リライト記事募集は普通のライティングとどう違う?仕事の特徴を解説

副業

クラウドソーシングに掲載されている記事作成の募集状況を概観すると、普通のライティングの他にリライトと呼ばれる案件が含まれている点に気がつきます。リライトもライティングと同様に文章を作成して報酬を得る仕事で、在宅で稼げる副業の1つとして利用されてきました。

記事を作成する仕事という点では共通していますが、記事の内容を自分でどの程度まで考える必要があるのかという点で両者は大きく異なります。自分に合わない仕事を選んでしまうと記事の作成に必要以上の時間がかかってしまい、時給換算で稼げる金額が少なくなってしまいます。

リライトの副業で効率的に稼ぐために知っておきたい仕事の特徴について、募集状況や稼げる収入の目安を含めた基本情報をまとめてみました。普通のライティングと違ったリライト特有の注意点に関しても、記事の後半で解説します。

テレワークで稼ぐ在宅の副業とは?コロナで減った収入を取り戻す方法
コロナで減ってしまった収入を取り戻す手段の1つとして、感染リスクを避けながら在宅で稼げる自営型テレワークの仕事が挙げられます。テレワークが可能な副業にはどういった種類があるのか、主な仕事内容や報酬の相場に加えて注意点もまとめてみました。

リライト記事の作成とは?

英語の「rewrite」は書き直し作業を意味するだけでなく、書き直されたニュース記事や訂正本そのものを意味する出版用語として使われてきました。副業の一種としてのリライトも同様に書き直す行為を意味し、企業ホームページに掲載する記事からブログ記事までさまざまなジャンルでリライト作業が行われています。

クラウドソーシングなどを通じてリライトの仕事が募集される場合は、元記事の原稿を示して作業を依頼するのが一般的です。編集や校正などの仕事と合わせて募集される案件も少なくありませんが、記事の書き換え作業に特化した案件は効率よく稼げる在宅ワークとして人気を集めています。

リライト記事の仕事が募集される理由

このような記事書き換え作業は書籍を出版する際にも行われますが、最近ではWebサイトのリニューアルやブログの検索順位を上げる目的で行う例が多くなっています。元の記事に何らかの問題点があって書き換える必要が生じた場合に、その作業を一般ライターに外注したものがリライトの募集案件です。

ブログやサイトに掲載する記事は時間が経つにつれて情報が古くなるため、そのままでは検索順位が下がってしまいます。同じサイト内に似たような内容の記事が複数あると検索エンジンから重複コンテンツと判定され、同様に検索順位の低下が避けられません。

そうしたリスクを避ける目的で記事の書き換えを行うわけですが、大量の記事を修正するには時間がかかってしまいます。そのためブログやサイトの運営者は記事書き換えの必要が生じるとライターを募集し、記事書き換えの仕事を外注することで改善しようとしているのです。副業ライターにとってもこうしたリライト案件は手っ取り早く稼げることから、記事ライティングと並んで貴重な収入源となっています。

リライトと普通のライティングとの違い

リライトの仕事が普通のライティングと違うのは、参考にする元記事が存在するという点です。ライティングの仕事には元記事が存在せず、クライアントの指示に従いながら記事の内容を自分で考える必要があります。見出しや構成などはクライアントがあらかじめ指定している場合も少なくありませんが、その場合でも文章そのものは基本的に自分でゼロから考え出さなければなりません。

その点でリライトは元記事の文章を変えるだけで済むため、無から有を生み出すのと違って作業が楽です。文章を書き換えるだけでも後述するような難しさはありますが、元記事のライティングと比べれば難易度は低いと言えます。リライトは文章を書き換える仕事を通じて記事の書き方が自然と学べる面もありますので、副業ライターの初心者におすすめの仕事です。

リライト記事の募集状況

リライトの副業で稼ごうと思えば、まず仕事の募集を見つける必要があります。リライトの仕事募集を最も探しやすいのは、クラウドワークスランサーズに代表されるクラウドソーシングのサイトです。

クラウドソーシングの各サイトでは、記事作成・ライティングとリライト・編集・校正に分けて仕事が募集されています。元記事のないライティング案件と同様に、リライト案件も単発のタスク方式と固定報酬制・時間単価制のプロジェクト方式があります。

まとまった分量の記事を発注する案件が多いプロジェクト方式の方が報酬の面でも有利ですが、採用してもらうにはある程度の文章力も必要です。タスク方式は1案件ごとに報酬が支払われる単発の仕事で、条件の良い案件は人気があるため短時間でなくなります。
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

