家事代行で稼げない人必見!稼げる人と差が出る理由を解説

家事代行で稼げない人必見!稼げる人と差が出る理由を解説副業

テレビの情報番組でカリスマ家政婦が紹介されたりして、「家事代行の仕事は稼げる!」というイメージを持っている人も多いかと思います。自分も後に続こうとして家事代行の仕事を始める人が増えていますが、「思ったより稼げない」という声も少なくありません。

稼げる人と稼げない人の間で、収入に結構な差が出てくるのが家事代行という仕事の特徴です。稼いでいる人の真似をすれば、稼げない状態から脱出できるということになります。

当ブログではこれまでに料理や掃除など家事に関する副業を数多く取り上げてきた中で、稼げない人に共通する特徴がわかってきました。家事代行の仕事にも同じ法則が当てはまりますので、稼げるようになる方法を伝授したいと思います。

家事代行の仕事で稼げないことに悩んでいる人はもちろん、これから始めようという人もこの記事で紹介する「稼ぐコツ」は役に立つはずです。

スポンサーリンク

家事代行は(本来)稼げる仕事

封筒に入ったお金とボールペンと電卓

家事代行の仕事について解説した記事を読むと、「普通にアルバイトの仕事をするよりも効率的に稼げる」「時給2,000円以上稼ぐことも可能!」などと紹介されています。「思ったより稼げない」という声があるのは事実ですが、「家事代行は稼げる」という情報がまったく誤っているというわけではありません。以下に紹介するデータの数字を見れば、家事代行が本来は「稼げる仕事」だということがわかります。

家事代行で稼げる収入の目安

求人ボックスの統計によると、家事代行の仕事の平均年収は正社員で554万円です。他の業種を含めた正社員全体の平均年収は500万円ほどと推定されますので、家事代行は高めの水準と言えます。同じく家事代行の派遣社員は平均時給が1,237円で、アルバイトやパートの平均時給は1,099円です。

以上のような数字は全国平均の話で、平均時給には地域差も見られます。タウンワークの統計によると、家事代行の平均時給で最も高い東京都は1,339円ですが、最も低い県は862円です。

Indeedの統計による家事・清掃代行スタッフ全体の平均給与は年収ベースで約366万円、時給に換算すると1,286円となっています。会社員全体の平均年収は400万円を超えていますので、それよりは低めの水準です。

家事代行のスタッフは正社員の割合が低く、パートやアルバイトなど非正規雇用の割合が多いと見られます。正社員の割合が多い業種は平均年収も高めの数字が出やすいため、家事代行と単純比較はできません。

スポンサーリンク

働き方の違いによる影響

後述するように、家事代行の仕事を副業にするには「雇用型」と「マッチング型」という2通りの方法があります。少なくとも雇用型の家事代行スタッフに関しては、時給換算で他のアルバイトやパートの仕事並みには稼げるはずです。

マッチング型を選んだ場合は個人事業主として働くことになるため、稼げる人と稼げない人で収入にどうしても差が出てきます。副業だと月の収入は5万円前後という例が多いですが、うまく回れば月に10万円以上稼ぐことも可能です。家事代行マッチングサイトを利用してフルタイムで働きながら、月に数十万円を稼ぐ人もいます。

家事代行の働き方は2パターン

掃除をする女性

家事代行の仕事で稼げない人がいる理由について解説する前に、2つの働き方の違いについて触れておきましょう。家事代行の仕事をするには、大きく分けて2通りの方法が考えられます。家事代行会社のスタッフとして働く「雇用型」の働き方と、個人事業主として仕事を請け負う「マッチング型」の働き方です。

雇用型の家事代行

雇用型の家事代行スタッフには、正社員やパート・アルバイト・派遣社員などさまざまな雇用形態があります。便宜上「雇用型」という名称にしましたが、必ずしも雇用契約を結んで働く形態ばかりではありません。業務委託契約を結んで仕事を紹介してもらえる働き方も、家事代行会社から報酬が支払われる場合は「雇用型」に分類しました。

どの雇用形態でもお客さんは家事代行会社から派遣されたスタッフとして自宅に招き入れ、料理や掃除などの家事を代行してもらうことになります。料金も家事代行会社に支払われ、会社側からスタッフに給料や報酬が支給される仕組みです。給料・報酬の金額は会社側に決定権があるため、どの会社に採用されるかによって稼げる度合いが違ってくる場合も出てきます。

