ピッキングのバイトはどれだけきつい?作業効率化のコツを解説

副業

倉庫のピッキング作業は「軽作業」として求人が募集されていますが、そのわりには仕事が「きつい」という声も少なくありません。経験を問わずにできる仕事でありながら時給が高めだけに、ピッキングのバイトは女性にも人気の職種です。

主婦や会社員の副業手段としても利用されているピッキング作業はどれだけきついのか、求人の募集状況や時給の平均相場と合わせて基本情報をまとめてみました。ピッキング作業を効率化してミスを減らすコツについても、記事の後半で詳しく解説します。

ピッキング作業とは

クエッションマーク

そもそもピッキング(picking)とは「選ぶ」「摘み取る」を意味する英語の名詞形で、注文票に従って倉庫から商品をピックアップする作業を示す業界用語です。工場の倉庫や小売店・宅配業者の物流センターでは、在庫のある商品がカテゴリ別に収納されています。倉庫内を歩き回って注文の商品を集め、検品・梱包担当の人に引き渡すのがピッキングの仕事です。

ピッキング作業には個別の注文ごとに商品を集める「摘み取り」方式と、まとめてピッキングした商品を配送先ごとに仕分けする「種まき」方式の2種類があります。「オーダーピッキング」「シングルピッキング」とも呼ばれる摘み取り方式は、通販サイトなど不特定多数の個人客に配送を行う倉庫に向いた方式です。「トータルピッキング」とも呼ばれる種まき方式はコンビニの配送センターや卸問屋など、特定の限られた配送先を持つ倉庫のピッキング作業に適しています。

摘み取り方式のピッキング作業では倉庫内から集めた商品を運搬する際に、カートや台車を使用するのが一般的です。種まき方式のピッキング作業は大量の商品を処理する必要があることから、大規模な倉庫ではベルトコンベアを使用した流れ作業が導入されています。

土日祝日を含めて24時間稼働している倉庫が増えていることから、ピッキングのアルバイトは交替制で勤務する求人も少なくありません。夜間や早朝のシフトに入れば割増賃金が加算され、時給換算で効率的に稼げるようになります。本業の仕事と両立できる勤務シフトを選ぶことで、ピッキングのバイトは副業の手段にもなり得る仕事です。

ピッキングバイトの求人募集状況

大募集

アルバイト求人サイトで「ピッキング」のフリーワードを入力して検索してみると、数多くの求人がヒットします。倉庫以外の求人が紛れ込んでいる場合もありますが、倉庫のピッキング作業だけでも求人数は豊富な状況です。

ピッキングだけでなく梱包や仕分けなど他の軽作業と合わせて募集されている求人が多く、配送先店舗で品出しを行う求人も含まれます。実際にピッキングを含む軽作業バイトとして倉庫に採用された場合、ピッキングから梱包・仕分けまで1人で担当する場合も珍しくありません。

ピッキング作業単独のアルバイトやパートの求人が募集されている例は少なめですが、大規模な倉庫になるとスタッフ間で役割分担が徹底しています。他の軽作業スタッフとまとめて求人が募集されている場合は必ずしもピッキング作業を担当するとは限りませんが、職場によっては配属先の希望を聞いてもらうことも可能です。

ピッキングバイトの平均時給

一般にアルバイトの仕事でもらえる給料は、難易度が高い仕事ほど時給が高めに設定されています。体力的な負担が重い仕事や資格が必要な仕事は給料を高く設定しないと、求人を募集しても応募してくれる人が集まらないからです。

逆に難易度が低く誰にでもできるような仕事は求人が集まりやすいため、時給も低めに設定されています。そうした中でピッキング作業を含む軽作業バイトは、仕事の難易度が低いわりに時給が高めというお得感のある仕事です。

時計を持つ女性とお金

アルバイト求人サイトのタウンワークが集計したデータによると、品出し・ピッキングのアルバイト・パートは東京都の平均時給が1,236円となっています。最も低い県では時給の平均値が820円にまで下がりますが、大規模な倉庫の多い都市部に関しては他のアルバイトより時給が高めの水準です。

同じ軽作業でも仕分けバイトは東京都の平均時給が品出し・ピッキングと同額で、検品は1,162円、組立・加工は1,132円に下がります。平均時給が1,137円のホールスタッフバイトや1,085円のコンビニバイト、1,142円の清掃バイトと比較しても、ピッキングは時給が高いバイトの1つです。時給1,236円と言えば、ピッキング作業よりも体力的な負担が大きい引越しバイトの平均値に匹敵します(平均時給の数字はいずれもタウンワーク集計による東京都のデータ)。

