電話相談で稼ぐ副業とは?在宅ワークとして人気の理由を解説

副業

在宅ワークの副業と言えば、パソコンを使って何か作業をするような仕事を想像しがちです。パソコン作業が苦手な人は在宅ワークに縁がないのかと言うと、決してそのようなことはありません。友人から悩み事を相談されることが多い人や、人の話を聞くのが上手な人は、電話相談の仕事が在宅ワークになります。この場合はパソコンを使って作業をするわけではなく、電話に出て相手の相談に応じるだけで収入が得られる仕組みです。

在宅で可能な電話相談の仕事を始めるには、いくつかのパターンが考えられます。電話相談バイトの求人を見つける方法や、個人で電話相談の仕事ができるアプリについて、在宅ワークという観点から情報をまとめてみました。

電話相談の仕事は人気の在宅ワーク

スマホを持つ女性とパソコン

インターネット百科事典のWikipediaによると、「在宅ワーク」は以下のように定義されています。

在宅ワーク(ざいたくワーク)、あるいは在宅勤務(ざいたくきんむ)とは、自宅を拠点として仕事をすること。テレワークの一種。
(出典:在宅ワーク – Wikipedia

在宅ワークと呼ばれる仕事には企業に雇用されて働く場合と、個人で仕事を請け負って働く場合の2種類があります。いずれもパソコンを使って作業を行うケースが多いのは事実ですが、在宅ワークにパソコンが必須というわけではありません。スマホを使って作業を行う在宅ワークもあれば、電話を使って仕事をする在宅ワークもあります。在宅コールセンターの仕事や電話受付代行などと並んで、電話相談の仕事も電話を使った在宅ワークの1つです。

以下の記事でも詳しく解説していますが、相談員の仕事には対面で相談に応じる働き方や、メールやチャットで相談に応じる働き方もあります。

悩み相談の副業とは?在宅ワークで稼ぐバイトの始め方を解説
電話やメール・チャットなどで悩み相談に応じるアルバイトは、在宅ワークの副業として人気の仕事です。悩み相談の副業を始める方法と、稼げる金額の目安を解説します。

最近はビデオ会議システムを使ったオンライン相談も人気を集めていますが、依頼件数が最も多いのは電話による相談です。音声通話を通じて相談した方が互いにコミュニケーションが取りやすく、対面相談などと違って相手と顔を合わせる必要がないという気楽さもあります。

電話を使って相談に応じる仕事であれば、必ずしもオフィスに出社して働く必要はありません。相談の窓口となる電話番号の問題さえクリアできれば、在宅で電話相談の仕事をすることも十分に可能です。

そのための方法もいろいろと考え出されてきた結果、電話相談の仕事が在宅ワークの一種として定着するようになりました。かかってきた電話に出て相手の相談に乗るのが主な仕事だけに、在宅ワークと称しながら必ずしもパソコンを使う必要はありません。

電話で話す仕事ならパソコンを使う仕事より得意という人も少なくないせいか、主婦の副業として電話相談の在宅ワークを始める人が増えています。会社員の中にも休日や夜間にまで外へ出て働く仕事をしたくないという人が多く、電話相談は在宅で仕事が完結する副業として人気です。

電話相談の副業を始める方法

スマホを手にガッツポーズをする女性

実際に在宅ワークとして電話相談の仕事を始める方法は、企業や団体に雇用される働き方と雇用によらない働き方の2種類があります。在宅勤務が可能な電話相談員のアルバイトやパートを募集している求人を探し、採用してもらうのが無難な働き方です。

勤務場所が自宅だと勤怠管理を徹底させるのが難しい面もあるせいか、時給いくらという形で募集されている求人はそれほど多くありません。電話占いサイトのように完全出来高制で報酬が支払われる業務委託まで含めれば、求人の範囲もだいぶ広がります。

占い師の仕事も電話を使って鑑定を行う限りは電話相談の一種に違いありませんが、この仕事をするには占いのスキルも必要です。他に求人が見つからな中でどうしても電話相談の在宅ワークを始めようと思えば、個人対個人で有料の電話相談ができるアプリを利用するという手もあります。電話相談の副業を在宅で始める方法は以上のような3パターンに分けられますので、それぞれの概要について解説していきます。

電話相談バイトの求人募集状況

募集のイメージ

アルバイト求人サイトで電話相談のバイトを検索してみても、在宅で働ける求人はなかなか見つからないのが現状です。掲載されている求人の多くはオフィスに出社して働くスタイルで、勤務地も都市部に集中しています。「在宅ワーク」「業務委託」の雇用形態で求人を絞り込んでみても、電話相談以外の業務が中心の仕事が多くヒットする状況です。

企業が在宅の電話相談員を雇用する場合、相談者からかかってくる電話を相談員にどうやって取り次ぐかが問題となってきます。相談窓口となる電話番号が個人の携帯番号なのでは、相談者も不審に思って相談しづらいのが普通です。

相談員の携帯電話に通話を転送するサービスもありますが、料金が余分にかかってしまいます。セキュリティを徹底させるのにコストがかかるという事情もあって、電話相談の在宅バイトは求人の募集が決して多くない状況です。

この記事を書いた時点では、子育ての電話相談サービスを運営するティアラカフェで在宅の子育て悩み相談員(アドバイザー)が募集されていました。相談員として採用されれば、子育て相談サービスのティアラママでママサポーターとして相談の仕事を行うことになります。電話相談に応じる場所は自宅が基本ですが、静かな環境であれば場所を選びません。

愚痴聞きサービスは危険なバイト?在宅で安全に稼げるかどうかを検証
在宅で手軽に稼げる仕事として話題を集めた愚痴聞きサービスのバイトに対しては、安全かどうか不安の声も少なくありません。愚痴聞きバイトとして募集されている求人の安全性とともに、本当に稼げるのかどうかという点について最新情報から検証してみました。

電話占いサイトなら求人募集も多数

一般的な意味での電話相談員とは毛色が少々異なりますが、電話占いも悩みの相談先として女性を中心に人気の分野です。電話占いサイトを運営する会社に占い師として採用されれば、在宅で電話相談の仕事をする道も開けてきます。

普通の電話相談員と違って占いのスキルも必要になってきますが、占い師の仕事で重視されるのは相談内容に応じて的確なアドバイスを行う能力です。タロットや占星術などの占術で得た鑑定結果は悩みを解決に導くためのヒントに過ぎず、抽象的なメッセージを具体的なアドバイスに結びつける能力が問われてきます。

電話占いの画面

電話占いサイトでは霊感や霊視を使った鑑定を行う占い師も珍しくありませんが、占いを行うのに先天的な霊感や霊視能力は必須でありません。タロットや占星術のような占術は、勉強すれば誰でも習得が可能です。悩み相談に応じるためのコミュニケーション能力には個人差がありますので、電話相談の仕事に向いた性格の人は電話占い師の適性も持ち合わせています。

企業が募集する在宅の電話相談員は求人が決して多くありませんが、電話占いサイトの募集する占い師の求人は豊富です。採用されるにはコミュニケーション能力に加え、占術に関するスキルを判断する審査に通過する必要があります。誰でも電話占いサイトの占い師になれるわけではありませんが、在宅ワークの一種として一定の需要がある仕事だという点は知っておくといいでしょう。

占い師を副業で始める方法とは?在宅型と対面鑑定型に分けて徹底解説
占い師は特殊な霊感や才能が必要な職業と思いがちですが、占術に関する知識とカウンセリング能力を身につければ誰でもなれる可能性があります。副業としても人気が高まっている占い師を在宅型と対面鑑定型に分け、始め方と稼げる収入の目安について解説します。

電話相談アプリで稼ぐ方法

通話アプリ

企業と雇用契約や業務委託契約を結ぶ働き方以外にも、電話相談の仕事を在宅ワークにする方法があります。有料で電話相談ができるサービスを利用すれば、個人対個人の相談に応じることで報酬を得ることも可能です。

最近はスマホで利用できる相談アプリが増えていて、個人でもフリマ感覚で電話相談サービスを出品できるようになりました。サービスの出品そのものは基本的に無料で、相手が払う料金から手数料を引いた残りが出品者の報酬になる仕組みです。

個人で電話相談の有料サービスを出品できるアプリとしては、以下のようなサービスが挙げられます。

ココナラとスキルクラウド・タイムチケット・REQU・MENTAは総合型のスキルシェアサービスで、自分の得意をサービスの形で出品できます。サービス提供方式の1つに電話も含まれているため、個人で電話相談サービスを始める場合の集客に利用できるというわけです。

ランサーズはクラウドソーシングの大手として有名なサイトですが、スキルを出品して依頼主を募る仕組みもあります。電話相談の形でビジネスなどのノウハウを提供することも可能なため、電話相談の副業に利用できるサービスの1つとして追加しておきました。

