が必要です。たとえ半年や1年は稼げなくても、粘り強く続ける覚悟でないとアフィリエイターとしての成功もありません。

大半の人はその前に諦めてしまうのが現状で、稼げるようになるまでの日数を短縮するには相応のITスキルが求められてきます。ブログを更新しただけで一定数のアクセスが見込める有名人なら特別なスキルがなくても稼げる可能性はありますが、無名に等しい一般の人は最低でもアクセス数を増やす工夫が必要です。

アフィリエイトで成果を出そうと思えばビジネスやマーケティングに関する知識を要するだけに、勉強熱心なアフィリエイターの中には書籍や教材を購入したりセミナーを受講したりして知識を深めようとする人もいます。アフィリエイトで高収入を稼げる方法を伝授すると称して高額の教材を売りつける商法も横行していますが、誰でも簡単に高収入が稼げるような都合のいいやり方はありません。

広告収入で稼ぐ副業10選!ブログやアプリで稼げる仕組みも解説
ブログ・アフィリエイトやアプリ開発・YouTuberなど広告収入で稼ぐ副業は、やり方次第では高収入を得ることも可能です。商品リンク設置による成果報酬以外の方法も含め、広告収入で稼ぐ10種類の副業について収益化の仕組みをまとめてみました。

まとめ

以上のような注意点もあるとは言え、アフィリエイトは副業として長年の実績を持つ分野の1つです。アフィリエイターの間でも稼げる人と稼げない人との格差が大きく、成功者は副業の範囲を超えて本業を大きく上回るほどの高収入を稼いでいます。

そのような凄腕アフィリエイターは全体の一握りに過ぎませんが、やり方さえ間違わなければ半年から1年ほどで少しずつ収入が得られるようになるものです。アフィリエイトは今すぐ副業で収入を増やしたいという人には不向きですが、将来的に本業以外で収入を得る選択肢を増やしたいという人は挑戦してみる価値があります。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました