ライティングの副業で稼げるようになるコツを現役ライターが徹底解説

副業

在宅でも手軽に収入が得られる副業の1つとして、ライティングの仕事が主婦やサラリーマンの間で人気を集めています。記事作成の副業は特別なスキルも不要で誰でもすぐに始められる点が人気の秘密ですが、稼げるライターと稼げないライターの間では収入に大きな差が出ているのが現状です。

ライティング・記事作成のジャンルは単価の安い募集案件も少なくないだけに、効率よく稼ぐには記事の募集状況を知っておく必要があります。募集の目的を理解していないと的外れの記事を書いて非承認に判定されてしまい、せっかくの作業が無駄になりかねません。稼げるライターは有利な案件を探すコツを心得ている上に、募集の趣旨をよく理解した上で記事を書いているため高い承認率を誇ります。
そんな難しさもあるライティングの副業で効率よく稼ぐコツについて、ライター歴5年のYAMATOが初心者向けの情報をまとめてみました。この記事を読めば未経験からスタートしようとしている人でも、副業ライターとして稼いでいくのに必須の基礎知識が身につきます。

テレワークで稼ぐ在宅の副業とは?コロナで減った収入を取り戻す方法
コロナで減ってしまった収入を取り戻す手段の1つとして、感染リスクを避けながら在宅で稼げる自営型テレワークの仕事が挙げられます。テレワークが可能な副業にはどういった種類があるのか、主な仕事内容や報酬の相場に加えて注意点もまとめてみました。

ライティングの副業で収入が得られる仕組み

一般にライティングと言えば文章を書く行為を意味しますが、仕事を募集しているサイトではWebライティングとほぼ同じ意味に使われています。主にWeb上の情報サイトやブログに掲載する記事の執筆依頼が中心で、紙メディアに掲載される記事の募集とは区別されている点に注意が必要です。インターネットが普及したのはここ20年ほどの出来事で、それ以前と以後では文章で収入を得る仕事のあり方が大きく変わりました。

新聞や雑誌といった従来メディアに掲載する記事はある程度の信頼性が求められるため、現在でも専業ライターや各分野の識者らが主な担い手です。会社員や主婦のような素人がそうした刊行物に文章を載せるのは読者投稿欄などに限られますが、情報を印刷する必要のないインターネットが普及したことで情報発信の敷居が低くなりました。

もちろんWeb上にもプロの記者やライター特定分野の専門家が記事を書いている例は多く、ニュースサイトなど有料記事の配信を収益源としている例も少なくありません。その一方では一般の人が書いた多種多様な記事もインターネット上には多く見られ、その多くは何らかの収入と結びついています。その仕組みをうまく利用すれば会社員でも本業の空き時間で記事を書いて収入を得られるようになり、時間や場所を問わない手軽な副業として成り立ち得るのです。

Web制作の分業化でライティングの需要が発生

今やパソコンだけでなくスマートフォンを使ってインターネットから情報を得ている人が増えたせいか、インターネット黎明期と比べても情報サイトの需要は大きく拡大しています。GoogleやYahoo!などで検索して表示されるそうした情報サイトの数は膨大で、日々増え続けているのが現状です。

そうした情報をインターネットで発信するには記事執筆だけでなくWeb制作の知識が必要で、カスタマイズにこだわろうとすればプログラミングのスキルも求められてきます。Webサイト制作から記事執筆・サイト管理までの全工程を独力で行うのは、ブログ記事を手軽に投稿できるWordPressを使ったとしても大変な労力が必要です。人海戦術を駆使できるだけの資金を持つ企業ならともかく、個人でWebサイトを運営しているのはごく一部の人に過ぎません。

それでもインターネット上でこれだけの情報が氾濫するようになった背景には、ブログやSNSの普及と並んでWebサイト構築の分業化が進んでいるという事情があります。比較的少数の個人や企業がブログやホームページの企画と制作を担当する一方で、サイトに掲載する記事は一般の人に広く募集する仕組みが定着しているのです。

記事の募集に見返りがないのでは応募者が集まらないため、それらの記事募集には報酬を伴います。したがって会社員や主婦でもそうした記事募集をうまく見つけられれば、記事を書くだけで副業収入が得られというわけです。