リライトで稼げる収入の目安

リライトで稼げる金額を大きく左右するのは、1文字あたりいくらという形で示される文字単価です。文字数の多い案件ほど記事の書き直しに時間がかかるため、記事1本の報酬額が少ないと時給換算で稼げる収入も少なくなってしまいます。

クラウドソーシングで募集されているリライト案件を見ると、文字単価は0.5円未満から2~3円という高単価案件までさまざまです。リライトの場合は一般に1文字1円以上なら高単価の部類ですが、未経験の人がいきなり好条件の仕事を受注するのは難しい面もあります。慣れないうちは1文字0.5円前後の仕事をこなして実績を積み、文章力が身についたところで高単価の案件を受注するようにステップアップしていくのが無難なやり方です。

リライトで稼ぐのに必要なスキルとは?

専門的な分野の記事を扱う案件で関連する資格や経験がライターに求められるようなケースでない限り、通常はリライトの副業を始めるのに特別な資格などは必要でありません。とは言えクライアントがわざわざ元記事の書き直し作業を外注するのは、わかりやすい文章に改善したりSEOの効果を高めたりするのが目的です。

リライトの仕事にも単純な単語の置き換えだけではない文章力が求められ、案件によってはSEOの知識が必要な場合もあります。記事の前半では「副業ライターの初心者におすすめの仕事です」と紹介はしましたが、実際の作業では以下のような文章の書き換えスキルが欠かせません。

リライトの注意点

文章の書き換え作業をできるだけ単純化して効率的に稼ごうとすれば、言い回しや文末表現を変えただけの作業で楽をしようとしがちです。文章の前後を単純に入れ替えたりするような例も含め、文章の形式的な書き換えだけではリライトとして通用しなくなってきています。

5年くらい前までは単純な書き換えでも検索エンジンが別のコンテンツと判定してくれたため、文末表現を変えたり文章の前後を入れ替えたりする程度でも可とされていました。検索エンジンの精度が向上した現在では、単純な文章書き換えはコピーコンテンツとしてペナルティの対象です。

文章の単純な置き換えはSEO上でも効果がないと判定されるだけに、受注するライターの側にもこれまで以上に文章スキルが求められるようになりました。リライトの肝はあくまでも元の文章の意味や使用キーワードを変えずに、新たなオリジナル記事としての文章を作成する点にあります。リライトの仕事で手抜きをすると、最悪の場合は著作権の侵害で訴えられるようなリスクも出てくる点には注意が必要です。

リライトの文章術に関しては、こちらの記事で詳しく解説しておきました。

リライトの副業は経験が必要?ライター初心者が知っておきたい文章術
在宅ワークとして人気のリライト記事作成は初心者向けの副業だと言われてきましたが、実際の募集を見ると経験者優遇の案件や専門知識が求められる案件も少なくありません。リライトは本当に初心者でも稼げるのか、身につけるべき文章術を含めて解説します。

継続的な案件受注につながる仕事

以上のような注意点はありますが、元の記事を書き直すだけで済むリライトはライティングと違って情報を一から調べて書く必要がありません。1記事を書くのに費やす時間もリライトはライティングと比べて短く済み、文字単価が同じとすれば効率的に稼ぐことができます。

実際のリライト案件は低単価の仕事が多く、高収入を狙うにはリライトより平均単価の高いライティングの方が有利です。リライトの仕事はどちらかと言うと初心者向けと見られているだけに、文章を書くコツを身につけてから高単価のライティングに挑戦するライターも少なくありません。

とは言えリライトは文章を書いてお金を稼ぐハードルが低く、在宅で稼ぐ副業としてはライティングよりもお手軽です。文章書き換えのスキルを身につけてクライアントの信頼を得られば継続的な仕事依頼につながり、安定した副業収入を稼げるようになります。

まとめ

記事を作成する2種類の副業のうち、元記事のないライティングは文章構成能力や情報を調べる能力が求められます。リライトはライティングより難易度が低いとは言え、コピーコンテンツと判定されない程度のオリジナリティを持った文章に書き直すだけの文章力は必要です。

リライトの仕事は学校時代に作文が得意だったりして、文章力に自信のある人に向いた副業だと言えます。文章を書くのがあまり得意でなかったという人でも、元記事を参考にできるリライトならライティングよりも始めやすいものです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました