職場の人間関係に疲れたと感じたら試すべき7つの対処方法とは?

学び

会社は毎日長い時間を過ごす場所だけに、職場の人間関係で疲れてしまうと毎朝出社するのも億劫になってしまいます。職場はただ仕事をしていればいいという場所ではなく、上司や部下・同僚との人間関係も強いられる場所です。

他人とのコミュニケーションが苦手な人にとっては、そんな会社で円満な人間関係を築いていくのは簡単ではありません。一見すると職場でうまく立ち回っているように見える人でも、人間関係を維持するために疲れ果てているという例は少なくないものです。

この記事では多くの会社員を悩ませている職場の人間関係について、2つのポイントに絞って解説していきます。

  • 人間関係に疲れやすい人に共通する性格の特徴
  • 人間関係に疲れたら試してみたい7つの対処法

人間関係に疲れてしまう原因さえ理解していれば、疲れないように対策を練ることも可能になってきます。「自分も当てはまりそう」という人は、後半で紹介する対処法を試してみるといいでしょう。

人間関係に疲れやすい人に共通する性格

職場の人間関係に疲れるのは誰にでも起こり得るようでいて、実際には疲れやすい人と疲れにくい人がいます。上司や同僚としょっちゅう衝突しているようなトラブルメーカーの社員ほど人間関係に疲れやすいのかと言えば、必ずしもそうとは限りません。むしろトラブルなど無縁のように見える模範的な社員や、社内でも評判が良い人に限って人間関係に悩んでいる例が少なくないものです。

そういう人には優しすぎるために「イヤ」と言えない性格だったり、他人の目を必要以上に気にしすぎたりするような共通した特徴も見られます。人間関係に疲れやすい性格をしたそれぞれのタイプについて、何が疲れる原因となっているのかという点をまとめてみました。

優しすぎる「いい人」ほど疲れやすい理由

人間関係に疲れやすい人で最も多いタイプは、いわゆる「いい人」だと周囲に思われているような人物です。いい人にもいろいろなタイプがあって、誰にでも愛想よく振る舞う八方美人的ないい人もいれば、気が弱いために他人に対して強く言えないという優しすぎる性格の人もいます。

中には職場の人たちに嫌われたくないばかりに、無理をしていい人を演じているという人も少なくありません。そんな人は本当の自分を表に出せないストレスを常に抱え込むことになるため、自然体で振る舞っている人より人間関係でどうしても疲れやすくなってしまうのです。

職場でも周囲に気を使う人は自分よりも他人を優先しがちで、内心では「こうしたい」と思っていてもついつい我慢してしまいます。頼まれたら「イヤ」と言えない性格の人も自分を犠牲にしてしまう傾向があるため、職場の人間関係では従属的な弱い立場に追い込まれがちです。このような優しすぎる「いい人」は仕事場でも飲み会でも相手のペースに合わせてしまい、絶えず周囲の顔色を窺ってばかりいるために疲れ果ててしまうのです。

他人の評価を気にしすぎる人も要注意

人は誰でも多かれ少なかれ他人の評価が気になるものですが、評価を気にしすぎるのも人間関係に疲れる原因の1つです。周囲の人の目を過剰に気にする人が疲れやすい理由は、大きく2つに分けられます。1つは他人の評価と自己評価にギャップがあって、自己評価よりも他人の評価が低いと感じることによるストレスが原因です。

もう1つは自己評価と他人の評価が一致していながら、周囲の期待に応えようとするあまり無理をしているケースが挙げられます。自分の本当の実力以上に高い評価を得ようとして背伸びを続けていては、人間関係に疲れ果ててしまうのも無理はありません。

会社では仕事ができる人物として高く評価されている人でも、無理をして有能な社員を演じている場合は要注意です。有能な人物や好人物を演じている人は、自分の真の姿が周囲の人に知られてしまうのを絶えず恐れています。そういう人は本当の自分と周囲の評価とのギャップが大きなストレスとなり、知らず知らずのうちに神経をすり減らしてしまっているのです。

人間関係に疲れた人が試すべき7つの対処方法

優しすぎる「いい人」や他人の評価を気にすぎる人でなくても、職場の人間関係には多かれ少なかれストレスが潜んでいるものです。和を乱すような人が職場にいる場合や仕事が忙しすぎて社内の雰囲気が殺気立っている場合など、対人関係で疲れやすくなる職場の条件は他にもいろいろと考えられます。

原因も条件もさまざまな問題を解決に導くのは簡単ではありませんが、自分を少しずつ変えてみることで疲れにくくすることは十分に可能です。試してみる価値のある対処法が数多く考案されていますので、その中から代表的な7つの方法を紹介します。

背伸びするのをやめる

この対処法は誰にでも当てはまるというわけではありませんが、どうしても他人の評価を気にしてしまうという人には特に効果的です。背伸びをすればするほど周囲の期待値は高まり、自分の本当の能力以上の好人物を演じ続けなければならなくなります。背伸びをやめて評価を一度リセットすれば重圧から解放され、他人との関係で疲労状態に陥ることも減っていくものです。

とは言え他人から嫌われたくないばかりに好人物を演じていた人が、背伸びをやめて本当の自分をさらけ出すのは簡単なことではありません。急に態度を変えたのでは、周囲の人たちも戸惑ってしまいます。周囲の反応を見ながらありのままの自分を少しずつ出していき、時間をかけて馴染ませるのが無難なやり方です。

職場で自己主張する

人に何かを頼まれたら「イヤ」と言えないお人好しの人は、自分にできないことでもついつい引き受けてしまいがちです。そういう人は意識して「いい人」を演じているつもりでなくても、無意識のレベルでは仲間外れにされたくないという心理が働いています。

このような人が周囲との関係に消耗しないようにするには、自分を変えてみる勇気も必要です。いつもいつも人の言いなりになるのではなく、できないことやイヤなことははっきり断ることで周囲の見る目も違ってきます。

「イヤ」と言えない性格の持ち主の中には自分に自信がなく、自分の価値を実際より低く評価しているという人も少なくありません。仕事の能力や人柄など、人には1つや2つは何らかの取り柄があるはずです。自分という人間を一度棚卸ししてみた上でそうした美点を伸ばしていくようにすれば、上手に自己主張できるようになります。

イヤな上司や同僚をイジワルな目で分析する

以上のような条件に当てはまらない場合でも、雰囲気を悪くするような人が職場にいるとストレスを受けやすくなってしまいます。職場の中で影響力が大きい上司やベテラン社員がすぐに怒鳴り散らすような人だったり、陰湿な嫌がらせをするような人だったりするようなケースです。同僚や部下の性格に問題があるために精神的ストレスを受ける場合も少なくありません。

職場ではそんな人たちとも毎日顔を合わせなければならないだけに逃げ場がありませんが、自分自身の受け止め方を変えれば心を楽にすることができます。他人にストレスを与えるような人にも、そういう言動に走らざるを得ない何らかの背景があるはずです。イヤな上司や同僚の言動をイジワルな目で分析すれば、理由もわからずにひたすら耐えているよりは気持ちが楽になります。

この対処法は表面的な言動の背後に隠された深層心理に気づくことが鍵となるだけに、ある程度の心理学的な知識も必要です。例えば部下に高圧的な態度で怒鳴り散らすパワハラ上司は一見強そうに見えますが、実際は自分に自信がなく劣等感に悩まされているような人も少なくありません。「弱い犬ほどよく吠える」という言葉の通り、パワハラ上司は威嚇することで相手に対する本能的な恐怖心を覆い隠そうとしているのだと理解していれば、弱い立場にある部下でも心がだいぶ楽になるものです。

人間関係を大きく2つに仕分けする

イヤな上司や同僚を冷静な目で分析したところで、相手の言動そのものが変わることはありません。ここは自分の力で変えられることと変えられないことがあると割り切って、職場の人たちとの関係を整理してみるのも効果的な対処法です。

同じように働いていても仕事で疲れやすいという人は、職場の中で誰に対しても同じような態度で接している可能性があります。他人に嫌われたくない思いが強すぎるために、イヤな上司や同僚に対しても好感を持っている相手と同じように接しているとしたら要注意です。

そんな人は職場の人間関係を大きく2つに仕分けし、好かれたい人とそうでない人で接し方を変えてみれば心の負担が軽くなります。仕事の都合でどうしても関わらなければならない相手と距離を置くのは難しいですが、必要最低限の業務連絡以外は口をきかないようにすれば、ストレスを減らすことも十分に可能です。イヤな相手にはどう思われてもいいと考えて割り切り、好感を持つ相手にだけ気を遣うように心がけるだけでも疲れ方がだいぶ違ってきます。

ポジティブな感情を表に出す

他人との関係で悩んでいる人の中にはもともと人付き合いが苦手で、職場でも表情や態度が暗くなりがちだという人は少なくないものです。そんな人は周囲の人に対して意識的に明るい言葉をかけるように心がけることで、人間関係も改善される可能性が出てきます。

何かとネガティブな感情が表に出てしまうという人は、自分で意識しなくても知らず知らずのうちに職場の雰囲気を悪くしているものです。そういう人は仕事でミスをしたりトラブルに巻き込まれたりしても周囲の人にフォローしてもらえず、職場の中で孤独感に悩まされることになります。

そんな負のスパイラルから脱するには、自分から進んでポジティブな感情を表に出してみるのが効果的です。先の対処法とは矛盾しますが、イヤな上司や同僚に対しても積極的に挨拶をして意識的に明るい態度で接していれば相手が態度を改め、思ったほど悪い人ではなかったと気づく場合もあります。

一人の時間を作って心をリフレッシュさせる

もともと人付き合いが得意でないという人は社交的な性格の人と比べて、どうしても人間関係で疲れやすくなります。そういう人は他人と一緒にいるだけで必要以上に気を遣ったり、相手を意識しすぎたりして神経を余分に消耗しがちです。人付き合いが苦手でなくても気を遣う人や意見の合わない相手が職場にいる場合はストレスを感じるのが普通で、適度にストレスを発散させていないと疲れが溜まってしまいます。

仕事でストレスを感じることは誰にでも起こり得ますが、受けたストレスはできるだけその日のうちに発散させるのが疲れないコツです。お酒を飲んだりカラオケで歌ったりするようなストレス解消法だけでなく、時には一人で過ごす時間も大切にする必要があります。

休日は職場の人と会わずに済む貴重な一日だけに、上司や同僚から離れて一人の時間を作るチャンスです。知っている人のいない土地へ小旅行に出かけたり趣味に打ち込んだりして自由に過ごす時間を設けていれば、エネルギーを失っていた心がリフレッシュされて新たな活力がよみがえります。

それでも解決できない場合は職場を変えてみる

以上に紹介した6つの対処法を試してみても疲れが解消されないという場合は、職場の人たちとの関係に解決困難な問題がある証拠です。会社組織そのものに問題があって職場の空気が悪くなっているような場合には、自分だけでなく他の社員も同じようなストレスで消耗している可能性があります。

自分一人の努力ではどうにもならないと判断されるようなら、最後の手段として環境を変えるしかありません。職場を変えたところで転職先の選び方を間違えるとまた同じ悩みを抱えることになりませんが、熟慮の末に決めた転職先なら現状を打破できる確率も高いものです。

職場の人間関係を転職のきっかけに挙げている人の割合は、エン・ジャパンの調査で50%以上にも達します。今は無料で利用できる転職サイトや転職エージェントが充実しているだけに、転職することで悩みから解放されようとしている人が増えているのです。

まとめ

人間関係の悩みを転職で解決するのは最終手段としても、他の6つの対処法は試してみる価値があります。(1)から(6)までの対処法を試してみたら心が楽になり、仕事にも集中できるようになったという人は少なくありません。

そういった努力にも関わらず心が疲労困憊した状態から抜け出せないという人は、転職して環境を変えることが一番手っ取り早い解決策となります。この場合でも問題の原因が自分自身にあるとしたら、転職先の職場でまた同じ状態に陥る可能性が大です。職場の人との関係に疲れを感じたらその原因がどこにあるのか、自分自身を含めて冷静な目で分析しながら慎重に見極める必要があります。

タイトルとURLをコピーしました