ともなやは匿名で悩み相談ができるアプリとして、ここ最近話題を集めている新しいサービスです。相談にはIP電話を使用するため、通話料金はかかりません。

相談者はアプリ内で使える通貨を購入し、相談料としてそのポイントを使用する仕組みです。通話時間に応じて課金される相談料のうち、相談員には50%から80%が報酬として支払われます。有料の電話相談に特化したアプリは他にないユニークな試みだけに、どれだけ普及するかが注目されるところです。

スキルシェアで稼ぐ副業とは?おすすめスキル販売サイト10選も紹介
自分の得意や知識・経験をサービスとして出品して収入を得るスキルシェアは、スキマ時間で稼ぐ副業の手段として人気が高まっています。ココナラに代表される8つのスキル販売サイトについて、クラウドソーシングとの違いを含めた基本情報をまとめてみました。

ココナラの電話相談サービス

国内最大のスキルシェアサイトとして人気のココナラは、通常サービスの他に電話相談サービスとビデオチャットサービスでも出品が可能です。電話相談サービスを出品するには電話番号の登録に加え、本人確認の手続きも必要になってきます。

電話相談の方法は「待機中のみ受付を行う」場合と、「予約して電話する」場合の2通りです。前者を選んだ場合は出品者が「待機中にする」ボタンを押して待機設定にしている間だけ、電話相談のサービスが購入可能な状態になります。購入者側の画面には「すぐに電話する」と「予約して電話する」のボタンが表示され、どちらかを選んでサービスを購入する仕組みです。

通話方法には「電話でかける」と「アプリでかける」の2種類があって、「電話でかける」を選んだ場合は登録した番号から相手に電話をかける必要があります。この場合は通話料も普通に課金されてしまいますが、「アプリでかける」を選べば通話料は無料です。

電話のSOSを受け止めるイメージ

電話相談は相手の希望によって時間が長引くことも予想されるだけに、1分あたり20円の通話料は無視できません。事前にココナラアプリをダウンロードし、「アプリで通話」を選んで通話を行うことをおすすめします。

ココナラの電話相談サービスは中継システムを介して通話を行う仕組みのため、相談者に自分の電話番号が知られる心配はありません。どちらの通話方法を選んだ場合でも、安心して電話相談の仕事に専念できます。

電話相談の仕事に資格は必要?

電話相談員は相手の悩みを聞いて問題解決のヒントをアドバイスするのが役目だけに、関連する資格を持っていないと仕事ができないのではないかと思いがちです。相談員や電話カウンセラーを募集する求人の中には、臨床心理士などの有資格者を即戦力の人材として優先的に採用しているところもあります。

心理カウンセラーの民間資格があれば採用で有利になることもあり得ますが、電話相談員を募集している求人の多くは資格や経験不問です。前述のティアラカフェで募集している在宅の子育て悩み相談員も、「学歴不問」「未経験OK」となっています。

とは言え実際に電話相談の仕事をするには専門知識が必要になる場合もあって、相談員を養成するための研修参加を採用の条件とする求人も少なくありません。講座を受講するのに数万円程度の費用がかかる場合もありますので、募集要項をよく確認してから応募することをおすすめします。

ハートを手にする医師

ココナラのような電話相談アプリを利用して個人で集客する場合は、資格を取得したり研修を受けたりする必要はありません。電話相談のカテゴリ出品されているサービスを見ても、資格なしで出品している人は少なくない状況です。臨床心理士やメンタル心理カウンセラーなどの資格を持っていれば相手に信頼されやすく、集客の上でも有利に働く可能性はあります。

とは言え相談者の多くは、資格の有無で相談相手を選んでいるわけではありません。サービス内容についての説明文やタイトル・価格などの情報から総合的に判断し、「この人に相談すれば悩みが解決できるかも」と感じた人を選んでいます。出品を工夫する方が資格の有無より重要になってきますので、相談アプリでの集客を目的にわざわざ資格を取得する必要はありません。

ちなみに電話占いサイトで募集している占い師も、採用に当たっては資格の有無を問われないのが一般的です。占い師になるには何らかの占術に関する知識と、コミュニケーション能力は求められます。電話占いの各サイトではそれぞれ独自基準による審査が実施され、採用希望者のうち5%前後の人だけが占い師として採用されている状況です。

タロットカード士資格認定試験や手相鑑定士といった占い関連の民間資格も存在しますが、資格を持っているからと言って電話占いサイトに必ず採用されるとは限りません。電話占いの仕事も他の電話相談員と同じように、資格よりも実践的な能力が重視されているのです。

電話相談の副業でどれだけ稼げる?

電話相談の仕事が人気を集めている理由の1つとして、時給換算で高収入が稼げるという点が挙げられます。普通にアルバイトやパートの仕事をしても、1,000円から1,200円程度が時給の平均的な相場です。在宅ワークになると雇用契約を結ばずに業務委託で請け負う例が多いせいか、時給に換算すれば最低賃金以下の水準に下がってしまう場合も珍しくありません。

電話相談の仕事は通話1分あたりいくらという形で報酬が支払われる例が多く、1分あたり20円以上の条件なら普通にアルバイトの仕事をするより稼げる計算です。この記事で紹介したティアラカフェも完全出来高制の業務委託契約で、電話相談の時間に応じて10分500円の報酬が支給されます。時給換算では3,000円ほど稼げる計算ですので、在宅ワークが可能な電話相談の仕事としては高めの水準と言えます。

時計とお金

求人数が多い電話占いサイトの場合、占い師が受け取る報酬は通話1分あたり50円前後が平均的な相場です。電話占いの料金は1分300円前後が相場ですので、占い師の取り分は料金の30%前後ということになります。電話占いの鑑定で仮に1時間いっぱい通話に費やしたとすれば、時給換算では3,000円前後を稼げる計算です。

実際にはもっと短時間で通話を終えるケースが多いだけに、待機時間の方が長いという占い師も少なくありません。待ち時間も含めて1時間に3,000円以上を稼いでいるのは、よほどの売れっ子占い師に限られます。そのへんはシフトに従って勤務し、働いた時間ごとに決まった給料をもらうアルバイトの仕事と違うところです。

ココナラの電話相談で稼げる金額の目安

ココナラなどの電話相談アプリを使って相談者を募集した場合も、稼げるかどうかは相手次第ということになります。1日に何件もの相談依頼が殺到するようになれば、普通にアルバイトの仕事をするより高収入を稼ぐことも可能です。

電話相談サービスを出品してもなかなか購入してもらない場合は、売れない占い師と同様に待機時間の方が長くなってしまいます。待ち時間も含めると時給換算で稼げる金額は少なくなってしまいますが、電話相談の実働時間に応じて課金される料金は自分で自由に設定できる仕組みです。

ココナラに出品されている電話相談サービスの料金設定を見ると、1分100円から200円以上まで金額に幅が見られます。ココナラで通常サービスに出品した場合に売上から引かれる手数料は22%ですが、電話相談サービスに限っては手数料が異なるという点に注意が必要です。

時計とお金

相談料を100円に設定した場合の手数料は59%に当たる59円で、出品者が受け取る報酬は41円ということになります。120円以上に設定した場合は20円刻みで手数料の割合が変わり、相談料200円で受け取る報酬は41.5%に当たる83円です。

相談料を必要以上に高く設定すると、相談者の利用が伸び悩む可能性もあります。まずは最低価格の1分100円でサービスを出品し、一定の支持を得たところで価格設定を少しずつ上げるようにするのが無難です。

1分100円の相談料でも、単純に時給換算すると2,460円稼げる計算になります。1日に1時間半程度の実働時間で電話相談の仕事を毎日続けていれば、1分100円の価格設定で月に10万円を稼ぐことも可能です。

ココナラで売れない人の特徴とは?スキル販売の副業で稼ぐコツを解説
国内最大のスキル販売サイト「ココナラ」を副業の手段に利用する人が増えていますが、サービスを出品してもなかなか売れず「稼げない」という声も聞かれます。そこでココナラを利用したスキル販売で売れない人の特徴と、稼ぐための方法論をまとめてみました。

電話相談で稼ぐ在宅ワークの副業まとめ

悩み解決のイメージ

在宅ワークとして収入を得ることが可能な電話相談の仕事は、雇用形態や働き方の違いによって大きく3つのパターンに分けられます。電話相談サービスの運営会社と雇用契約を結んで働く在宅ワークの仕事は、求人の募集が決して多いとは言えない状況です。電話占いサイトでは占い師を随時募集していますが、サイトごとに独自審査が行われるため狭き門となっています。

ココナラに代表される電話相談アプリを利用すれば、電話相談の仕事を自分で作り出すことも可能です。出品を工夫するなどして集客の努力も必要ですが、第3の方法が電話相談の在宅ワークで稼ぐのに最も現実的な選択肢と言えます。

電話で稼ぐ副業には何がある?在宅で収入を得る6つの方法を解説
世の中には電話サポートや愚痴聞きサービスなど、電話をするだけでお金を稼げる副業の手段があります。在宅で収入が得られるバイトの仕事は、主婦のお小遣い稼ぎとしても人気です。電話で稼ぐ6種類の副業について、注意点と合わせて情報をまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました