ブログ代行のバイトとは?記事作成で稼ぐ在宅の副業を経験者が解説

ブログ代行のイメージ副業

世の中にはさまざまな代行業が存在しますが、ブログ代行は在宅で収入が得られる仕事の1つです。筆者もブログ代行のバイトで、月に10万円ほどを稼いだ経験があります。未経験の人にも稼ぐチャンスは与えられていますが、この仕事にはメリットもあればデメリットもあります。

会社員や主婦の副業として人気のブログ代行バイトとはどのような仕事なのか、仕事の経験を通じて知った事柄を初心者向けにまとめてみました。ブログ代行で効率的に稼ぐコツについても、記事の後半で詳しく解説します。

ブログ代行のバイトとは?

ブログと言えば有名人や一般人が日々の出来事を日記のように書いた投稿を想像しがちですが、企業や店舗の間でも情報発信の手段として利用されています。商品やサービスに関連したお役立ち情報を、消費者に向けて公開するのがブログの典型的な活用方法です。

公式サイトのホームページとは別にブログを運営している企業も少なくありませんが、このような公式ブログは必ずしもスタッフが書いているとは限りません。固定ページで運営されるホームページと違って、ブログは定期的に新しい記事を投稿して更新するのが一般的です。

ブログのイメージ

ブログの運営は想像以上に手間がかかるだけに、社員や店舗スタッフだけでは手が回らなくなることも考えられます。文章を書き慣れた外部のライターにブログ記事の作成を外注し、従業員が本来の業務に専念できるようにするのがブログ代行の主な目的です。

ブログ記事を外注した方が文章の質が高くなるため、検索エンジン対策や顧客の獲得にもプラスに作用します。ブログ代行を外注するとなれば費用も当然かかってきますが、費用対効果を考えるメリットの方が大きいやり方です。

以上のような理由でブログ記事の作成を外部のライターに依頼している企業が増えたため、ブログ代行のバイトも大量に必要とされるようになりました。パソコン1つあれば場所を選ばずにできる仕事だけに、バイトと言っても基本的には出社する必要がありません。

雇用契約を結んで働くような求人は決して多いとは言えない状況で、業務委託の形で仕事を受注するケースが大半です。一般的なアルバイトのイメージとはだいぶ違ってきますが、在宅で収入が得られる副業としては始めやすい仕事だと言えます。

ブログ代行の仕事内容

ブログ記事を書く男性

ブログ代行は企業や店舗などの依頼主に代わって、ブログの運営に関する業務の一部を行う仕事です。ブログを活用したビジネスに取り組んでいる個人から仕事を依頼される例もありますが、いずれも収益化を目的としたブログが対象となってきます。

ブログの運営で最も手間がかかるのは、新たな記事を書いて投稿する作業です。募集されているブログ代行の仕事も、記事作成は依頼の中心となってきます。ブログの運営に関わる作業は依頼主が自分で行い、記事作成だけを外部のライターに業務委託しているケースも珍しくありません。

記事作成以外では画像の選定・加工や動画編集・文字装飾など、関連する作業が仕事内容に加わる場合もあります。ブログ管理ソフトのWordPressを使った投稿作業も、ブログ代行でよくある仕事の1つです。一口にブログ代行と言っても仕事内容は依頼主によってかなりの違いがあるため、仕事を探す際にはどこまで担当することになるのかよく確かめる必要があります。

ブログ代行の仕事は未経験でも可能?

医療や法律関連のような専門分野でもない限り、記事作成だけの仕事であればそこまで高度なスキルは求められません。記事作成以外の作業が加わる案件になると、プログラミングの知識や画像加工・動画編集のスキルを要する場合もあります。ブログ運営に関する作業を丸投げしたい企業の案件を受注するには、Webマーケティングを含めた総合的な知識が欠かせません。

そうした中でもブログ代行の仕事募集で圧倒的に多いのは、記事作成だけを依頼される案件です。グルメや美容・エンタメのように親しみやすいジャンルの記事もあれば、保険や金融・転職など硬めの情報を扱う記事もあります。

