運転代行バイトが稼げなくなった理由とは?車好きに最適な副業の今後

副業

車の運転を得意とする人の間で定番となっている副業の1つとして、飲酒した客に代わって車の運転を行う運転代行バイトの仕事が挙げられます。運転代行を本業にしている人も少なくはありませんが、仕事を行う時間は主に夜間のため会社員の副業としても人気のバイトです。そんな運転代行バイトの仕事はお酒を提供するお店を頼りにしている面もあるだけに、コロナ禍で飲食店の売上が大きく落ち込んでいる中では厳しい状況に置かれています。以前ほど稼げなくなったと言われている運転代行バイトの現状について、今後も副業として成り立つかどうか考察してみました。

コロナの影響で運転代行バイトの仕事が激減

主に飲酒したお客さんの車を代わりに運転して自宅まで送り届ける運転代行バイトの仕事は、会社員の副業として根強い人気を集めてきました。主要な稼働時間帯が深夜だけに、その気になれば平日でも会社の仕事が終わった後で稼ぐことが可能です。運転代行は時給換算で稼げる金額も一般的なアルバイトより高く、車の運転が得意な人にとっては最も稼ぎやすい副業だったのです。

2020年に突如として広がった新型コロナウイルス感染症と営業自粛の動きにより、そんな状況も一変してしまいました。緊急事態宣言下では全国各地の飲食店街から明かりが消え、飲食店に依存してきた運転代行の仕事も激減してしまったのです。営業自粛が長引くにつれて資金繰りが追いつかなくなり、廃業の道を選ぶ運転代行会社も増えています。

緊急事態宣言解除後も夜の街ではクラスターがたびたび発生しているだけに、何かと厳しい目で見られがちです。GoToイートの効果で飲食店に活気が戻り運転代行の仕事も需要が回復しつつありますが、コロナ以前の売上に戻るには時間がかかると予想されます。コロナ感染の第3波が忘年会・新年会シーズンを直撃し、さらなる影響拡大が懸念されている状況です。

そんなわけで以前より稼げなくなったとも言われる運転代行の副業について、今後の見通しを考察してみました。運転代行で本来稼げる収入の目安とコロナ後に予測される変化を比較し、副業としてまだ稼げる可能性があるのかどうかという点を解説していきます。

運転代行バイトが定番の副業とされていた理由

マイカーで通勤していて会社の飲み会にもよく参加するという人は、運転代行の世話になった経験を一度ならず持っているものです。依頼客を自宅まで送り届けるという点では運転代行の仕事もタクシーと似ていますが、使われる車が依頼客本人の車であるという点で異なります。お酒に酔った依頼客に代わって車を運転し、自宅まで送り届けた上で車を車庫や駐車場に入れるまでが運転代行の仕事です。

運転代行バイトは2人1組で仕事を行い、もう1人は代行会社が用意した随伴車を運転して客車を追うことになります。運転を代行した人は随伴車に乗って元の待機場所に戻り、新たな依頼が入れば指定された場所に2人で赴くという仕組みです。

昭和の時代には飲酒運転が横行していた実態があり、悲惨な交通事故も多く発生して大きな社会問題となりました。1980年代頃から飲酒運転の取り締まりが厳しくなったのを受けて、運転代行の普及が急速に進んだのです。全国各地で運転代行会社の設立が相次いで求人も増え、運転さえできれば手っ取り早く稼げる副業として人気を集めてきました。

2004年の法改正以降は客車運転手に第二種運転免許が義務付けられましたが、随伴車の運転なら従来通り普通免許だけでできる仕事です。二種免許を持っていなくても運転代行の仕事は可能なことから、稼げる副業の定番として根強い人気を維持してきました。

誰も教えてくれない「運転代行」商売の始め方・儲け方―車1台!副業でも稼げる!!誰でもできる!!!開業に必要な申請手続き&資格&法律をやさしく解説 | 大森 森介 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで大森 森介の誰も教えてくれない「運転代行」商売の始め方・儲け方―車1台!副業でも稼げる!!誰でもできる!!!開業に必要な申請手続き&資格&法律をやさしく解説。アマゾンならポイント還元本が多数。大森 森介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また誰も教えてくれない「運転代行」商売の始め方・儲け方―車...

客車担当と随伴車担当の違い

2人1組で行動する運転代行浴バイトの仕事は、客車担当と随伴車担当で業務内容に大きな違いがあります。タクシー運転手並みに二種免許が必要な客車担当はお客さんの車を運転する役割だけに、事故を起こさぬよう運転にも細心の注意を払わなければなりません。

運転を代行する車種は軽自動車やファミリーカーもあれば、ベンツやポルシェのような高級車もあります。どのような車に当たっても臨機応変に対応し、お客さんを自宅まで安全に送り届けるだけの運転技術が求められる仕事です。随伴車担当と比べてそれだけ神経を使う役割ではありますが、多種多様な車を運転できる点に喜びを見出している運転手も少なくありません。

運転を代行している最中にはお客さんを助手席や後部座席に乗せることになりますので、客車運転手は会話を通じたコミュニケーション能力も必要です。利用する人はほぼ100%酔客だけに、中には運転手に絡んできたりするような酒癖の悪い人もいます。

客車を追う随伴車担当の運転手は同じ車ばかり運転することになるため、客車担当よりは負担が軽い仕事です。随伴車にはタクシーと同じようなメーターが搭載されていて、走行距離に応じて料金が表示されます。信号に引っかかって客車を見失わないよう車間距離を詰めて運転する人もいますが、追突事故防止の観点から適度な距離を空けるのが鉄則です。

運転代行は暗くて見えにくい夜間が中心の仕事だけに、車を傷つけてしまうような事故の多くは駐車場から車を出す際や車庫入れの際に発生しています。客車を出し入れする際には障害物にバンパーやホイール・タイヤなどがぶつからないよう、しっかりと確認して誘導するのも随伴車運転手の重要な役目です。

自動車運転代行業適正化法の解説―自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律 | 運転代行法令研究会 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで運転代行法令研究会の自動車運転代行業適正化法の解説―自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律。アマゾンならポイント還元本が多数。運転代行法令研究会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また自動車運転代行業適正化法の解説―自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律もアマゾン配送商品なら通常配送無料...

運転代行で稼げる収入の目安

運転代行会社にパートやアルバイトとして採用されて働いた場合の給料は、時給で計算される場合と最低保証給プラス歩合給で支給されるケース、さらに完全歩合制を加えた3パターンがあります。時給は代行会社によって差も見られ、随伴車担当は1,000円から1,500円程度が平均的な相場です。仕事の難易度が上がる客車担当は随伴車運転手より時給が500円から1,000円ほど高く、1,500円から2,500円までと幅が見られます。

最近は歩合給を採用している運転代行も増えており、この場合は売上を多く稼げば稼ぐほど給料の上乗せ分が多くなる仕組みです。売上の20%から50%が運転手の歩合給として支払われ、残りが会社の取り分となります。
業務委託契約で働く場合は完全歩合制で報酬が支払われるケースが多く、売上が0だと報酬も0円になってしまう点には注意が必要です。歩合制でも最低保証給を設定してある運転代行会社なら、飲食店の営業自粛が影響して売上が極端に減ってしまった場合でも待機時間分の給料は出ます。

運転代行1回あたりの平均的な売上は3,000円ほどで、歩合給が売上の35%だとすれば、1日に10回の依頼をこなせば1万円ほどの歩合給がプラスになる計算です。完全歩合制でない限りは1日あたり6,000円前後の最低保証給が設定されているため、週に1日ずつ働いた場合は最低でも3万円前後の稼ぎになります。稼働日数や稼働時間を増やせば増やすほど収入も増えるだけに、依頼が順調なら月に10万円以上は稼げる仕事です。

運転代行バイトはコロナ後も副業として成り立つ?

コロナ以前であれば以上のような状況で運転代行バイトも稼げる副業の代表格でしたが、飲食店の営業自粛が相次いだ時期には大きな打撃を受けました。利用客の大半はいわゆる夜の街で飲酒して車が運転できなくなった人を想定しているだけに、運転代行は飲食店への依存度が高いという弱点があるのです。

タクシー業界でもコロナ禍で大きな影響を受け、収入が激減してしまったという運転手は少なくありません。緊急事態宣言解除後も夜の街は全般に客足の戻りが鈍かっただけに、以前のような賑わいを取り戻すには時間がかかると予想されます。そんな状況の中で運転代行の仕事は今後も副業として成り立つのかどうか、多くのドライバーが不安に感じているのが現状なのです。

