仕事に疲れたと感じる5つの原因とは?心が楽になる対処方法を解説

学び

毎日会社に通って仕事を続けていると、疲れがなかなか抜けなくなって仕事をするのがつらいと感じることがあります。仕事に疲れたと思っても会社に雇われている身では勝手に休むことができず、ついつい無理をしてしまいがちです。

そんな状態が長く続くと体を壊したり心の病になったりして、いずれは働けなくなってしまう可能性があります。そうなる前に疲れを感じた時点で有効な手を打っていれば、大事にならないで済みます。

働き方を変えたり職場環境を工夫したりして仕事の疲れに対処していくには、「疲れた」と感じてしまう原因を突き止めることが大切です。自分ではなかなか気づきにくい疲れの原因を大きく5つに分け、それぞれの対処方法と合わせて解説します。この記事を読めば、日頃から悩まされている疲れの正体が理解できるようになります。

仕事に疲れたと感じる5つの原因

1日の仕事を終えた後で「疲れた」と感じるのは誰でもあることで、一晩眠れば翌朝には疲れが取れて心身がリフレッシュされるのが普通です。朝になっても前日の疲れが残っているとすれば疲労が蓄積されている証拠ですので、この状態から抜け出すには原因の解明が欠かせません。

生活習慣の乱れが原因となって仕事の疲れが抜けないという不摂生な人も少なくありませんが、仕事そのものが疲れたと感じるの原因となっているケースにもいろいろなパターンが考えられます。中でも仕事に疲れやすくなる代表的な原因は、以下に紹介する5つのケースです。

  1. 長時間のデスクワークによる物理的な疲れ
  2. 働く時間が長すぎる
  3. 職場の人間関係など精神的ストレス
  4. 仕事内容や会社に対する不満
  5. 会社や仕事が自分に向いていない

長時間のデスクワークによる物理的な疲れ

オフィスで働く仕事は肉体労働を伴う仕事より疲れにくいように思われがちですが、実際は長時間のデスクワークも体に大きな負担がかかる仕事です。パソコンや携帯端末などの電子機器を使う仕事は眼精疲労を招きやすく、目の疲れが精神的なストレスの原因にもなります。

長時間同じ姿勢を続けていると肩や腰付近の筋肉で血行が悪くなり、疲労物質がたまってしまうのもデスクワークで疲れたと感じやすい原因の1つです。長時間のデスクワークで筋肉に疲労物質がたまった状態は、激しい肉体労働で筋肉疲労に陥った状態にも匹敵します。

働く時間が長すぎる

仕事に疲れる原因で最もわかりやすいのは、長時間の残業が常態化しているオーバーワークのケースです。仕事の疲れは労働時間に比例して増える傾向が見られるため、単純計算では長時間働けば働くほどほど疲労回復にも時間を要します。

残業が長引くと帰宅も遅くなるため睡眠時間が短くなりがちで、仕事の疲れがその日のうちに回復できません。休日に1日体を休めれば疲労が回復できる人でも、休日出勤が続けば回復できないまま体に蓄積されてしまいます。

職場の人間関係など精神的ストレス

肉体労働やデスクワークで疲れたと感じるのは身体的な疲労の代表的な例ですが、仕事の疲れには精神的な疲労も含まれます。職場の人間関係が悪く精神的なストレスを受けたり、接客業でクレーム客の対応に当たったりしていると、どうしても精神的に疲れやすくなってしまうのです。

仕事で自分の力量以上の成果を出そうとする人や理想が高すぎる人も、仕事がうまくいかない場合に精神的なストレスから疲れを感じやすくなります。そのような性格の人は上司や同僚とも衝突しやすく、自分自身が上司になった場合は部下に不満を抱きがちです。職場の人間関係に大きなエネルギーを消耗してしまうと仕事そのものに費やすエネルギーが少なくなり、ガス欠のような状態に陥って疲れを感じやすくなります。

仕事内容や会社に対する不満

労働時間や職場の人間関係に問題がない場合でも、仕事そのものがつまらなかったり意義を見いだせなかったりすると精神的に疲れやすくなります。仕事にやりがいを感じられれば時間が経つのも短く感じるものですが、いやな仕事や退屈な仕事だと働く時間が長く感じられてしまうものです。そういう仕事はたとえ定時で上がれたとしても、体感的には長時間残業したの変わらないほど精神的に疲れてしまいます。

モチベーションが上がらない仕事を嫌々こなしていると疲れやすいのは、仕事に対する不満が精神的ストレスとなって脳を疲労させているのが原因です。同じことは給料や待遇・職場環境など、会社に不満がある場合にも当てはまります。自分の仕事ぶりが正当に評価されていないと感じている人や、会社の将来に不安を抱きながら働いている人も仕事で疲れやすいものです。

会社や仕事が自分に向いていない

精神的ストレスが仕事の疲れの原因となっている人の中には、そもそも自分に向かない仕事を選んでいるというケースも少なくありません。同じ仕事にやりがいを感じられる人もいればつまらない仕事だと感じる人もいるように、仕事に対する受け止め方は人それぞれです。

体力がないのに肉体労働を伴う仕事をしている人は体力のある人より身体的疲労を感じやすくなりますが、同じことは精神的疲労にも当てはまります。他人とのコミュニケーションが苦手な人が営業の仕事をしているケースや、口下手の人が接客の仕事をしているようなケースが代表的なミスマッチの例です。自分に不向きな仕事を人並みにできるようになるには多くの努力が必要なため、同じ仕事が得意な人より余計に疲れやすくなってしまいます。

仕事に疲れたときの対処方法

疲れる原因がわからないうちは、対処しようにも対処のしようがありません。仕事に疲れたと感じてしまう原因が姿勢の悪さから来る身体の物理的な歪みにある場合と、職場の人間関係に問題があるために精神的ストレスが溜まっている場合では、対処方法も違ってくるのです。まずは自分自身の仕事ぶりを他人の目でチェックし、何が疲れを引き起こしているのか分析してみることをおすすめします。

記事の前半で解説した5つの原因にはそれぞれ対処方法が考えられますので、以下に原因別の処方箋をまとめてみました。どれか1つを試してみても疲れがなかなか抜けないという場合は、2つ以上の原因が複雑に絡み合っている可能性もあります。

物理的な疲れを軽くする方法

長時間のデスクワークが原因で仕事に疲れたと感じやすい人の中は、座る姿勢が悪いために首や肩などの筋肉に負担がかかっている例も少なくありません。背筋を伸ばして椅子に深く座り、パソコンのディスプレイから目を40cm以上離すように心がければ姿勢が正しくなります。同じ姿勢を長時間続けていると筋肉の血行が滞って疲労につながりますので、1時間ごとに軽くストレッチをして筋肉の血行を促してやるのが疲れにくくするコツです。

デスクワークで疲れるのは長時間の作業で目や脳が酷使され、神経疲労を起こしているのも原因の1つです。パソコン作業を何時間も続けていると余計に疲れやすくなりますので、神経疲労をためないようにする工夫が欠かせません。1時間ごとに5分程度の小休止をはさんだ方が結果的に仕事の能率が上がり、神経も疲れにくくなるのです。

長期休暇を取得する

身体的な疲労であればたいていは体を休めることで回復できるものですが、仕事で心まで疲れてしまっている人は通常の休日程度ではなかなか回復できません。仕事をする気が起きないほど心が疲れたと感じたら、思い切って長期休暇を取ってみるのがおすすめの対処方法です。

仕事からしばらく離れて旅行をしたり家族と過ごしたりして心がリフレッシュされれば、もう一度仕事でがんばってみようという元気が出てきます。仕事が忙しくてなかなか休めない人には難しい対処方法ですが、休暇を取ることは長時間の時間外労働で疲れている人に最も効果的な改善策です。

趣味や運動でストレスを発散

仕事内容や会社に対する不満が原因で疲れている人は、不満から来る精神的ストレスをどう解消させるかが疲労回復の鍵です。どのような仕事にもストレスは付きものとは言え、ストレスが蓄積されると心身の病気リスクが高まります。疲れを感じるのは体がSOSのサインを発している証拠ですので、仕事のストレスはできるだけその日のうちに発散させるのが理想です。

ジョギングやウォーキングをしたりジムで体を動かしたりして適度な運動でストレスを発散させていれば、仕事の不満から来る疲れもたまりにくくなります。精神的ストレスを解消するには休日にごろ寝で過ごすよりも、趣味や運動を楽しむのが効果的です。

人間関係の悩みを吐き出す

職場の人間関係に由来する精神的な疲れも仕事への不満から来る疲れと同じように、運動や趣味の活動でその都度ストレスを発散させていれば回復できます。仕事帰りのサラリーマンが気心の知れた同僚を相手に上司の愚痴を言い合うのも、人間関係から来るストレスを発散させる有効な手段です。

とは言え職場の人間関係で過度のストレスを受けてしまうと、仕事の疲れもなかなか抜けにくくなります。職場に相性の合わない人がいたり上司からパワハラを受けたりしている場合には、社内の信頼できる人や友人に相談してみるのも1つの対処方法です。人間関係の悩みをひとりで抱え込んでいるよりは、誰かに打ち明けて思いを吐き出した方が解決策を見つけやすくなります。

職場の人間関係に疲れた場合の対処方法については、こちらの記事も参考にしてみるといいでしょう。

職場の人間関係に疲れたと感じたら試すべき7つの対処方法とは?
職場の人間関係に「疲れた」と感じたら、それは心がSOSのサインを発している証拠です。職場の同僚や会社に問題がある場合もありますが、人間関係に疲れやすい人には共通の特徴があります。そんな人でも疲れにくくなる7つの対処方法をまとめてみました。

転職して環境を変える

以上に紹介した対処方法を試してみても疲れがなかなか改善されない場合には、仕事そのものが自分に向いていない可能性があります。そういう人は今の仕事を無理に続けるよりも、自分に合った仕事を見つけて転職した方が心も楽になれるものです。自分に向いた仕事ならやりがいを感じやすく、同じ時間働いていても疲れにくくなります。

自分がどの仕事に向いているのかわからないという人は、転職サイトやエージェントで受けられる無料の仕事適性診断を利用してみるといいでしょう。今はインターネットでいくつかの質問に答えるだけで適職が診断できるサイトが多くありますので、転職しようかどうか迷っている人にとっても利用価値があります。

仕事に疲れたと感じる原因と対処方法まとめ

仕事の疲れを解消させるための対処方法として転職の道を選ぶのは、他の方法で解決できない場合の最終手段です。仕事に疲れてしまうのは今の仕事が自分に向いていないからとは限らず、他の原因も考えられます。それぞれの原因ごとに対処方法を試しているうちには、たいていの人なら仕事に疲れにくくなる働き方のコツがわかってくるものです。

とは言え他の理由で転職した人の中にも会社を変えることで働く環境や人間関係がリセットされ、仕事で疲れにくくなったという例は珍しくありません。転職するには大きなエネルギーが必要になってきますので、仕事で疲れ切ってしまわないうちに行動に移すことが大切です。

コメント

  1. […] 仕事に疲れたと感じる5つの原因とは?心が楽になる対処方法を解説仕事に… […]

タイトルとURLをコピーしました