マッチング型の家事代行

家事代行のもう1つの働き方「マッチング型」は、依頼客と個人契約を結んでサービスを提供するスタイルです。こちらは1人1人が個人事業主の立場で、雇用型より独立性が高い働き方と言えます。

ホームページを作ったりSNSを活用したりして自分で集客することも可能ですが、個人の立場で依頼を獲得するのは困難です。家事代行を依頼したい人と仕事をしたい人とを仲介するマッチングサイトを利用すれば、依頼を獲得しやすくなります。家事代行の仕事をするのにこうしたマッチングサイトを利用する人が増えていることから、「マッチング型」と呼ばれているわけです。

マッチングサイトは個人同士の契約を仲介する立場で、料金のやり取りもサイトが間に入って決済を代行してくれます。お客さんが支払った料金から一定の手数料を引いて、残りの金額が自分の収入になる仕組みです。

雇用型の家事代行スタッフと違って、マッチング型は自分で料金を決められるケースが多くなっています。料金設定が高すぎては依頼してくれる人もいなくなりますが、自分に金額の決定権があるという点では雇用型より有利な働き方です。

家事代行の仕事で稼げない理由

座り込んで顔を覆うエプロン姿の女性

他の仕事より稼げるはずの家事代行で、稼げない人が出てしまうのはどうしてなのでしょうか?

稼げる人と稼げない人の差は雇用型で比較的小さく、マッチング型は比較的大きいとも推定されます。雇用型は家事代行会社によって時給がある程度決められているため、収入の個人差が出にくいからです。指名制度や昇給制度をうまく利用すれば、雇用型でも収入を増やせるようになります。

マッチング型は1人1人が個人事業主の立場で集客することになるため、雇用型より収入の個人差が出やすくなるのは当然です。集客の上手な人ほど多くの仕事に恵まれ、収入をどんどん増やしていっています。

とは言え、ライバルが多い中で新規顧客を獲得していくのはなかなか大変です。同じお客さんに繰り返し利用してもらった方が、安定して稼ぎやすくなります。リピート客をどれだけ確保できるかが、マッチング型で稼ぐ上での重要なポイントです。

家事代行に不向きな人

家事代行の仕事でなかなか稼げないという人の場合、そもそもこの仕事に向いていなかったという点も理由の1つとして考えられます。そんな人でも家事代行を仕事に選んだくらいですので、家事そのものは得意なはずです。家事のスキル以外の部分でこの仕事に不向きな面があるために、結果として稼げない状態に陥っているものと推察されます。

後述する「家事代行に向いている人」の特徴とは逆に、接客の仕事が苦手な人は苦労する可能性があります。家事代行は時間との勝負になりますので、作業にはどれだけ時間をかけてもいいというわけではありません。家事へのこだわりが強すぎるあまり必要以上に時間がかかってしまう人も、代行の仕事には不向きです。

家事代行に向いている人

家事代行に向いている人の特徴として「家事が得意なこと」はよく挙げられますが、これは必要最低限の条件に過ぎません。家事代行を仕事にしているほどの人は、ほぼ全員「家事が得意」な人たちです。その中で稼げる人と稼げない人の差が出てくるのは、家事のスキル以外にもこの仕事に必要な条件があるからだと考えられます。

もちろん家事のスキルが高い人ほど有利なのは確かですが、この仕事はただ黙々と家事だけをやっていればいいというわけではありません。依頼客の自宅を訪問する際の挨拶や受け答えなど、ある程度の接客スキルも求められる仕事です。性格が明るくてはきはきしていて、初対面の人とも気後れせずに会話できる人は家事代行に向いています。

自分の家で掃除や調理を行うのと違って、厳しい時間制限があるという点も家事代行の難しいところです。2時間や3時間といった限られた時間内で、指定された家事をすべてこなさなければなりません。作業の正確さ・丁寧さとスピードを兼ね備えた仕事ぶりが求められるため、時間管理が得意な人も家事代行に向いています。

