発送代行が在宅の副業として人気の理由とは?出品代行との違いも解説

副業

最近は子育て中の主婦など女性を中心として、発送代行と呼ばれる在宅の仕事で収入を得ている人が増えています。新たな副業としても人気が高まっている発送代行とはどのような仕事なのか、在宅でもお金が稼げる仕組みや仕事の募集状況について調べてみました。

よく似た仕事として出品代行も副業の手段によく利用されていますので、発送代行との違いも知っておく必要があります。SNSでは荷受代行と称する副業で詐欺の被害も発生しているだけに、発送代行の仕事を始める際には信頼できる依頼主を選ぶことが大切です。安全に発送代行の仕事を始めるために知っておきたい注意点についても、記事の後半で解説します。

発送代行で副業収入が得られる仕組み

ネットショップを運営する企業やネットオークションに出品している個人からの依頼を受けて、クライアントの代わりに商品の梱包や発送を行うのが発送代行の仕事です。発送する商品は自宅に送られてくることが多く、発送の際に業者が自宅まで集荷しに来てくれれば仕事が在宅で完結します。

メルカリなどに商品を出品した経験のある人なら、梱包作業や発送作業もそれほど難しくはありません。クライアントによって作業の手順は異なる場合もありますが、発送代行の大まかな流れはある程度共通しています。仕事の典型的な作業手順は以下の通りです。

  1. 発送すべき商品が自宅に送られてくる
  2. 受け取った商品に傷などがないか検品する
  3. 商品を段ボール箱や封筒に梱包する
  4. 指定された発送先の住所をプリンタで印刷する
  5. 印刷した宛先の紙を両面テープなどで箱や封筒に貼り付ける
  6. 商品を発送する

作業にはパソコンを使うように指示される場合もありますが、最近はスマホで作業が完結できるように配慮された依頼の例も増えています。その場合でもWiFi対応など、スマホとの通信が可能なプリンタは最低限必要です。梱包材についてはクライアントの側で用意してくれるのが一般的ですが、中には自分で用意しなければならない依頼の例もあります。

商品の発送方法もクライアントが手配して自宅まで集荷に来てくれる例もあれば、ポスト投函や郵便局窓口・コンビニにて自分で発送を行う例もあります。いずれも商品を一時的に預かることになりますので、部屋に1畳から2畳程度の在庫収納スペースが必要です。商品に臭いがついたり汚れたりのを避けるため、ペットを飼っている人やタバコを吸う人はNGとという募集例が多くなっています。

Amazon | 【 日本製 】 酒井化学 #400SS 300mm×10m 緩衝材 ロール ミナパック 紙管なし 【 高品質ポリエチレン製 エアキャップ 】 | 産業・研究開発用品 | 産業・研究開発用品 通販
【 日本製 】 酒井化学 #400SS 300mm×10m 緩衝材 ロール ミナパック 紙管なし 【 高品質ポリエチレン製 エアキャップ 】が産業・研究開発用品ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

発送代行バイトの募集状況

世の中のニーズが急増するにつれて発送代行サービスを展開する業者も増加傾向ですが、そうした代行業者で必ずしも在宅バイトの求人を募集しているとは限りません。アルバイト求人サイトで検索しても、発送代行バイトの募集はなかなか見つからないのが現状です。

クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサイトには、発送代行の仕事が数多く募集されています。仕事を募集しているクライアントは通販サイトを運営している企業や、個人でAmazon・ヤフオク!・バイマなどに出品している人たちです。仕事の報酬は発送1件あたり100円前後という例が多く、1件で数百円稼げる高単価の案件もあります。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

発送代行の需要が増えている理由

発送代行の需要がこれだけ増えているのは、言うまでもなくネット通販を利用する人が増えているという買物行動の変化が最大の理由です。通販サイトを運営している企業の中には人員に余裕がない中小企業も少なくないだけに、商品の発送量が増えれば増えるほど人手不足に悩まされることになります。Amazonやバイマ・ヤフオク!などに出品している個人の中にも、代行サービスを利用して梱包や発送の手間から解放されたいと考える人は少なくありません。

代行サービスを利用すれば費用が当然かかってきますが、経費を引いても注文を多くこなせば十分な利益が残ります。特にネットショップ運営やネットオークション転売を副業としている人にとっては、本業の傍らで煩雑な発送作業をこなしていくのは大変です。

収益を増やそうとすればするほど梱包作業や発送作業に追われることになるため、経費をかけてでも発送作業を外注しようという発想が出てきます。煩雑な作業から解放されればリサーチなどに時間をかけられるようになり、ビジネスの収益性がさらに向上するというわけです。

実際にネットショップや転売ビジネスで成功した人の多くは発送代行を利用しているのが現状で、自分でせっせと発送作業に励みながら高収入を稼いでいる人は少数に過ぎません。発送代行の仕事を請け負う人もそうした好調なビジネスのおこぼれにあずかる形で、手軽にお小遣い稼ぎができるようになるのです。

個人でもネットショップで稼げる?副業の可能性を初心者向けに解説
個人でもネットショップ運営に挑戦する人が増えていますが、副業のつもりで安易に手を出すと赤字を抱え込むリスクもあります。上手に集客すれば本業を上回る収入を稼げる可能性も秘めたネットショップの基礎知識について、初心者にもわかりやすく解説します。

発送代行バイトと似た副業

主にクラウドソーシングで募集が見つかる一般的な発送代行の他にも、名前が似ている出品代行や荷受代行などの仕事が存在します。クラウドソーシングでは発送代行と出品代行が必ずしも明確に分けられていないため、両方の募集が1つのカテゴリ内に混在している例も珍しくありません。