わざわざお金を出してまでして外部のライターにブログ記事の作成を依頼しているのは、それらのジャンルで事業を展開している企業が中心です。商品やサービスに関連した記事の作成を依頼されるケースが多いだけに、場合によってはセールスライティングのテクニックが求められることもあります。

検索エンジンでの上位表示を目的としたSEOの知識があれば、ブログ代行の仕事を募集する企業から重宝されるのも確かです。そのような記事作成の案件は報酬の単価も高い傾向にあるだけに、首尾よく受注できれば効率的に稼げるようになります。初心者や未経験の人でも受注できるような仕事は難易度が低いせいか、報酬の単価も全般に低めの水準です。

このようにブログ代行の仕事は報酬に差を設けることで、ライター初心者から上級者までを幅広くカバーするだけの多彩な案件が揃っています。ライターの経験がなければできないという仕事ではありませんので、初心者でも気軽に始められる副業です。

Webライティングにはどんな種類がある?副業ライターの常識を解説
Webライティングの副業を始めるに当たっては、紙メディアに掲載する記事とは違う書き方のノウハウが求められます。副業ライターとして稼ぐために知っておきたいWebライティングの特徴について、5種類の文章ジャンルごとに基礎知識をまとめてみました。

ブログ代行を副業にする方法

副業のイメージ

ブログはインターネット上のメディアだけに、記事作成など代行の仕事もネットを通じて募集されるのが普通です。実際にブログ代行の仕事を始めるには、バイトの募集を探して応募する方法と、自分で依頼主を募集する方法の2パターンが考えられます。

ブログ代行を依頼しようとする企業が、公式ホームページでライターを直接募集している例はそれほど多くありません。ライターを募集しているサイトはブログ代行会社とクラウドソーシングの2つに大きく分けられますので、自分で仕事を募集する方法と合わせた3通りのパターンについてそれぞれ解説します。

ブログ代行会社のライターに応募

求人のイメージ

ブログを開設する企業が増えて代行の需要が高まったのを受け、代行会社も次々に誕生している状況です。ブログ代行会社には専属のライターが所属していて、顧客からの依頼に応じて記事作成や画像加工・投稿などの作業に従事しています。ライターが正社員として雇用されている場合もありますが、在宅のライターと業務委託契約を結んで仕事を提供するのが一般的です。

こうしたブログ代行会社の募集するライターの求人を見つけるには、GoogleYahoo!で検索したり求人サイトで検索したりする方法が考えられます。代行会社の公式HPを見てもライターの求人が掲載されていない例が多く、アルバイト求人サイトでもブログ代行のライター募集は決して多くありません。

この記事を書いた時点では、記事作成代行ドットコムでライターが募集されていました。ライターとして採用されるには、審査用の記事を書いて審査に合格する必要があります。

正式採用後はライターのスキルに応じた記事作成の仕事が依頼され、指定された納期までに納品するというのが仕事の大まかな流れです。校正で誤字脱字や不都合な点が見つかったりして、納品後に修正依頼を受ける場合もあります。

クラウドソーシングで仕事を探す

ブログ代行会社は専属ライターを常時募集しているとは限りませんが、仕事を探す方法は他にも考えられます。仕事をしたい人と依頼主をインターネット上でマッチングするクラウドソーシングも、ブログ代行の仕事が見つかりやすいサイトの1つです。クラウドワークスランサーズに代表される総合型のクラウドソーシングサイトと、サグーワークスShinobiライティングのようなライティング特化型のサイトがあります。

中でもブログ代行の案件が豊富なのは、ユーザー数や仕事発注数で国内最大級の規模を誇るクラウドワークスです。この記事を書いた時点では、「オウンドメディア・ブログ記事作成」のカテゴリに300件以上の仕事が掲載されていました。

1,000件以上が掲載されている「記事・Webコンテンツ作成」のカテゴリにも、ブログ記事作成代行の仕事が多く含まれます(いずれも募集終了の案件を除いた実数)。「ホームページ制作・Webデザイン」のカテゴリ内にある「WordPress制作・導入」にも、ブログ代行の仕事が募集されている状況です。クラウドワークスよりは案件数が少なめですが、ランサーズの「記事作成・ブログ記事・体験談」カテゴリにも合わせて500件以上の仕事が掲載されています。

在宅ワークのイメージ

固定報酬制のプロジェクト方式で募集されている案件は、応募者の中から依頼主が選んだライターに仕事が正式依頼される仕組みです。選考の際にはテストライティングの結果だけでなく、これまでの仕事実績も重視されます。

タスク方式ならクライアントとのやり取りなしですぐに仕事が始められますが、数少ない高単価の案件は早い者勝ちです。ライティング特化型のクラウドソーシングサイトにはそうした区別がなく、すべてタスク方式で仕事が募集されています。

クラウドソーシングは稼げない?時給換算で効率的に稼ぐコツを解説
クラウドソーシングは在宅で収入が得られる副業として主婦や会社員に人気を集めていますが、初心者向けの案件は単価が低く「稼げない」という声も少なくありません。実際のところはどうなのか、時給換算で効率よく稼ぐコツと合わせて解説します。

自分で仕事を募集

ブログ代行の仕事を始める3つ目の方法は、代行会社やクラウドソーシングに頼らず自分で仕事を募集するというスタイルです。自身のブログやSNSを通じてライター実績をアピールすれば企業担当者の目に留まり、ブログ代行の仕事を依頼してもらえる可能性も出てきます。

とは言え個人のブログやSNSではよほどの有名人でもない限り、発信力に限界があるのが普通です。スキル販売サイトのココナラは仕事を依頼したい個人だけでなく、ブログ作業の外注を検討している企業にも多く利用されています。無名の個人が開設したブログやSNSと比べ、登録ユーザー数200万人超のココナラは集客力が桁違いです。ココナラにブログ代行のサービスを出品しておけば、個人で集客するより依頼を獲得しやすくなります。

募集のイメージ

ココナラは個人対個人の取引が中心でフリーマーケットのようなサイトだけに、個人でビジネス目的にブログを運営している人からの依頼も期待できます。クラウドソーシングとは逆のパターンで依頼主とやり取りすることになりますが、仕事内容や報酬の金額などを決める際には自分に主導権が与えられます。依頼主の希望に沿って柔軟に対応する場面もあり得るとは言え、やりたくない仕事を無理に引き受ける必要はありません。

ココナラ以外ではSKIMA(スキマ)スキルクラウドタイムチケットといったサイトにも、個人でブログ代行のサービスを出品している人がいます。ココナラと比べて集客力は落ちますが、ライバルが少ないという点では逆に狙い目です。

スキルクラウドは初心者でも稼ぎやすい?ココナラとの違いを解説
副業の手段としても利用されているスキルクラウドはスキルシェアサービスの中でも知名度が低めですが、ライバルが少ないため初心者でも稼ぎやすいと言われています。そんなスキルクラウドの仕組みや登録方法について、ココナラとの違いも含めて解説します。

ブログ代行のバイトでどれだけ稼げる?

ブログ代行会社にライターとして採用された場合でも、アルバイトとして雇用契約を結んで働くケースはそれほど多くありません。求人の多くは業務委託の形で募集されていて、1文字あたりいくらという形で報酬が支払われる完全出来高制です。前述の記事作成代行ドットコムを例に挙げると、報酬の単価は1文字あたり0.5円~2円となっています。

ブログ代行の案件によって文字単価が違ってくるという点では、クラウドワークスランサーズでも変わりありません。クラウドワークスの「オウンドメディア・ブログ記事作成」カテゴリに掲載されている案件を見ると、文字単価は0.1円以下から3.0円までかなりの幅が見られます。

企画からWordPress投稿までの全工程が仕事内容に含まれる案件や、専門性の高いジャンルの記事作成は文字単価が全般に高めです。専門知識がなくても書ける初心者向けの案件は単価が低く、1文字あたり0.5円以下の案件が半数以上を占めています。

時計と1万円札

1記事あたりの文字数も案件によってさまざまで、数百文字程度の案件もあれば5,000文字以上の案件もあるという状況です。仮に文字単価1.0円で2,000文字の記事作成案件を受注したとすると、1記事の報酬は2,000円ということになります。

募集の大半を占めるプロジェクト方式の場合は、複数の記事をまとめて受注するのが一般的です。文字単価1.0円で1本2,000円の記事を50本まとめて受注した場合、合計で10万円稼げる計算となります。

クラウドワークスやランサーズには報酬の仮払い制度があって、運営会社が報酬のやり取りを仲介してくれるので安心です。報酬の未払いを防ぐための仕組みとして考え出された制度ですが、その代わり5%~20%(契約金額によって変動)のシステム利用手数料が報酬から引かれます。

ココナラなどを通じて個人で仕事を募集する場合は、自分で自由に価格設定することが可能です。最大20万円(オプション設定しだいでは70万円まで可)に設定することも可能ですが、料金が高すぎては依頼主が現れません。以上のような報酬相場を踏まえた上で、適正な価格に設定する必要があります。

ブログ代行のメリット

どのような仕事にもメリットがあれば、デメリットもあるのが普通です。ブログ代行の仕事を副業の手段に選んだ場合には、良い面と悪い面の両方があります。筆者もブログ代行の仕事をする中で、さまざまなメリットを実感してきました。まずはそうした魅力の部分から紹介していきます。

ブログ代行はパソコン1つあれば始められる仕事で、他に用意するものと言えばインターネット回線ぐらいしかありません。場所を選ばずに仕事ができるため、在宅でも収入を得ることが可能です。子育てや介護などの事情があって外に働きに出られない人でも、ブログ代行の仕事なら自宅で完結します。

メリット

スキルや知識に合わせて仕事を選べるという点も、案件数が豊富なブログ代行ならではのメリットです。専門知識を生かせる高単価の案件もあれば、ライター未経験でも受注が可能なお手軽案件も数多く募集されています。

報酬の金額は1文字あたり何円というふうに決まっているため、同じレベルの仕事でも短時間でこなせば時給換算で効率的に稼げるようになります。高単価の案件を多く受注できるようになれば、副業レベルでも月に10万円以上の高収入を稼ぐことが可能です。

代行の仕事を通じてブログ記事の書き方を覚えられるため、自分でブログを立ち上げて広告収入を稼ぐ道も開けてきます。ブログを収益化するのはなかなか難しい面もあるせいか、まったく予備知識がない状態で始めたのでは失敗するのが普通です。ブログ代行の仕事でSEOライティングやWordPressの使い方を身につけていれば、未経験で始めるよりも成功の確率が高くなります。

ブログ代行のデメリット

ブログ代行の仕事には以上のような多くのメリットがある一方で、以下のようなデメリットも経験を通じて学びました。

ブログ代行の募集でよくある記事作成の仕事は、プロのライターが仕事を請け負う場合の文字単価より報酬が全般に低めです。フリーライターの中には「文字単価が3円以下の仕事は断る」という人も存在するくらいで、1文字あたりの報酬単価は5円から10円が平均的な相場とされています。有名なライターだと文字単価20円という例も見られますが、ブログ代行の仕事でこれほど高単価の案件はほとんど見かけません。

前述の通りブログ代行の記事作成は文字単価0.5円から3.0円程度の仕事が多く、新聞・雑誌に寄稿したり本を出版したりしているライターの報酬相場よりかなり低い水準です。特にクラウドソーシングで多い初心者向けの案件は文字単価0.5円以下という例が多く、0.1円にも満たない激安の案件も珍しくありません。これだけ単価が低いとタイピングがよほど速い人でもない限り、時給換算では最低賃金に満たない金額しか稼げない結果となってしまいます。

たくさんの硬貨

クラウドソーシングのプロジェクト方式は案件が豊富な一方で、クライアントとのやり取りも必要です。納品した後で何度も修正を依頼してきたり、無理な要求をしてきたりする依頼主に当たる可能性もあります。クラウドワークスやランサーズではクライアントの評価も公開されていますので、悪い評価がないかどうか確認した上で応募することをおすすめします。

ブログ代行の仕事でもライターとしてのスキルを上げていけば、高単価の案件で高収入を稼ぐことは可能です。ただし記事の著作権は依頼主に譲り渡すことになるため、代行の仕事ばかり続けていても自分自身の資産にはなりません。