家事代行の仕事で稼ぐコツ

老夫婦に料理を運ぶ女性

家事代行の仕事に不向きなわけではないのに稼げないとしたら、働き方や集客方法に何らかの問題がある可能性もあります。問題点を特定して改善すれば、稼げない状態から脱することも可能なはずです。実際に稼いでいる人も大勢いる仕事ですので、稼ぐのが上手な人の真似をすれば現状打破につながります。

家事代行の仕事で収入を増やそうとする場合、改善すべきポイントは以下の通りです。

  • 自分に合った働き方を選ぶ
  • 条件の良い家事代行会社を選ぶ
  • 利用客の多いマッチングサイトに登録する
  • 移動時間を短くする
  • リピート客を増やす
  • 家事代行に役立つ資格を取得する

それぞれ詳しく解説します。

自分に合った働き方を選ぶ

先に解説した通り、家事代行には「雇用型」と「マッチング型」という2つの働き方があります。雇用型は家事代行会社への依存度が高く、どちらかと言うと「与えられた仕事をこなす」というような働き方です。

マッチング型の働き方を選んだ場合、集客に活用するマッチングサイトは依頼客との間を仲介する存在に過ぎません。仕事の契約は依頼客と個人対個人で結ぶことになりますので、仕事を獲得するのはある程度の集客スキルも必要です。

家事代行の仕事を始めてもなかなか稼げないという場合、以上のような働き方が自分に合っていない可能性もあります。与えられた仕事をこなすのが向いている性格の持ち主は雇用型に、自分で仕事を取ってくるのが性に合っているという人はマッチング型に、それぞれ変えてみるといいでしょう。

稼げる家事代行会社を選ぶ

特に雇用型で家事代行の仕事をする場合、代行会社の選び方によっても稼げる度合いが大きく左右されてきます。スタッフの時給を平均相場より高く設定している家事代行会社もあれば、最低賃金レベルに設定している会社もあるという具合です。

家事代行業界には中小企業も少なくないだけに、代行会社の間でもスタッフの時給にはかなりの差が見られます。地方では給与水準が低めの代行会社しか求人が見つからない場合もありますが、東京や首都圏などの都市部は求人が多く選択肢も豊富です。

前述のIndeedによる統計では、家事代行スタッフの平均時給は1,286円でした。当ブログで独自に調査した中で、スタート時の時給がこれを上回る主な家事代行会社は以下の通りです。

CaSyには準社員と業務委託という2種類の就業形態があって、準社員は時給1,300円からのスタート、業務委託は1,500円からのスタートです。各種保険や福利厚生の対象となる準社員は1都3県の首都圏が対象エリアで、現在は掃除代行のスタッフのみ募集されています。業務委託は首都圏の他に大阪府・京都府・兵庫県・愛知県が提供エリアに含まれ、掃除代行と料理代行の両方で求人を募集中です。

東京都心の12区を対象エリアとするSWIPPは、時給1,600円という高報酬を打ち出しています。首都圏を対象エリアとするマエストロサービスは、時給1,300円~1,400円からのスタートです。

同じく首都圏でサービスを展開するミニメイド・サービスの場合、働き方によって時給が変わってきます。1日のうちに午前と午後のいずれか1件だけ働く場合は時給1,400円からのスタートですが、午前と午後の両方で合計2件働ける人は時給1,600円からのスタートです。

利用客の多いマッチングサイトに登録する

雇用型でも条件の良い家事代行会社を選べば効率的に稼げますが、マッチングサイトに登録すればさらに高時給で稼ぐことも可能です。基本的には個人間の取引を仲介しているだけの存在ですので、家事代行会社よりは中間マージンが低く抑えられています。

家事代行会社の場合、スタッフの給料(報酬)は利用客が支払う料金の半分以下という例も珍しくありません。マッチングサイトを利用する場合は、料金を自分で設定でするという例が多くなっています。サイトによって割合は異なりますが、売上から引かれる仲介手数料は20%前後です。

マッチング型は雇用型より自分の取り分が増える代わりに、まったく稼げない結果に終わる可能性もあります。利用客に選んでもらえない限りは、仕事を獲得できないからです。

サイト自体の利用客が少ないと、仕事を獲得できる確率はどうしても低くなってしまいます。ある程度の知名度があって、利用ユーザー数が多い家事代行のマッチングサイトは以下の通りです。

タスカジとキッズラインはともに登録ユーザー数が10万人を上回り、家事代行の分野では知られた存在です。くらしのマーケットも「家事代行・家政婦」カテゴリだけで1万件以上の口コミが掲載されているところを見ると、多くのユーザーに利用されている様子が窺えます。ご近所助け合いアプリANYTIMESの登録ユーザー数も、9万人以上に達している状況です。

他のサイトへの登録を禁止している場合は別ですが、複数のサイトに登録しておいた方が少しでも仕事を獲得しやすくなります。1つのサイトだけでは仕事をなかなか獲得できない場合には、できるだけ多くのマッチングサイトに登録してみるといいでしょう。

移動時間を短くする

家事代行の料金や給料(報酬)は、1時間あたりいくらという形で決まるのが一般的です。月に10万円以上を稼いでいる人は、1日に2件から3件ほどの仕事をこなしています。

交通費は上限を設けて支給されるケースが大半ですが、依頼客の自宅まで移動する時間は給料や報酬に含まれません。移動時間が長くなるほど無駄が多くなり、効率的に稼げなくなってしまうという別の事情もあります。

そのへんを改善するには、移動時間が少なく済むように調整してみるのが効果的です。雇用型の場合は所属する家事代行会社の都合に合わせる必要もありますが、マッチング型なら受注する仕事を自分で調整できます。やはり複数のマッチングサイトに登録しておいた方が、同じエリア内で時間帯の連続した仕事を獲得しやすいはずです。

次の訪問先に向けた準備作業や運営事務局への報告作業を行う時間に関しても、基本的には時給が発生しません。効率よく稼ぐためには、移動時間を含めた時間の無駄をできるだけ少なくする必要があります。

リピート客を増やす

マッチングサイトを利用して家事代行の仕事をする場合、サイトに登録しても仕事の依頼がなかなか得られない事態が考えられます。同じエリア内にライバルが複数存在していると、利用ユーザー数が多いサイトでも初心者はなかなか選んでもらえないからです。

家事代行の仕事を始めたばかりの人が自力で新規顧客を獲得するのは至難の業ですが、チャンスは必ず巡ってきます。一度でもサービスを利用してもらったお客さんに気に入ってもらえれば、次回以降も選んでもらえる可能性が出てきます。新規のお客さんを単発でその都度集客するよりは、リピート客を確保した方が安定して稼ぎやすいというものです。

雇用型の家事代行会社でも指名制度を採用している場合は、同じお客さんから指名を受けることで給料や報酬がアップします。どちらの働き方を選んだとしても、「リピーターの育成」は稼げない状態から脱する近道です。

家事代行に役立つ資格を取得する

家事代行の仕事をするのに特別な資格は不要とされていますが、関連する資格を持っていれば採用や集客に役立つ場面も出てきます。調理師や栄養士・管理栄養士・保育士・整理収納アドバイザーといった資格です。

家事代行会社にスタッフとして採用される場合、そうした資格の有無が時給に反映されることもあり得ます。マッチングサイトを利用して個人で集客する場合でも、家事に役立つ資格を持っている人は信頼されやすい傾向が見られます。

資格を取得するには一定の費用もかかってきますが、仕事の獲得につながれば、収入が増えた分で費用を回収することも可能です。他の方法を試しても稼げない状態からなかなか脱却できないという場合には、突破口を開くつもりで資格取得を検討してみるといいでしょう。

まとめ

料理の作り置き

移動時間や準備・報告に要する時間も含め、家事代行は時間の管理にいろいろと難しい部分のある仕事です。そういう難しさがあるために、本来なら稼げるはずの仕事で思ったより稼げない人が出てしまいます。

家事代行会社の側で時間管理をパーフェクトにやってくれるなら問題ありませんが、雇用型の働き方でも時間の無駄が生じる場面は少なくありません。個人事業主の立場で働くマッチング型の場合は、人によって時間の管理能力に差があります。集客力や情報収集力も含めた能力の差が、収入の個人差となって反映されている状況です。

稼げない状態から脱するためにも、この記事で紹介したような対処方法を1つ1つ試してみることをおすすめします。稼げなかった原因を突き止めて改善できれば、「稼げる仕事」という本来あるべき姿を取り戻せるはずです。

タイトルとURLをコピーしました