ピッキング作業がきついと言われる理由

ピッキングのバイトは梱包や仕分けバイトとともに、軽作業の名称で求人が募集されています。時給が高めという点で人気を集めている一方では、実際にピッキング作業をしてみて「仕事がきつかった」と証言している人も少なくありません。

軽作業という求人用語の定義があいまいなために誤解されやすいですが、「軽作業=体力の負担が軽い仕事」ではない点に注意が必要です。軽作業というのはあくまでも「難易度が低く覚えやすい仕事」という意味で、その多くは単純作業の繰り返しです。同じ軽作業でも座って作業を行うことが多い梱包やシール貼りは体力的な負担が軽い方ですが、ピッキングは軽作業の中でも体力を使う仕事だと言えます。

腰が痛い女性

特に広大な倉庫内を歩き回って注文の商品を集める摘み取り方式のピッキング作業では、1日に10キロ以上も歩くことも珍しくありません。大量の荷物を運搬するのにカートや台車を使用するとは言え、大型の家具や家電製品・飲料ケースなどを運搬具に移し替える作業には体力も必要です。アパレルメーカーの工場など軽い商品しか扱わない倉庫のピッキング担当であれば、重い荷物の移し替え作業は発生しません。

それでもピッキング作業は梱包やシール貼りと違って、基本的に立ち仕事です。デスクワークに慣れた人が副業の手段とする場合には、何時間も立ちっぱなしの仕事で「きつい」と感じる可能性も出てきます。

面積が広い上に天井が高い倉庫は隅々まで空調を及ぼすのが難しいため、夏暑く冬は寒い作業環境になりがちです。氷点下20℃以下に保たれている冷凍庫でピッキング作業を行う場合は、季節に関係なく過酷な仕事を強いられます。

物流センターの倉庫で働く場合は、お中元やクリスマスシーズンなどの繁忙期に伴う大変さも無視できません。繁忙期になると臨時バイトが雇われるケースも多く、倉庫内が混雑して仕事がやりにくくなることが考えられます。以上のような複数の悪条件が重なって体力的な負担が増大した結果、ピッキングの仕事を「きつい」と感じてしまうのです。

倉庫バイトがきついと言われる理由とは?作業の種類ごとに特徴を解説
流通業界や物流業界では倉庫で働くアルバイトが多く募集されていますが、倉庫バイトの仕事は「きつい」という声も少なくありません。倉庫バイトの仕事にもいろいろと種類があって一律にきついわけではありませんので、作業別の特徴についてまとめてみました。

ピッキングのバイトは女性にもできる?

ピッキング作業をする女性

他の軽作業と比べて体力的な負担が大きめとなれば、ピッキングのバイトは「女性には不向き」と思いがちです。実際には女性スタッフがピッキング作業を担当している倉庫も少なくない状況で、男性でなければできない仕事というわけではありません。

物流センターなど規模の大きい倉庫になると、ピッキングの担当に男性スタッフもいれば女性スタッフもいます。重量のある荷物のピッキングは男性スタッフが担当し、女性スタッフは比較的軽い荷物を担当するように役割分担がされている状況です。

倉庫によっては必ずしもそういった役割分担が徹底されていないため、女性スタッフであってもピッキング作業で重い荷物を扱うケースがあり得ます。そのへんは勤務先の倉庫によっても違ってきますので、体力に自信がない人は採用担当者に問い合わせてみるといいでしょう。

ピッキング作業は接客業と違って、服装などの自由度も比較的高い仕事です。ユニフォームを支給される職場も多く、服装に気を使う必要がないという点では女性でも気楽に働ける仕事だと言えます。長時間の立ち仕事で冬場は足元から冷えやすくなりますので、冷え性の人は服装や携帯用カイロなどの寒さ対策が欠かせません。

ピッキング作業を効率化するコツ

ピッキングの仕事が「きつい」と感じる理由の1つとして、広い倉庫内で商品を集める作業の効率が悪い人の例が挙げられます。この点では作業をする人によってかなりの個人差も見られるだけに、全員が全員ピッキング作業できつい思いをしているとは限りません。

ピッキングに慣れた人は広大な倉庫内でも最短距離を回り、効率よく商品を集めています。作業に無駄がないため疲れにくく、同じ時間働いてもそれほどきつい思いをせずに済むというわけです。

ピッキング作業に慣れていないと商品を探し回るのに余計な距離を歩くことになり、体力の消耗も激しくなって「きつい」と感じやすくなります。倉庫内のどこに何が置いてあるのか頭の中でしっかりと把握していれば、目的の商品をピックアップするのに最短距離で回れるようになるはずです。ピッキングの仕事を始めたらできるだけ早い段階で倉庫内の地図(間取り図)を作成し、移動するパターンを頭の中でシミュレートしてみることをおすすめします。