中には出品から発送に至るまでの作業を一貫して依頼するような募集の例も見られますだけに、初心者にとっては何かと混乱しがちです。出品代行は画像編集などのスキルを必要とするせいか、どちらかと言うと発送代行の方に人気が集まる傾向も見られます。

SNSなどで「荷受代行」として募集されているアルバイトは詐欺の可能性が高いため、手を出さないのが賢明です。スキル不要の簡単な仕事でありながら、1件あたりの報酬が高額すぎるという時点で怪しいにおいがします。実際に副業の手段として利用されている発送代行や出品代行と違って、荷受代行は副業を騙った詐欺の手口として数年前から問題となっているのです。

在宅ワーク詐欺の新たな手口とは?内職商法がなくならない理由も解説
内職商法は家計のやり繰りに悩む主婦などを狙った古典的な詐欺的手法ですが、現在でも在宅ワーク詐欺に形を変えて横行しているのが現状です。SNSを悪用した勧誘例も目立つ在宅ワーク詐欺について、内職商法との共通点や騙されないための対策を解説します。

発送代行と出品代行との違い

ヤフオク!に代表されるネットオークションは転売の手段としても多く利用されていますが、出品に手間がかかるのが難点でした。出品する際には商品の写真をできるだけきれいに撮影し、商品の状態に関する説明文を作成する必要があります。問い合わせへの対応や落札者とのやり取りなども含め、商品を大量に出品して高収益を稼ごうとすれば煩雑な出品作業が足を引っ張るようになってきます。

Amazonマーケットプレイスに商品を出品する場合でも、同様の写真撮影や説明文作成が欠かせません。そうしたニーズが存在することから、ヤフオク!やAmazonの出品代行サービスも数多く登場しています。出品代行業者は商品の検品や梱包・発送作業まで代行してくれるところが多く、発送代行も兼ねたワンストップサービスを請け負う存在です。

代行業者は料金が割高だと感じている人も少なくないことから、個人で出品代行を引き受けてくれる人も募集されています。発送代行と同じように、クラウドソーシングではそうした出品代行の募集例が少なくありません。発送作業を伴わない出品だけの作業の場合は、1商品あたり数十円程度が報酬の平均的な相場です。

出品代行の仕事にはある程度の画像編集スキルが求められ、落札者とのやり取りや発送情報の送信まで代行するような案件もあります。出品だけではなく梱包発送まで引き受ける仕事の募集は多くありませんが、運良く見つかれば1件あたりの報酬が500円前後で効率的に稼ぎやすい仕事です。

ちなみにフリマアプリとして絶大な人気を誇るメルカリでは、代理出品が禁止されています。規約に違反すればアカウント停止にされるリスクがあるため、メルカリに対応した発送や出品の代行はクラウドソーシングでも現在は募集されていません。

SNSで募集された荷受代行の実態

在宅で誰でも簡単に高収入が稼げると謳う副業の募集はSNSでもよく見かけますが、そうした中で荷受代行のバイトは数年前から詐欺の被害が相次いでいます。自宅に送られてきた荷物を受け取って指定の住所に転送するだけで、1件につき3,000円などという割の良い報酬が得られるというのが典型的な謳い文句でした。

効率的に稼げると思って応募した人は免許証の控えを送るように求められますが、求めに応じると悪用されるリスクがあります。免許証の控えを使ってスマホやタブレットなどの高額商品を本人名義で勝手に購入され、後で請求書が届いて業者に連絡しようとしても音信不通となるのが詐欺の手口です。

クラウドソーシングでも以前は似たような購入代行の仕事が募集されていましたが、現在ではたとえ一時的であっても受注した人に金銭的な負担が生じるような仕事の募集は禁止されています。そのため荷受代行の仕事はクラウドソーシングを介さずに、巧みなキャッチフレーズを武器にSNS上で募集されるのが常套手段です。

クラウドソーシングでも規約違反に当たらない別の仕事を募集し、チャットワークなどを通じた連絡手段で受注者に購入代行の仕事を持ちかける例がありました。買い物代行の仕事募集を装った荷受代行詐欺に関しては、以下の記事でも取り上げています。

買い物代行で副業を始める人が増えている理由とは?開業の手順も解説
副業の手段として家事代行は苦手でも、「買い物代行なら自分にもできそう」という人は少なくありません。外出を控える動きが広がる中で買い物代行の副業を始める人が増えている理由について、プチ開業を含めた3種類の稼ぎ方に基づいた基本情報を解説します。

発送代行バイトの情報まとめ

クライアントに代わって商品を受け取って発送作業を行う発送代行の仕事は、クラウドソーシングの規約に違反しない限りは購入代金などの自己負担はありません。本当に人手が足りないネットショップ運営者やネットオークション出品者の募集している例が多く、発送作業を手伝ってあげるだけでお小遣い稼ぎができる貴重な仕事です。

出品者が最も多いメルカリでは残念ながら発送代行を認めていませんが、ヤフオク!やAmazon・バイマなどに出品している業者や個人も相当な数に達します。ネットショップの運営者を含め、自分で出品から発送までの全工程をこなしながら高収益を得ている人は決して多くないのが現状です。

成功している人の大半は出品代行や発送代行を上手に使いながら大量の出品をこなし、稼いだ収益の一部を外注の代行スタッフに還元しています。そうしたシステムに組み込まれている発送代行は基本的に在宅で完結する仕事だけに、子育て中の女性や忙しい社会人の副業として人気を集めているのです。

タイトルとURLをコピーしました