クラウドワークスで収入を得る在宅副業とは?初心者が稼ぐコツも解説

副業

家計がピンチなので収入を増やすために副業を始めたいけれど、コロナ感染リスクを考えると外へ働きに出るのはちょっと…

そんな人でもクラウドソーシングの仕事なら、外へ働きに出なくても在宅で収入が得られます。数あるクラウドソーシングサイトの中でも、クラウドワークスは国内最大級の規模を誇る大手の仕事マッチングサイトです。

主婦だけでなく副業目的の会社員にも人気のクラウドワークスとはどんなサービスなのか、募集されている仕事の種類やサイトの特徴をまとめてみました。初心者がクラウドワークスの在宅副業で月に1万円以上を稼ぐコツについても、初心者から脱する方法と合わせて記事の後半で詳しく解説します。

クラウドワークスとは?

そもそもクラウドソーシングというのは、仕事を募集するクライアント(依頼主)と受注する個人のワーカーをインターネット上で結ぶマッチングの仕組みです。ランサーズシュフティが代表的な存在でしたが、2012年からサービスを開始したクラウドワークスが急成長を遂げています。

現在のクラウドワークスは登録ユーザー数が300万人を超え、国内最大のクラウドソーシングサイトとして認められられるようになりました。クラウドワークスで仕事を募集する登録社数も11万社以上に達し、仕事の依頼総額は400億円を上回るという巨大市場です。

基本的には単発で募集される仕事が中心ですが、継続依頼を前提とした仕事も多く募集されています。タウンワークバイトルなどのアルバイト求人サイトと違って、クラウドワークスで募集されている仕事の大半は在宅で作業が完結する案件です。

クラウドワークスの運営会社

在宅ワークと言えば詐欺が多いという噂もあって「怪しい」というイメージを抱きがちですが、東証マザーズに上場している企業が運営するクラウドワークスなら安心して利用できます。クラウドワークスの仕事を始めるのに登録料は一切不要で、報酬が支払われる際に5~20%のシステム利用手数料が金額に応じて引かれる仕組みです。クライアントから支払われる報酬はクラウドワークス側が仲介しているため、報酬不払いなどのトラブルを防ぐ制度も整っています。

3種類の依頼方式

クラウドワークスで募集されている仕事の案件は、依頼形式の違いによってタスク方式とプロジェクト方式・コンペ方式の3種類に大きく分けられます。このうちプロジェクト方式には固定報酬制と時間単価制の2つがあって、どちらもクライアントとクラウドワーカーが相談しながら金額や納品日などを決めるのが特徴です。プロジェクト方式は複数のワーカーから提案を募集した中から、クライアントが1人または数人を選んで仕事を正式に依頼するという流れになります。

これに対してデザイン系やネーミングなどの仕事募集に多いコンペ方式は、不特定多数のワーカーから募集した中から提案作品が選ばれる方式です。人が選ばれるプロジェクト方式は、契約後にクライアントとやり取りしながら仕事を進めることになります。作品が選ばれるコンペ方式の場合は、選ばれた時点で契約が成立して報酬が発生するという違いがあります。

初心者はタスク案件から始めるのが無難

プロジェクト方式やコンペ方式は応募しても必ず収入が得られるとは限らず、ライバルの中からクライアントに選んでもらうには仕事の実績や相応のスキルが必要です。これに対してタスク方式は公開状態で仕事が募集される点ではコンペ方式と同じですが、選んだ仕事を完成させて納品すれば非承認にならない限り報酬が確定します。

タスク方式なら複数の提案の中から選ばれるわけではない上に、クライアントとのやり取りも必要ありません。募集されている仕事の内容もプロジェクト方式と比べて難易度が全般に低めで、初心者でも取り組みやすい仕事が多くなっています。

それだけ報酬の単価もプロジェクト方式より低めに設定されていますが、初心者にとってタスク方式の案件は実績作りに持って来いの仕事です。単価が低めでも最初のうちはタスク方式の仕事を多くこなして実績を作り、慣れてきたら難易度の高い高単価案件にも挑戦してみるといいでしょう。

【2021年7月22日追記】

クラウドワークスで7月8日以降タスク形式での新規発注が一時停止となっていましたが、7月20日には再開されています。タスク形式の新規発注が停止された経緯については、以下の記事で詳しく解説しておきました。

クラウドワークスでタスク形式の新規発注が一時停止された理由とは?
クラウドワークスでタスク形式の新規発注が一時停止され、ワーカーの間でも困惑が広がっています。「一部のユーザーによる不正利用」が理由と見られ、出金審査を強化している影響で通常の出金手続きにも遅れが出ている状況です。

タスク方式は平均単価が低め?

ちなみにサグーワークスShinobiライティングなど、記事ライティング専門のクラウドソーシングサイトにはプロジェクト方式やコンペ方式がありません。タスク方式に限定したクラウドソーシングのサイトは平均単価が全般に低めのせいか、このところ案件数が減ってきている傾向も見られます。

その点でクラウドワークスは発展性があるだけに、案件数と比例して登録ユーザー数も右肩上がりの状況です。掲載されている案件もタスク案件よりプロジェクト方式の方が多く、平均単価の高さが人気の一因と見られます。

クラウドワークスで募集されている仕事の種類

在宅ワークと言えばパソコンを使ったデータ入力や文章作成の仕事を思い浮かべがちですが、クラウドワークスにはそれ以外にも多種多様な仕事が掲載されています。仕事カテゴリは以下のような17のジャンルに大きく分けられ、それぞれのカテゴリがさらに細かいサブジャンルに分かれているという状況です。

  • システム開発(239件)
  • アプリ・スマートフォン開発(55件)
  • ハードウェア設計・開発(6件)
  • ホームページ制作・Webデザイン(313件)
  • デザイン(688件)
  • ライティング・記事作成(2,415件)
  • ネーミング・アイデア(74件)
  • 翻訳・通訳サービス(144件)
  • ECサイト・ネットショップ構築(733件)
  • サイト運営・ビジネス(310件)
  • 事務・ビジネスサポート・調査(182件)
  • カンタン作業(2,591件)
  • 写真・画像・動画(680件)
  • 3D-CG制作(13件)
  • 音楽・音響・BGM(135件)
  • プロジェクト・保守運用メンバー募集(8件)
  • 暮らし・社会(13件)

引用:すべての仕事カテゴリ/クラウドワークス(2021年1月18日現在)

中には案件数が極端に少ないカテゴリも見受けられますが、デザインやライティング・記事作成・カンタン作業などの案件数はライバルのランサーズを大きく上回っています。

初心者向けのジャンル

クラウドワークスではシステム開発やアプリ開発・Webデザインなどのカテゴリに入る仕事も多く募集されていますが、いずれもプログラミングやデザインに関する専門スキルが必要です。翻訳・通訳サービスや写真・画像・動画、音楽・音響・BGMといった仕事も、ジャンルごとに相応の専門性が求められてきます。ネーミング・アイデアや募集数が多いデザインのカテゴリはコンペ方式が大半で、各ジャンルの専門スキルを持つ人が数多く提案を寄せている状況です。

案件数が非常に多いライティング・記事作成のカテゴリには専門知識が求められる案件がある一方で、初心者に向いた低難易度の案件も少なくありません。アンケートやデータ入力などの仕事が含まれる「カンタン作業」のカテゴリは案件数が最も多く、初心者向け案件の宝庫です。初心者で文章を書くのが苦手だという人はカンタン作業のカテゴリに着目し、自分にできそうな仕事を探してみるといいでしょう。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

クラウドワークスで在宅副業を始めるメリット

一歩も外に出ることなく完全在宅で収入を得る副業の手段は、クラウドワークスで仕事を受注するだけではありません。同じクラウドソーシングでもランサーズはプログラム開発系に強く、シュフティは主婦に向いた案件が多いという具合にそれぞれ特徴があります。自分の得意な事柄をココナラにサービスとして出品したり、メルカリで不用品を販売したりするのも広い意味では在宅副業の一種です。

YouTubeで動画を配信したりブログを書いたりして広告収入を稼いでいる人もいますが、いずれも確実性という点では副業として心もとない面があります。ほとんど無数と言っていいくらいに数多く考え出されている在宅副業の中でも、クラウドソーシングで仕事を受注するのは最も確実性が高い方法です。中でもクラウドワークスがおすすめの理由としては、以下のような3つのメリットが挙げられます。

  • スキマ時間を生かせる仕事が多い
  • 他のクラウドソーシングサイトより案件数が豊富
  • 安心して報酬を受け取れる仕組みがある

それぞれ詳しく解説します。

スキマ時間を生かせる

クラウドワークスは案件数が業界最大級で募集ジャンルも多岐にわたり、たいていの人はどれか1つは自分の得意分野で仕事が見つかります。スキルに自信がないという人ですら、クラウドワークスなら誰でもできる簡単な仕事が数多く募集されているので安心です。在宅副業で一攫千金を狙おうという大それた野望を抱いているのでない限り、アルバイト感覚で仕事をして収入を増やしたい人であればクラウドワークスでも十分に目的を果たせます。

飲食店バイトやコンビニバイトなど外で働く仕事と違って、クラウドワークスで受注する仕事は面接や履歴書なども必要ありません。タスク案件ならパソコンやスマホの画面で「作業を開始する」ボタンを押すだけで、すぐにでも仕事に取りかかれます。時間や場所を選ばず自分の都合に合わせて作業ができるため、中途半端なスキマ時間を有効活用して収入を増やすような利用の仕方も可能です。

案件数が豊富な理由

在宅で収入を得る副業の手段としてクラウドワークスを選ぶメリットの1つに、掲載されている案件数が多いという点が挙げられます。2000年代に登場したクラウドソーシングも淘汰が進みつつある状況で、中には仕事が大きく減ってしまったサイトも少なくありません。現在はクラウドワークスとランサーズが2強の様相を呈していますが、現在募集中の案件総数ではクラウドワークスが約8,000件で、約3,500件のランサーズを上回っています(2021年1月18日現在)。

仕事を募集するクライアントの側でも、クラウドワークスを利用することで人件費を節約できるという大きなメリットがあります。イレギュラーな仕事をさせるために社員を常時雇用するよりも、仕事が発生したタイミングで外部のクラウドワーカーにアウトソーシングした方が合理的なのです。

結果として多種多様な案件がクラウドワークスに集まるようになり、在宅の仕事を探すワーカーの側でも自分に合った仕事を自由に選べる環境が整備されました。依頼主と緩くつながりながら都合がいい時間帯に在宅で作業をして収入を得られるようになったのも、クラウドワークスのようなサービスが普及したおかげだと言えます。

報酬の支払いも安心

在宅ワークの仕事を始めるに当たっては、提示された報酬を本当に支払ってもらえるのかどうか不安になりがちです。過去には「在宅で高収入が稼げる」などという勧誘に乗って高額な教材や機材を購入させられながら、たいして稼げなかったという在宅ワーク詐欺の被害もありました。最近はそうした古典的な内職商法の被害も減ってはいますが、SNSの投稿や広告を通じて怪しげな勧誘を行う業者は今も存在します。

その点でクラウドワークスなら上場企業が運営しているサービスで、クラウドワーカーに支払われる報酬も「仮払い」という仕組みがあるので安心です。この仕組みの中では仕事を受注するワーカーとの契約が成立した時点で、クライアントはクラウドワークス側に報酬をいったん支払うことになっています。報酬が確定するタイミングはプロジェクト方式やタスク方式などの方式によって異なりますが、運営会社が報酬をいったん預かることで不払いを防いでくれているのです。

システム利用手数料と振込手数料

クライアントとのやり取りを仲介するシステムを利用するために報酬から5~20%の手数料は引かれますが、クラウドワークスでは事前に登録料や教材購入費用などを支払う必要は一切ありません。指定された作業をするのに費用がかかるような仕事も、クラウドワークスの規約により募集が禁止されています。