宝の地図

俗説によると女性は男性と比べて地図を読むのが苦手だとか、方向音痴の人が多いとか言われていますが、必ずしも科学的根拠があるわけではありません。女性でも倉庫内の地図を作成して暗記していれば、ピッキング作業が効率化して体力的な負担が少しでも軽減されるはずです。

運悪く重い荷物を扱う羽目になった場合でも、荷物を持つコツを知っていれば作業がだいぶ楽になります。腕の力だけで荷物を持とうとせず、荷物の重量を全身に分散させる感覚で台車やカートに移し替えるのがコツです。荷物をできるだけ体に近づけ、膝や腰なども上手に使って持つように心がけていれば、腕力の弱い女性でも重い荷物を扱えるようになります。

ピッキング作業のミスを防ぐ対策

顔を覆う女性

ピッキング作業が「きつい」と言われる理由の多くは重い荷物の移動や立ち仕事など、主に体力的な負担が大きいことに由来します。検品や梱包担当のスタッフに引き渡す荷物は、注文客のもとに届けられる大切な商品です。万が一注文と違った品が届いた場合は相手に多大な迷惑をかけるだけでなく、倉庫を運営する会社の信用問題にも関わってきます。

そういうトラブルが発生した場合にはミスをした人が特定され、現場責任者から叱責を受ける結果になりかねません。ピッキング作業はミスが許されない仕事だけにプレッシャーが加わり、体力面だけでなく精神面でも「きつい」と感じてしまいます。

ピッキング作業でこうしたミスを防ぐには、以下のような対策が効果的です。

  • 商品の置かれてある場所を正確に把握する
  • ピッキングした商品の数量を必ず確認する
  • 商品に間違いがないよう、バーコードを確認する
  • 名称がよく似た商品がある場合は、紛らわしい商品名を把握しておく
  • わからないことは責任者や先輩スタッフに教えてもらう

最近は専用の端末を使って商品のバーコードを読み取り、注文票と照合してピックアップする方式を採用する倉庫が増えています。バーコードで照合すれば商品に間違いはないはずですが、人間のやることにミスは付きものです。商品をピックアップした直後には機械に任せきりにせず、面倒でもバーコードを注文票と照合すればミスの確率を0に近づけられます。

バーコードの13桁番号のうち最初の2桁は国を表し、次の5桁はメーカーを表す数字です。残る6桁のうち5桁で商品を表し、最後の1桁は読み取り確認用のコードとなっています。13桁全部を照合しなくても下6桁だけチェックすれば、ピッキングのミスはたいてい防げるばずです。

端末を使わず商品名を見てピックアップ場合でも、紛らわしい商品名を事前に把握していればミスを避けられます。前述の作業効率化と相反するようでもありますが、ピッキング作業に慣れれば両立できるようになります。

工場・倉庫のお仕事探しはウィルオブ・ワーク

まとめ

ピッキング

ピッキング作業のバイトがきついと言われるのは、体力的な理由と精神面の理由の両方があります。体力的な意味できついと感じる人の多くは、ピッキングの仕事に慣れていないのが主な原因です。広い倉庫内を最短距離で効率的に回るコツをつかめば、体力の消耗も以前より少なく済むようになります。重い荷物をカートや台車に移し替える作業でも荷物の重量を体全体に分散させる持ち方を覚えれば、疲れ方がだいぶ違ってくるはずです。

基本的に立ち仕事で長い距離を歩かなければならない点については、そういう仕事だと思って慣れるしかありません。ピッキングの仕事を始めてから体重が数キロ減ったという人も少なくないだけに、ダイエットや健康に役立つという点はメリットにも転じる要素です。

ミスが許されないピッキング作業には精神的なプレッシャーも付きものですが、ピックアップ後にバーコードや数量を確認する癖をつけれていばミスの防止につながります。この仕事に慣れさえすれば、体力面でも精神面でもそれほど「きつい」とは感じなくなるのが普通です。そうなれば平均時給が高めの軽作業バイトだけに、会社員や主婦の副業としても有力な選択肢の1つとなってきます。

軽作業バイトは意外ときつい?主な仕事内容と求人を探すコツを解説
倉庫や工場などで求人を募集している軽作業のバイトは女性に人気を集めていますが、仕事が意外に「きつい」という声も少なくありません。主婦の副業に向いているはずの軽作業バイトがきついと言われる理由について、仕事内容や面接対策と合わせて解説します。
タイトルとURLをコピーしました