収益性を生み出すような価値ある記事を書けるようになったとしても、その収益は依頼主のものです。1文字あたりいくらという形で支払われる報酬は、将来的に生み出される収益のごく一部を前払いした金額に過ぎません。自分でブログを立ち上げれば書いた記事がすべて自分の資産となり、さまざまなビジネスに活用できるようになります。

コンテンツ販売で稼ぐ副業とは?16種類のデジタルコンテンツを解説
コンテンツ販売は副業として定着しつつありますが、対象となるデジタルコンテンツにも多くの種類があります。16種類のデジタルコンテンツに分けて基礎知識を解説します。

ブログ代行で稼ぐコツ

経験の浅いライターの立場に立ってみると、ブログ代行の仕事で最大のデメリットは「効率的に稼げない」という点です。その理由も明らかで、初心者向けの案件は文字単価が低すぎるという点に尽きます。

筆者もクラウドソーシングでブログ代行の仕事を始めた当初は、1文字あたり0.5円以下の案件しか受注できなかったものです。募集されている案件の中に得意分野を扱う記事が少なかったため、かなりの時間を費やして情報を調べる必要もありました。

2,000文字で1,000円の記事を書くのに何時間も費やしてしまっては、時給換算で数百円しか稼げない結果となってしまいます。都道府県ごとに設定されている最低賃金が1,000円前後まで上がってきている現状を考えると、この程度の記事なら1時間で書かなければ割に合いません。

時計とお金

そうした逆風の中で効率的に稼ぐには、いかにして時間を短縮するかが鍵となってきます。作業を効率化するために記事の品質を落としてしまっては低評価につながり、次回以降の受注に悪影響が及びかねません。納品の品質を落とさずに作業時間を短縮するには、仕事の選び方も重要になってきます。

筆者は募集が多いジャンルの案件を何度も取り上げ、その分野に詳しくなることで情報を調べる時間を短縮してきました。ブログ代行で需要のあるジャンルを得意分野にしておけば、文字単価の条件が変わらなくても効率的に稼げるようになります。仕事の実績を積み重ねることで価格交渉もしやすくなり、単価アップを勝ち取れることも可能です。

ココナラのようなサイトを利用して自分でブログ代行の仕事を募集する際にも、ライターとしての実績が物を言います。初心者のうちは低価格路線でライバルに対抗していく必要もありますが、受注実績を積み重ねていけば高めの価格設定でも依頼を獲得できるはずです。

ココナラで売れない人の特徴とは?スキル販売の副業で稼ぐコツを解説
国内最大のスキル販売サイト「ココナラ」を副業の手段に利用する人が増えていますが、サービスを出品してもなかなか売れず「稼げない」という声も聞かれます。そこでココナラを利用したスキル販売で売れない人の特徴と、稼ぐための方法論をまとめてみました。

ブログ代行の副業まとめ

ブログ代行のイメージ

企業や店舗からの依頼が多いブログ代行は、パソコン1つあれば未経験の人でも在宅で稼げる仕事です。仕事を獲得するには代行会社のライターとして採用される方法に加え、クラウドソーシングで仕事を探す方法と、自分で仕事を募集する方法の3パターンがあります。

ブログ代行ライターの多くが利用するクラウドソーシングは案件が豊富な反面、文字単価の低い案件が多いところがデメリットです。ココナラのようなサイトを利用して自分でブログ代行の仕事を募集する方法なら、得意分野に絞った仕事内容で文字単価も自分で自由に設定できます。

自分に合ったやり方でブログ代行の経験を積んでいけば、自分でブログを運営するためのスキルが身につきます。初心者のうちはなかなか効率的に稼げないのが普通ですが、ブログ代行は将来的に高収入を稼げる可能性を秘めた仕事です。スキルアップの目的で副業を始めたいという人にも、ブログ代行は有力な選択肢の1つとなり得ます。

SNS運用代行のバイトとは?個人でも在宅で稼げる副業を解説
インスタグラムやTwitterへの投稿と返信を中心としたSNS運用代行は、個人でも在宅の副業にすることが可能です。SNS運用代行の副業を始める方法と、報酬の相場について解説します。
タイトルとURLをコピーしました