感染再拡大に伴うリスク

新型コロナウイルスは第2波から第3波へと感染拡大を繰り返し、そのたびに飲食店から客足が遠のく結果を招いています。そうなると運転代行バイトの仕事もお酒を提供する飲食店に大きく依存しているだけに、マイナスの影響も避けられません。

時給制の場合や最低保証給があるケースなら稼ぎがゼロになることはありませんが、ほとんどの飲食店が営業していない中で運転手を待機させるのは代行会社にとっても大きな無駄です。そうなると運転代行の仕事もなくなり、副業の収入が途絶えてしまうことになりかねません。これから副業として運転代行の仕事を始めようと考えている人は、そういうリスクがあるという点を頭に入れておく必要があります。

感染の広がりが許容範囲内に抑えられているうちは、飲食店も平常通り営業を続けると見るのが妥当です。マスクの着用や車内の消毒など感染対策を徹底させていれば、日々感染者が出ている中でも運転代行の依頼にも応じられます。在宅ワークや転売のように人との接触が少なく済む副業と比べ、運転代行はタクシー運転手などと同じく感染リスクにさらされる仕事なのです。

テレワークで稼ぐ在宅の副業とは?コロナで減った収入を取り戻す方法
コロナで減ってしまった収入を取り戻す手段の1つとして、感染リスクを避けながら在宅で稼げる自営型テレワークの仕事が挙げられます。テレワークが可能な副業にはどういった種類があるのか、主な仕事内容や報酬の相場に加えて注意点もまとめてみました。

求人数減少で考えられる影響

コロナ禍による経済的影響は広範囲に及び、観光業や宿泊業・エンタメ業界などさまざまな分野で倒産や経営悪化に陥る企業が続出しました。運転代行業界も例外ではなく、会社が倒産して仕事がなくなったという運転手も少なくありません。地域の飲食店が営業を自粛している間は運転代行の需要も激減するため、運転手の数を減らして乗り切ろうとする会社も出てきます。

このように運転代行業界全体が不況に見舞われる中で、新たな運転手を募集する求人も減少傾向です。コロナ不況が長引けば運転代行会社も淘汰され、資金力の弱い会社から姿を消していくと予想されます。運転代行で稼ぎたい人の数が変わらなければ需要と供給のバランスが崩れ、平均給与も下がるのが自然の成り行きです。

こうした新型コロナウイルスの影響が永遠に続くというわけではなく、治療薬やワクチンが開発されれば終息に向かうと予測されます。今後もいつまた新たなウイルスが登場するかわからないとは言え、元の日常さえ戻ってくれば飲食店にも活気が戻り、運転代行の需要も回復するはずです。

レンタカー回送バイトの副業は稼げない?きついと言われる理由も解説
乗り捨てサービスで利用された車を運転して店舗間の移動を行うレンタカー回送の仕事は、運転が好きな人に向いた副業として人気です。一方では思ったほど稼げないという声や仕事がきついという声もあるレンタカー回送について、収入の実態を調査してみました。

運転代行の副業まとめ

以上のように運転代行バイトはこれから副業の手段として始めるにはタイミングの悪い面もありますが、平時であれば効率よく稼げる仕事です。世の中から飲酒運転をなくすために役立っているという点では、社会への貢献度が大きくやりがいのある仕事だと言えます。新たな副業として人気が高まっているウーバーイーツ配達員は都市部に限定した仕事ですが、運転代行は地方でも需要が期待できる仕事です。

二種免許を持っていない人でも普通免許さえあれば随伴車運転手として稼ぐことは可能で、接客が苦手な人でも務まりやすいものです。随伴車運転手には客車の出し入れ時に障害物の有無をチェックし、事故のないよう誘導するという大切な役割もあります。

二種免許を持つ客車運転手はいろいろな車を運転できるという楽しみが味わえるだけに、車の運転がとことん好きな人に向いた仕事です。その代わり依頼客とのコミュニケーション能力が必要で、酒癖の悪い酔客を上手にあしらえる機転も求められます。自分に合った代行運転手の仕事を選べば長続きしやすくなり、感染収束後のアフターコロナ時代にも安定して稼げるようになるのです。

タイトルとURLをコピーしました