隠れウーバー配達員が急増している理由とは?背景にコロナ禍の事情も

ニュース

ウーバーイーツ配達員は勤務シフトや雇用関係に縛られず、自由な稼ぎ方を実現させた最先端の仕事として人気を集めてきました。「Uber Eats」のロゴが入った配達リュックを背負いながら自転車やバイクで配達する姿は、都会の風景にマッチしたスタイリッシュなイメージです。

そんなウーバーイーツ配達員の間でリュックのロゴをわざと隠し、どのフードデリバリー配達員なのかわからないようにして道路を走行している人が増えています。人気のロゴを敢えて隠す「隠れウーバー」が急増している背景には何があるのか、気になる理由を探ってみました。背後関係を調査した中で見えてきたのは、コロナ禍で大きく拡大したフードデリバリー需要をめぐる競争激化の実態です。

ウーバー配達員を狙ったあおり運転が多発

東京都心部や全国主要都市などの対応エリアでは、ここ最近「Uber Eats」のロゴが入ったリュックを背負って道路を走行する配達員の姿を頻繁に見かけるようになりました。アメリカ発のフードデリバリーサービスとして日本でも急速に利用が進むウーバーイーツは、個人事業主として業務委託契約を結ぶ配達員によって支えられています。

ウーバーイーツの配達には主に自転車やバイクが使われ、コロナ禍のステイホームで急増した料理の宅配需要を担ってきました。フードデリバリーの配達員が街中を走り回ってくれるからこそ、注文客は自宅にいながらにして飲食店のおいしい料理を味わう機会が得られるというわけです。

本来なら感謝すべき役目を担ってきたウーバーイーツ配達員の中で、配達中にあおり運転を受けて危ない目に遭ったという人が増えています。自転車で道路を走っていて車に幅寄せされたり、車を運転する人から暴言を浴びせられたりする例が続出しているのです。

隠れウーバーはあおり運転対策?

つい先日もバイクに追突された挙げ句、仕事を差別するような暴言を浴びせられた配達員のケースがフジテレビ系列の報道番組で報じられました。このニュースではリュックの「Uber Eats」ロゴを隠して走る配達員が急増している件にも触れられ、ウーバー配達員を狙ったあおり運転多発と結びつけられています。

一部の人が効率的に配達して稼ぎを増やそうとするあまり、自転車やバイクで交通ルールを無視した運転に走っているのも事実です。テレビの報道番組や動画投稿サイトでもそんな配達員の姿をとらえた動画が映し出されたせいか、「ウーバー配達員は評判が悪い」というイメージを刷り込まれてしまった人も少なくありません。その結果ウーバーイーツ配達員を見れば「交通ルールを乱す迷惑な連中」という誤った固定観念にとらわれ、コロナ禍で溜まりがちなストレスの発散対象にされているのが現状です。

大半のウーバー配達員はしっかりと道路交通法を守りながら、1分1秒でも早く注文主のもとへ料理を届けるために日々奮闘しています。そんな人たちまでが一部の交通ルールを守らない配達員と一緒くたにされるようになった中で、身を守るためにリュックの「Uber Eats」を隠す配達員が急増しているのだと報じられました。フジの報道が真実だとすれば憂うべき状況ですが、「隠れウーバー」が増えている背景にはコロナと関連した別の事情もありそうです。

隠れウーバーが増えているもう1つの理由

新型コロナウイルスの感染が広がったことで飲食店の売上が激減する一方、テイクアウトや料理宅配の需要が大きく拡大しています。2020年以降は外食産業で地殻変動にも匹敵する大きな変化が起きているわけですが、コロナ禍をきっかけにウーバーイーツ配達員の仕事を始めたという人も急増している状況です。

特に都心部では配達員が増えすぎ、1人1人に回される配達の仕事がかえって減少するという逆転現象も起きています。外出を控える人が増えたことでウーバーイーツの利用そのものは大きく拡大しましたが、一部の地域では需要拡大を上回るペースで配達員が急増してしまったのです。

ウーバーイーツ配達員がコロナ禍で急増!副業として人気の理由を解説
イベント中止や営業自の影響で仕事がなくなった人の間では、激減した収入を補う目的でウーバーイーツ配達員の副業を始める人が増えています。ウーバーイーツ配達員が新たな副業の形態として人気を集めている理由を、効率よく稼ぐ秘訣と合わせて解説します。

そうした中で飲食店前の路上で配達の依頼を待つ「ウーバー地蔵」の姿も、都心部を中心に目撃されています。配達員が急増した地域ではウーバーイーツで以前ほど効率的に稼げなくなったことから、フードデリバリーサービスで最大のライバルと目されている出前館での配達を掛け持ちする人も少なくありません。出前館では他社のロゴ入りリュックを使った配達が禁止されているため、掛け持ちする人は「Uber Eats」のロゴを黒いテープなどで隠して配達しているのです。

フジテレビの報道では「隠れウーバー」になる理由をあおり運転対策としていましたが、リュックのロゴを隠す人が増えている背景には配達員間の競争激化があります。都心部などではウーバーイーツ配達員が増えすぎて仕事の取り合いになっているだけに、配達を掛け持ちするぐらいでなと効率的に稼げません。フードデリバリー業界もウーバーイーツの一人勝ちというわけではなく、老舗の出前館が業務委託の配達パートナー募集に踏み切ったことで勢力図に変化が起きつつある状況です。

出前館も業務委託配達員の募集を開始

ウーバーイーツが日本に上陸してサービスを開始したのは2016年ですが、フードデリバリーとして国内最大級の出前館はサービス開始が2000年にさかのぼります。これまではアルバイト従業員として雇用契約を結ぶ働き方で、自転車やバイクで配達を行う際に着用する赤い帽子と制服が目印でした。

そんな出前館も時代の変化に合わせて配達パートナーの雇用形態を変え、2020年からはウーバーイーツと同じように業務委託の配達員も募集するようになっています。業務委託のデリバリーパートナーは個人事業主として出前館から配達の依頼を受け、自転車やバイクなどを使って注文客の自宅まで料理を届けるという仕組みです。

ウーバーイーツ配達員の報酬は配達1件ごとに異なり、エリアごとに設定されている受取料金と受渡料金に1kmあたり60円の距離料金を加えて基本料金が計算されます。ウーバーイーツ配達員の報酬相場は1件あたり500円前後と言われますが、配達距離が長かったりして時給換算では思ったほど稼げない場合も珍しくありません。

出前館の配達でどれだけ稼げる?

出前館の業務委託デリバリーパートナーは配達距離に関わらず報酬額が固定されていて、東京都などの首都圏は1件あたり700円を上回ります。配達距離が短い注文の場合はウーバーイーツよりも効率的に稼げるようになるため、配達員の間でも出前館の人気が上昇中です。

ウーバーイーツではブーストやクエストと呼ばれるインセンティブを基本料金に加算させることによって、報酬の金額をさらに増やすことができます。同様の仕組みは出前館にもあって、報酬が最大1.4倍に上がるブーストを適用できれば、東京エリアだと1件で1,000円程度を稼げる計算です。

業務委託であれば出前館でも服装は基本的に自由で制服の着用は求められず、リュックのロゴさえ隠せば他社の配達との掛け持ちも認められています。このように出前館もウーバーイーツに負けないくらいに稼げる配達手段となってきていることから、規約に従ってリュックの「Uber Eats」ロゴを隠す掛け持ち配達員が増えているというわけです。

隠れウーバーは今後も増えると予想

コロナに翻弄された2020年が明けてもパンデミックとの闘いは続いている状況ですが、飲食店が利用しにくくなった中でフードデリバリー業界は特需の様相を呈しています。これまで以上にウーバーイーツや出前館を利用し、作りたての料理を自宅に届けてもらう人が増えるのは間違いありません。

そうなると配達を請け負うデリバリースタッフも大量に必要となるため、普通に考えれば人手不足も考えられるはずです。都心部を中心として逆に「ウーバー地蔵」が出現するほど仕事にあぶれる配達員が増えている背景には、人口の多い地域ほどウーバーイーツ配達員になりたがる人が多いという事情が見え隠れします。

人数が増えすぎたために仕事が行き渡らなくなったウーバー配達員の受け皿として、同じく業務委託の配達員を募集するようになった出前館は格好の仕事です。どちらか片方だけの登録では無駄なく効率的に稼ぐのが難しい状況でも、両方に登録しておけば配達受注の幅が広がります。

出前館は他社のロゴを表示した配達リュックが使えないため、隠れウーバーのスタイルで配達しなければなりません。「Uber Eats」のロゴを引っさげて街を颯爽と走り抜けるスタイリッシュさは薄れてしまいますが、稼ぎを優先させるなら両方の掛け持ちをした方が合理的です。「Uber Eats」のロゴを隠すことであおり運転も受けにくくなるという副産物も得られるため、今後も配達員間の競争が激しい都心部では隠れウーバーは増えていくものと予想されます。

隠れウーバー配達員が急増している理由まとめ

ウーバーイーツ配達員の姿は街でも目立ちやすいせいか、交通マナーを守らない一部の配達員の行動が問題視されているのも事実です。交通ルールをきちんと守っている配達員までがあおり運転のターゲットにされている実態もありますが、それだけが「Uber Eats」のロゴを隠して配達する理由ではありません。

隠れウーバーの多くは出前館との配達を兼務し、配達員が増えすぎて効率的に稼げなくなってきている現状を打破しようとしています。フードデリバリー国内最大手の出前館でもウーバーイーツに対抗して業務委託の配達員募集に踏み切ったため、どちらを選んでも自由に働いて稼げるように状況が変わってきているのです。

タイトルとURLをコピーしました