プロジェクト方式やコンペ方式の場合に報酬から引かれる手数料は20万円を超える部分が5%で、10万円超から20万円までの部分は10%、10万円以下の部分は20%です。タスク方式で受注した仕事の報酬から引かれる手数料は、一律20%となっています。

クラウドワークスでは毎月15日と月末が自動出金方式の締日となっていて、出金方式を変えない限りは毎月2回指定された銀行口座に報酬が振り込まれる仕組みです。確定した報酬を指定した銀行口座へ振り込んでもらう際にも税込み500円の振込手数料がかかりますが、楽天銀行なら振込手数料も税込み100円で済みます。

初期設定で報酬が1,000円に満たない場合は、振込が次回以降に繰り越される仕組みです。出金方法にキャリーオーバー方式を選んでいれば、報酬が1,000円以上でも次回以降に繰り越すことができます。50,000円以上出金方式も含め、クラウドワークスには振込手数料を節約できる複数の出金方式が用意されているのです。

クラウドワークス初心者が月1万円を稼ぐコツ

世の中には完全在宅の仕事で月に10万円以上稼いでいる人も珍しくありませんが、これといったスキルを持たない初心者が最初から高収入を目指すのはあまり現実的でありません。クラウドワークスには初心者向けの仕事も多く掲載されているとは言え、そういう案件はどうしても単価の低い案件が中心になってきます。初心者はまず月に1万円稼ぐことを目標にクラウドワークスの仕事を始め、慣れてくるに従って2万円、3万円と収入を増やしていくのが無難な始め方です。

月に1万円という最初の目標をクリアするには、一にも二にも仕事の選び方が重要になってきます。前述の「クラウドワークスで募集されている仕事の種類」を地図代わりにしながら、少しでも自分が得意そうな分野で仕事内容や条件をチェックしてみるといいでしょう。

仕事の選び方

月に1万円と言っても、1件あたりの単価が100円の仕事なら単純計算で100件をこなす必要があります。毎日時間を見つけて取り組むとしても、1日あたり3件から4件を消化していかなければなりません。

「ライティング・記事作成」や「カンタン作業」のカテゴリは案件数が非常に多く、初心者向けの仕事募集も豊富です。100円に満たない低単価の案件も少なくありませんが、そういうお手軽な案件はよほどの数をこなさないと月1万円に届きません。

文章を書くのが得意だとか、事務の経験があってパソコンのタイピングには自信があるとか、そういう特技が1つでもあれば初心者でも稼ぎやすくなります。本業で小売店の仕事をしているという人であれば、「ECサイト・ネットショップ構築」のカテゴリで自分に合った仕事が見つかるかもしれません。日頃から写真に凝っていてInstagramによく投稿しているという人には、「写真・画像・動画」カテゴリの仕事もおすすめです。

初心者でも自分の得意分野に絞って仕事を検索してみることで、単価が高めの案件に挑戦してみようという意欲が湧いてきます。月に数十件の仕事をこなす中でそうした単価高めの案件を何件か加えていけば、それほど数を多くこなさなくても1万円を稼げるようになるはずです。

ライティング案件は文字単価に注意

ちなみに文章を書くのが得意な人に向いた「ライティング・記事作成」のカテゴリでは、1文字あたりの単価が仕事選びで最も重要なポイントとなってきます。なぜなら仕事に費やす時間は指定された文字数に比例し、文字数が多ければ多いほど完成までに時間がかかってしまうからです。文字単価は以下の計算式で簡単に求められます。

文字単価=報酬金額÷指定された文字数

1文字あたりの単価が低い案件だと時間がかかったわりには報酬が少なく、思ったほど稼げなかったという結果に終わりかねません。逆に文字単価が高い案件は報酬金額がそれほど高額でない場合でも、短時間で仕事が終わるため1日に数多くこなせるようになります。そういう案件の方が結果的には効率的に稼ぎやすくなりますので、ライティングのカテゴリで仕事を選ぶ際には表面的な報酬の金額より文字単価を重視するのが鉄則です。

文字単価の目安

ある程度の実績を持つWebライターであれば、1文字1円未満の仕事を受けないようにハードルを高めに設定しています。クラウドワークスで仕事を始めたばかりの駆け出しライターが1文字1円以上にこだわると、仕事の選択肢が大幅に狭まりかねません。タスク方式で募集されているライティング案件の多くは1文字1円未満で、文字単価0.1円などという極端に安い案件も珍しくないほどです。

クラウドワークスは案件が豊富で幅広い選択肢から選べる点がメリットだけに、初心者のうちは実績作りのため文字単価1円未満の案件もこなしていくのが賢明だと言えます。1文字0.1円ではさすがに稼ぐ効率が悪すぎますので、最低でも文字単価0.3円以上の案件を選びたいところです。1文字あたり0.3円以上であれば一般的なタイピング速度の人でも、時給換算で最低賃金以上の報酬を稼げる計算になります。

実際には記事を書くために指定された条件をチェックしたり、ネットで検索して情報を調べたりする時間も必要です。自分のよく知る得意分野や体験談を募集している記事を選べば、調べる手間が省けるので時間の短縮につながります。

初心者から脱するには?

月にまず1万円を稼ぐのがクラウドワークス初心者の目標とは言え、慣れてくれば5万円、10万円と収入を増やすことも十分に可能です。初心者の状態から脱して効率的に稼げるようになるには、少しでも単価の高い仕事を受注できるようレベルアップを図る必要があります。

クライアントとのやり取りが不要なタスク案件は難易度の低い初心者向けの仕事が多い反面、報酬の単価が低めに設定されている案件が大半です。初心者を脱して次のステップに移ろうという人には、タスク方式より高単価の案件が多いプロジェクト方式が視野に入ってきます。

高単価の案件を受注する方法

プロジェクト方式の案件は報酬をメンバーと相談の上で決めるという場合もあって、単価や工数などの条件はさまざまです。通常は複数のクラウドワーカーから応募を受け付け、テストライティングや概算見積もり・ポートフォリオなどを比較した上で採用する人が選ばれます。応募したからと言ってメンバーに必ず選ばれるとは限りませんので、選んでもらうためにはクラウドワークスでの実績やスキルを証明する成果物が重要です。

最初のうちは単価が安い仕事でも数をこなして実績を作っておけば、プロジェクト方式で応募する際に選んでもらえる確率が上がります。プロジェクト方式でも実績を積み重ねていくことでさらに評価が高まり、高単価の案件を受注できるようになるというわけです。

クラウドワークスにはクライアントとワーカーが相互に評価し合う仕組みもありますので、手を抜かずにきちんとした仕事をしていれば次の案件受注にも有利になってきます。プロフィールのページを充実させて自己PRに努めたり、クライアントとこまめに連絡を取り合ったりするのも評価のアップにつながるポイントです。

固定報酬制のプロジェクト方式で「予算はワーカーと相談」としているクライアントは、安い報酬金額を提示したワーカーを選びやすい傾向も見られます。クラウドワーカー同士での価格競争もあり得る状況ですが、少しの差であれば実績豊富で高評価のワーカーが選ばれるものです。

クラウドワークスで稼ぐ在宅の副業まとめ

在宅副業の手段としてすっかり定着した感のあるクラウドソーシングの中でも、クラウドワークスは案件数の多さや仕事依頼の予算総額で国内最大級を誇る巨大市場です。専門スキルを要する仕事だけでなく記事ライティングやカンタン作業も多く募集されているため、クラウドワークスは初心者でも自分に合った仕事が見つかりやすいというメリットがあります。ほとんどの案件は在宅で仕事が完結する上に、報酬の支払いもクラウドワークスが仲介してくれるので安心です。

初心者は低難易度のタスク案件から始めて月に1万円を稼ぐのが1つの目標ですが、実績を積むことで単価の高いプロジェクト方式でも受注できるようになってきます。そうやって初心者を脱するようになれば、クラウドワークスの在宅副業で月に10万円以上を稼ぐことも視野に入ってくるのです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

タイトルとURLをコピーしました