ライティングの募集状況

現在募集されているライティングの仕事は、1件あたり数百字程度の短い記事から何千文字にも及ぶ長文案件までさまざまです。長文案件だと記事を完成させるのにある程度の時間を要しますが、数百字の記事なら慣れた人だと10分前後で書けます。タイピングに自信がある人の場合は、自分の得意分野に関する短文の記事を1本書くのに10分もかからないほどです。

もちろん文字数の少ない短文の記事ほど報酬の単価も低くなるとは言え、塵も積もれば山となる言葉通りに、1ヶ月も続ければ結構な金額になります。こういう短文の記事作成は書くのにたいして時間がかからないだけに、スキマ時間を有効活用して小遣い稼ぎをするのに最適な副業です。休日にまとまった仕事時間が取れる上に文章を書くのが得意だという人なら、報酬単価の高い長文の案件を受注することで効率的に稼ぐことが可能になってきます。

ライティングの副業で稼げるようになった理由

インターネットが普及し始めた当初は個人でホームページを公開する人がまだ少なく、公開している人でも趣味目的という例が大半でした。自治体や学校・企業が情報発信手段としてホームページを公開する場合は信頼性が第一とされるため、ホームページ制作会社に外注するのが現在でも一般的です。

2000年代に入ってブログが普及し始めると、一般の人の間でもインターネットで手軽に情報発信する人が増えてきました。現在ではブログに加えてSNSも広く普及し、インターネットが情報交流の場として活発に利用されているのは周知の通りです。

ブログが流行し始めた頃からは記事に合わせて企業の広告を掲載し、広告収入で稼ごうとするアフィリエイトが個人の間でも広がりを見せるようになりました。YouTuberが動画を公開して広告収入を稼いでいるのと同じ仕組みで、アフィリエイターはブログや情報サイトに記事を公開して広告収入を得ているのです。

アフィリエイトの副業で高収入が稼げる理由と仕組みを徹底解説
ブログやサイトを運営して広告収入を得るアフィリエイトは高収入も狙える副業ですが、ほとんどの人はたいして稼げないままやめてしまうのが現状です。初心者が稼ぐのは難しいと言われているアフィリエイトの基礎知識について、稼ぐコツと注意点を解説します。

高収益型のアフィリエイトサイトやブログは大量の記事を必要とするため、1人では記事作成が追いつかなくなります。一方では企業の間でもアフィリエイトの可能性に着目して事業化する例が増え、サイト運営がさらに大規模化するようになりました。こうした個人のアフィリエイターや企業が一般の人に記事を外注するようになったため、誰でもライティングの仕事で稼げる時代が到来したのです。

ライティング報酬の財源

ライティングの仕事募集は必ずしもアフィリエイトサイトに掲載するのが目的とは限りませんが、報酬の支払いを伴う募集の大半はこうしたアフィリエイト記事の執筆代行と見られます。記事作成の仕事で与えられる報酬は記事を募集するクライアントが支払うとは言え、もともとの報酬財源はアフィリエイト広告の広告料に他なりません。他人に執筆を代行してもらうことで報酬を支払う費用も発生しますが、その経費以上の広告収入が稼げると見込めるからこそ記事執筆を外注しているのです。

アフィリエイターや企業はあらかじめ広告収入を見込んで予算を設定し、1記事いくらという形で予算を分配しながら不特定多数のライターに記事を募集しています。宣伝活動を行う企業がこうしたネット広告に多くの予算を投じるようになったことから、その仕組を利用したインターネットビジネスで収益を得る手法が確立されているのです。

ライティングの仕事を請け負うライターの側でも、報酬の財源が広告費にあるとわかっていれば記事が書きやすくなります。募集される記事の大半はセールスレターやキャッチコピーの類ではなく、メディア記事やブログ記事という名目での情報発信手段です。それらの記事そのものは広告文でないとは言え、記事に貼られた広告に誘導して成果を得るのがクライアントの目的だと言えます。

後述するようにこうした記事募集では納品した記事が非承認と判定され、報酬が得られないケースも少なくありません。広告主の意向に反する内容では非承認と判定される可能性が高くなりますので、承認率を上げるには記事の目的を忖度しながら書く必要があります。

記事の目的を明確に記述してくるクライアントもいますが、そうでない場合は与えられたキーワードや募集条件からライター自身が広告内容を推測するしかありません。ライティングに慣れてくればクライアントや広告主の意向が汲み取れるようになり、承認率も上がるようになります。

ライティングの仕事が探しやすくなった背景

このようなライティングの仕事は広告主の企業が直接募集しているわけではなく、大半がクラウドソーシングと呼ばれるマッチングサイトを通じて募集されています。クラウドソーシングというのはWeb制作やアプリ開発・デザイン・データ入力など、副業に利用できるさまざまな仕事の募集が集められているサイトです。

クラウドソーシングで募集されている仕事の中でもライティングは案件数が特に多く、単発のタスク案件から継続依頼の仕事までさまざまな募集が見られます。企業はもちろん個人のアフィリエイターでも記事を外注する際には、こうしたクラウドソーシングサイトを通じて募集を行うのが一般的です。

クラウドソーシングが広く普及してきたのはここ10年ほどの話で、それ以前はこうしたマッチングの仕組みが必ずしも確立されてはいませんでした。クラウドソーシングが普及したことでライティングの仕事を見つけやすくなり、誰でも文章を書いて手軽に稼げるようになったのです。

クラウドソーシングを利用したライティングの仕事で収入を得ている人の中には、特定の企業に所属しない専業のフリーランスライターも存在します。とは言え利用者の多くは会社員や主婦業の傍ら、空き時間をうまく利用しながら稼いでいる副業ライターです。クラウドソーシングサイトへの登録は基本的に無料で、報酬が支払われる際に一定割合がシステム利用手数料として引かれる仕組みとなっています。

文章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。 Webライター実践入門 | 岸 智志 | 工学 | Kindleストア | Amazon
Amazonで岸 智志の文章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。 Webライター実践入門。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ライティングの仕事を探す方法

実際にライティングの仕事を探すには、クラウドソーシングサイトに登録して記事募集の情報を閲覧する必要があります。数多く存在するクラウドソーシングサイトはそれぞれ得意分野が異なる面もありますので、複数のサイトに登録しながら使い分けていくのがライティングの副業で継続的に稼ぐコツです。

特定のサイトだけに依存していると仕事の募集が減った場合に収入も減ってしまいますが、複数サイトで仕事を探せばカバーし合うことができます。ライティングの副業で効率的に稼いでいくには、以下に挙げるようなクラウドソーシングサイトの募集方式や各種条件についての予備知識が欠かせません。

タスク方式とプロジェクト方式の違い

記事の募集方法や納品手段はクラウドソーシングサイトによって微妙に異なりますが、いずれもインターネット上で作業が完結する点では共通しています。クラウドソーシングサイトの記事の募集方法には、大きく分けてタスク方式とプロジェクト方式の2種類があります。

不特定多数のライターに単発の仕事を募集するタスク方式は気軽に応募しやすい反面、報酬の単価はプロジェクト方式と比べて全般に低めです。プロジェクト方式は特定のライターと契約を結び、条件や納期などを相談しながら仕事を依頼する方式のため、報酬単価も高めとなっています。

限られた空き時間で効率的に稼ぐにはプロジェクト方式の方が有利だと言えますが、クライアントと連絡を取り合いながら指定された納期までに記事を納品する必要も出てきます。そうした制約のないタスク方式の方が自分のペースで記事を書けるため、仕事がやりやすいという人も少なくありません。クラウドソーシングサイトの中にはプロジェクト方式を採用せず、タスク方式だけで記事を募集しているところもあります。

代表的なクラウドソーシングサイト

数あるクラウドソーシングサイトの中でも、ランサーズクラウドワークスは登録者数が突出して多く2強の様相を呈しています。業界最大手と言われるランサーズは記事ライティングの募集数も豊富で、タスク案件に強いのが特徴です。同じく日本最大級のクラウドワークスも「記事・Webコンテンツ作成」の募集は豊富ですが、どちらかと言うとプロジェクト方式の方に力を入れている印象があります。

この2大サイトには副業に向いたあらゆるジャンルの募集が揃っているのと比べ、タスク方式の募集に限定したサグーワークスは記事ライティング案件に強いクラウドソーシングサイトです。Shinobiライティングも記事作成の募集に特化したサイトで、プロジェクト方式は採用せずタスク方式のみの募集となっています。

体験談や口コミなども含めて気軽に書ける記事が多く募集されているRepoも、同じく記事ライティングのタスク案件に特化したサイトの1つです。主婦の利用者が多いShuftiはデータ入力や覆面調査員など女性向けの案件が豊富な一方で、ライティング案件も多く募集されています。ポイントサイトのげん玉と同じリアルワールドが運営しているCROWDにも、以前は記事作成のタスク案件が多く募集されていました。ここ数年は募集数が激減しており、ライティングの仕事は不定期の募集にとどまっています。

この他にもライティング案件を募集しているクラウドソーシングサイトが多く見られるとは言え、登録するサイトが多すぎると仕事の募集状況をチェックするだけでも一仕事です。多くのサイトではこれまでの実績に応じてライターとしてランクが上がり、仕事獲得でも有利になる仕組みが採用されています。メインのサイトでいい仕事がない場合の予備として複数サイトに登録しておく必要はありますが、1つか2つのサイトに力を注いで実績作りに励んだ方が効率よく稼ぎやすいものです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

ライティングの対象ジャンル

以上のようなクラウドソーシングサイトで募集されている記事のジャンルはさまざまで、芸能ネタや美容に関する記事もあれば、ビジネスや金融に関する高度な内容の記事もあります。高単価に釣られて苦手なジャンルを選ぶと記事を書くのに余計な時間がかかってしまうため、自分の得意なジャンルの記事を選ぶのが効率的に稼ぐコツです。

OLや主婦など女性の間では、美容や健康・ダイエット・芸能・占い・婚活といったジャンルが人気を集めています。育毛・脱毛・痩身・バストアップといったコンプレックス関係や転職などは全般に高単価で、サービス利用経験のある人や知識が豊富な人にとっては狙い目のジャンルです。

クレジットカードやカードローン・仮想通貨など金融関係は記事作成の難易度が上がるものの、同様に高単価の記事募集が多く稼ぎやすいジャンルに数えられます。生活関連やグルメ・旅行・家電といったジャンルの記事は必ずしも常時募集されているわけではありませが、複数サイトに登録して募集を頻繁にチェックしていれば見つかる確率が高くなります。

クラウドソーシングで募集中の記事ジャンルはあらゆる分野が網羅されているというわけではなく、アフィリエイトで稼ぎやすいとされているジャンルと重なる面もあります。得意分野の記事を選ぶのが効率よく稼ぐコツとは言え、募集記事のジャンルに偏りが見られる面も否定できません。需要の多いジャンルに関する知識を強化し、自分の得意分野にしてしまうのが得策だと言えます。

Webライティングにはどんな種類がある?副業ライターの常識を解説
Webライティングの副業を始めるに当たっては、紙メディアに掲載する記事とは違う書き方のノウハウが求められます。副業ライターとして稼ぐために知っておきたいWebライティングの特徴について、5種類の文章ジャンルごとに基礎知識をまとめてみました。

ライティングの副業でどれだけ稼げる?

クラウドソーシングサイトにアクセスできる環境があればスマホでも記事作成は可能ですが、パソコンの方が効率的に作業できるのは言うまでもありません。日常生活では情報を調べたりSNSを利用したりするのにスマホを使っていても、オフィスでの仕事ではパソコンを使っているという人が大半です。外出先の空き時間を使って稼ぐ場合はともかくとして、在宅の副業としてライティングに取り組むならスマホより文章入力に適したパソコンを使うのが賢明だと言えます。

タイピングが速く短時間で記事が書ける人は短時間の作業でも複数件の記事を納品できるため、限られた空き時間を有効活用しながら副業収入を得るのに有利です。実際に稼げる金額は後述するように1文字あたりの単価にも左右されますが、初心者のうちは時給に換算して数百円程度が目安となります。

慣れてくれば1時間で大量の記事をこなしたり高単価の仕事を受注したりすることで、時給換算1,000円以上のペースで稼ぐことも十分に可能です。仮に1時間1,000円のペースで週に25時間ずつ作業したとすれば、月に10万円稼げる計算となります。初心者でもスキマ時間を多く見つけてコツコツ稼ぎ、月に数万円程度の副業収入を得ている人は少なくありません。

文字単価は要チェック

クラウドソーシングサイトで募集されるライティングの報酬には、大きく分けて2通りの表示方法があります。最も多いのは1件あたりいくらという形で報酬額が表示されている例で、100円に満たない短文案件から数千円の高単価案件まで記事募集もさまざまです。手数料無料のサイトでない限り、通常はそれらの表示金額からシステム利用手数料を引いた金額が自分の収入となる仕組みです。

