リライトの副業は経験が必要?ライター初心者が知っておきたい文章術

副業

家にいながら手軽に副業収入が得られる在宅ワークの代表格として、記事作成の仕事が人気を集めています。記事作成はオリジナル記事のライティングと元記事を書き換えるリライトの2種類に大きく分けられ、リライトは初心者向けの仕事だと言われてきました。記事をゼロから考える必要がないというのがその理由ですが、実際の募集を見ると経験者優遇の案件や専門知識が求められる案件も少なくありません。

リライトの仕事は本当に初心者でも稼げるのかどうか、Webライター歴5年のYAMATOが昨今の募集状況を検証してみました。初心者がリライトの副業で稼ぐには何が必要なのか、身につけるべき文章術についても記事の後半で解説します。

ライター初心者はリライトの副業で稼げない?

当ブログでは以前にもリライトの副業について取り上げ、「元記事を参考にできるリライトならライティングよりも始めやすい」と紹介しています。自分で記事を企画したり情報を調べたりする必要がないという点では、オリジナルの記事を作成するより難易度が低いのも事実です。

リライト記事募集は普通のライティングとどう違う?仕事の特徴を解説
記事作成の案件にはライティングとリライトの2種類があって、自分に合わない仕事を選んでしまうと必要以上に時間がかかってしまうものです。普通のライティングより稼ぎやすいとも言われるリライトの特徴について、収入の目安や注意点と合わせて解説します。

クラウドソーシングなどで実際に募集されているリライトの案件を見ると、初心者でもOKとしている例は決して多くはありません。ライター経験のある人が優遇されると同時に、特定分野の専門知識やSEOに関する知識を持っていれば高単価の案件も任せてもらえるようになります。

募集件数に着目して両者を比較してみると、ライティング案件の方がリライト案件よりも圧倒的に多いのが現状です。ライティングの募集では高難易度の記事もあれば簡単に書ける記事もあって、初心者歓迎としている案件は決して珍しくありません。リライト記事は案件数が限られる上に経験が求められるケースも多く、初心者可の募集は一部に限られます。

記事のリライトを行う2大目的

以上のような違いが生じる理由は、記事のリライトを行う目的から理解できます。リライトの募集で特に多いのは、個人のブログや企業のホームページに掲載していた記事の書き換えを外部ライターに代行してもらうケースです。

公開済みの記事をリライトしてブログを更新すれば検索エンジンにサイトの活性化を印象づけられ、検索順位が上がりやすくなります。古くなった情報を書き換えたり新たな情報を追記したりするようなリライトも、検索エンジン対策として効果的です。検索上位に表示されているサイトの多くは外部ライターに仕事を発注し、記事の更新を定期的に実施しています。

リライト記事が募集されるもう1つのパターンは、他のサイトに掲載されている元記事を資料にして新たな記事を作成するように指示している案件です。この場合は記事のアイデアを他のサイトから借用する形となるため、白紙の状態から記事を企画する労力を省くことができます。あまり褒められたやり方ではありませんが、手っ取り早く記事数を増やす手法として以前からよく利用されてきました。

クラウドソーシングのリライト案件募集状況

副業に向いたリライトの仕事は、案件単位で受注契約を結ぶ業務委託の方式が主流です。リライトを含む記事作成の案件やライター募集が掲載されてサイトには、以下のような種類があります。

このうち初心者でも仕事が探しやすいのは、在宅ワークの募集が豊富に揃っているクラウドソーシングです。クラウドワークスでは「編集・校正・リライト」というカテゴリがあり、「記事作成・ライティング」カテゴリで記事を書き換える仕事が募集される場合もあります。

難易度が低い初心者向けの案件に限定すると、1文字あたり0.1円から0.5円程度がリライト報酬の平均的な相場です。投資やITサービス・医療・健康食品・住宅関連・アウトドアなど専門分野の記事を書き換える仕事では、文字単価1円以上になる案件もあります。

クラウドソーシングでも最近増えているのは、ブログ記事を電子書籍やYouTube動画用に書き換える案件です。ブログ記事のリライトは1,000文字以下から2,000文字前後の案件が多いのと比べ、電子書籍用は10,000文字以上に及ぶ長文の案件も目立ちます。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

ライター初心者がリライトの副業で稼ぐコツ

前述したリライトの2大目的で言えば、ブログ記事のブラッシュアップやサイトリニューアルを目的に募集される仕事は平均単価が高いと見られます。Webメディアやライター専門の求人サイトで募集されている案件にはそうした仕事が多く、SEOライティングの経験や専門分野に関する知識が重視されます。仕事を請け負うライターにある程度の文章スキルが備わっていないと、検索順位や成約率改善の目的を果たすことができないからです。

一方のクラウドソーシングで募集されている案件は、他のサイトの記事を書き換えるような仕事が多いと推測されます。納品された記事はクライアントがコピペチェックを行い、類似度や一致率が一定の範囲内であれば承認される仕組みです。サイトのブラッシュアップやリニューアル目的ほど高いレベルが求められないため、1文字あたりの単価は低めに設定されています。

同じ「リライト」として募集されている案件でも、以上のような目的によって求められる文章力のレベルが違ってきます。ライター初心者は文字単価に惑わされず、自分の実力に合った案件を選ぶことが大切になってくるのです。

文章の単純な書き換えはNG

「リライト」という言葉はさまざまに解釈されていますが、普通は執筆した人以外の第三者が文章を書き直す行為を意味します。検索順位アップを目的として自分のブログ記事を自分で改変する作業も、元記事を書き換えて新たな記事に仕立て直すという意味ではリライトの一種です。

この場合は元記事の助詞や接続詞・句読点だけを変更したり、語順や語尾を置き換えたりするだけでは意味がありません。文章を単純に書き換えただけでは重複コンテンツと判定されて検索順位を下げられてしまうため、SEO対策としては改善ではなく改悪になってしまいます。

求人サイトやクラウドソーシングで募集されているリライト案件でも、語句を入れ替えたり語尾を変えたりするだけの単純な文章書き換えは同じ理由でNGです。最近は検索エンジンの精度も大きく向上しているため、そういう単純な文章書き換えは見破られてしまいます。記事の内容を大きく変えない程度に文章を書き直して新たなオリジナル記事に生まれ変わらせ、検索エンジンからもコピーコンテンツと判定されないのが本物のリライトです。

ライターとしての価値を高めるリライト文章作法

元記事を書き直す作業で避けて通れないのが、類似度判定や一致率判定といったコピペ率の数字です。いずれも無料のコピペチェックツールで判定できますので、記事が完成したら納品する前に自分でチェックしてみるといいでしょう。

元記事に使われているキーワードや関連語を多用すると、どうしても一致率が高く判定されてしまいます。それらの言葉を別の語で置き換えれば表面的な一致率は下げられますが、度が過ぎると不自然で読みにくい文章になりねません。随所に自分独自の意見や体験を盛り込みながら、文章のオリジナリティを高めていくのがリライト本来の極意です。

リライトの仕事で高い評価を得ているライターは、元の文章を頭の中で完全に消化した上で自分の言葉としてアウトプットしています。たとえリライトでもそういう文章作法を心がけていれば、元記事を与えられなくてもオリジナルの記事を書けるようになります。リライト記事の価値を高める文章術とは小手先だけのテクニックではなく、ライターの仕事全般にも通用する本物の文章力なのです。

エッセイで収入を得る副業とは?公募やブログなど4つの稼ぎ方を解説
有名人でなくても書き方のコツさえ覚えれば、エッセイを副業の手段とすることは可能です。公募コンテストへの応募を中心に、エッセイでお金を稼ぐ4つの方法を解説します。

リライトの副業まとめ

案件の絶対数が多いライティングの方が初心者向け案件を見つけやすいのは事実ですが、以上のような戦略を心がけていればリライトの仕事にも対応できるようになります。元記事を頭の中で噛み砕いてエッセンスだけを残し、自分なりの見解や体験を盛り込みながら書き直すことで新しい価値が生まれるのです。

個々のライターが持つ独自の意見や経験こそがオリジナリティの源だけに、記事を書き換える目的と合致してきます。リライトは需要が多いだけに実力が認められたライターには依頼が殺到するようになり、仕事を断るのに苦労したという人もいるほどです。

元記事を書き換えるだけの仕事に飽き足りなくなってきたら、次は記事を一から作り上げるライティングの仕事に挑戦してみるのもいいでしょう。未経験からリライトの副業を始める場合はまずクラウドソーシングで初心者向けの案件をこなし、ライターとしてのスキルを身につけてから高単価の案件に挑戦するのが無難なやり方です。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

タイトルとURLをコピーしました