もう1つの表示方法はプロジェクト方式に多い1文字あたりの報酬で、1文字1円などと表示されるような例が該当します。1件いくらという表示方式でも報酬単価を文字数で割れば、1文字あたりの報酬額が計算できます。タスク案件は全般に報酬単価が低めで1文字1円以上の案件は少なく、1文字0.5円以下の案件が多くを占めるのが現状です。

1件あたりの報酬が1,000円以上で一見すると高単価のように見えながら、指定された文字数が多いために文字単価が低くなっている例も珍しくありません。報酬単価が低い案件でも文字数が少なければ短時間で書けるため、数をこなすことで効率よく稼げるようになります。

1文字1円以上の案件を選ぶのが理想ですが、文字単価の高い案件ほど文章力が求められるのが難しいところです。最初のうちは1文字1円以下でもタスク案件を多くこなして実績を積み重ねていけば、高単価のプロジェクト案件も受注しやすくなります。

プロジェクト方式の案件に応募・提案したところで必ず採用してもらえるとは限りませんが、実績があれば採用されやすくなるのは間違いありません。プロジェクト方式で募集される記事の中には1文字2円以上の高単価案件も少なくないだけに、ライティングで効率よく稼ぐにはまず実績作りが大切となってくるのです。

非承認と判定される理由

クラウドソーシングを通じて募集されるライティングの仕事は、納品方法の違いによっても大きく2種類に分けられます。タスク方式で募集された記事はサイトに設置されている入力フォームに文章を直接入力し、全文入力し終わった時点で送信するのが一般的です。プロジェクト方式で契約した場合にはテキストファイルやWORD文書・ZIP形式など、クライアントが指定する形式のファイルで納品することになります。

いずれの方式でも記事を書いて納品さえすれば必ず報酬が得られるというわけではなく、納品した記事が承認されなければ報酬が得られない点には注意が必要です。納品された記事はクライアントの設けている基準に従って審査・検品され、問題ないと判定された時点で初めて報酬が確定します。

コピペ率が一定割合以上と判定された場合や禁止ワードが使用されている場合など、非承認と判定されてしまう理由はさまざまです。文章が不自然だったり同じ表現を多用したり、指定された形式に沿っていなかったりするような場合も非承認と判定されやすくなります。アフィリエイトに使われる記事は検索エンジンを意識して書くのが常識とされているため、ペナルティを受けやすい表現はクラウドソーシングでの記事募集でもNGとされているのです。

コピペチェックで一致率が高く出る原因とは?4つの改善方法を解説
Webライティングの仕事をしていると、オリジナルの文章を書いたつもりでもコピペチェックツールで一致率が高く出ることがあります。ライター泣かせの一致率とはどういう数字なのか、コピペチェックの数字を下げる5つの改善方法と合わせて解説します。

苦労して書いた記事が非承認と判定されてしまっては、費やした時間が無駄になってしまいます。貴重な空き時間を利用して書いた記事を無駄にしないためには、作業を開始する前に募集内容の確認が欠かせません。

前述の通り記事を募集するクライアントの最終的な目的は、ライターに書いてもらった記事を使って広告収入を得ることにあります。納品した記事が承認されるかどうかはクライアントの恣意によって決められるわけではなく、広告主の意向や検索エンジンのアルゴリズムに大きく左右されているのです。想定される広告主の意向を考慮しながら検索エンジンからも評価されやすい記事を心がけていれば、自然と承認率が上がってきます。

ライティングの副業まとめ

以上のようにライティングの副業には注意すべき点もいくつか挙げられますが、他の副業より圧倒的に稼ぎやすいという点には変わりありません。何と言ってもスキマ時間を利用しながら在宅でも手軽に稼げる点が記事作成で一番のメリットです。

記事作成の仕事を続けるにはある程度の文章力も求められるとは言え、何も文学作品のような名文を書く必要はありません。日頃からインターネットを使ってさまざまな情報を検索している人なら、求められるような文章を自然と目にしているものです。書いた記事がどのように使われるのかという点を常に意識しながら取り組んでいけば、ライティングの副業で効率的に稼げるようになります。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました