shoichiとスマセルでアパレル在庫を安く仕入れる副業とは?

副業

本業や副業で衣料品販売の仕事をしている人なら、shoichiやスマセルという名前に聞き覚えがあるという人も少なくないと思います。どちらもアパレルメーカーの在庫品を安く買い取っている業者ですが、法人ばかりでなく個人でも利用が可能です。通常の卸ルートで仕入れるよりも商品が格安で入手可能になったせいか、最近は副業としてアパレル在庫ビジネスを手がける人が急増しています。

そんな仕入先として多く利用されているshoichiとスマセルの特徴について、個人が副業でアパレル販売を行うという観点から情報を整理してみました。安く仕入れた商品を活用して収益化する方法についても、記事の後半で詳しく解説します。

アパレル在庫ビジネスとは?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外出を控える動きが広がったせいか、アパレル業界が苦境に陥っています。衣料品メーカーでは半年先の売れ行きを予測して生産するのが常識となっているだけに、大量に売れ残った商品をどう処分するかといった問題にはコロナ以前から悩まされてきました。

海外では高級ブランド服のメーカーが売れ残り商品を大量に焼却処分していた事実が明らかとなり、世間の非難を浴びた一件が報じられています。国内でもブランド価値を守るために売れ残り商品は敢えて値下げ販売せず、大量の在庫を焼却処分しているメーカーは少なくないと見られます。

そうした中で脚光を浴びるようになったのは、メーカーから売れ残り商品を安く買い取る処分業者です。製造原価を下回る安値ではありますが、メーカーにしてみれば売れ残りの在庫を少しでもお金に換えられるという利点があります。

売れ残り商品を焼却して処分した場合は1円も回収できない上に、処分には少なからず費用も必要です。大量に売れ残ってしまった商品を買い取る処分業者の側では、安く買い取った洋服を販売することで収益を上げることができます。ブランドを示すタグをカットしたり自社のタグに付け替えたりすれば、商品を安く販売してもアパレルメーカーのブランド価値を守れるというわけです。

独自の販売ルートを確立した処分業者が登場してきたことによって、アパレル在庫ビジネスというこれまでにない処分方法が業界の注目を集めるようになりました。売れ残り商品の販売先は店舗を運営する企業のみならず、副業や個人事業のスタイルで衣料品の販売を手がけている個人も少なくありません。アパレル在庫ビジネスは新たな副業の一形態としても注目を集めており、コロナ禍で新規参入者が急増している状況です。

アパレル在庫を安く買取している2大業者

新たな副業としても注目の的となっている在庫買取ビジネスの仕入先としては、shoichiスマセルという2つの業者が挙げられます。いずれも衣料品の長期売れ残り品や廃棄ロスの問題を解消させる目的で、アパレルメーカーから商品を安く買い取っている処分業者です。

shoichiやスマセルがあるおかげで、本来なら廃棄すべき売れ残り商品が少しでもお金に換えられるようになりました。副業でアパレル製品の販売を行う人にとっても、商品を格安で仕入れられる場として重宝されています。

shoichi

大阪市に本社を置く株式会社Shoichiの代表取締役社長・山本昌一氏は、大学在学中から在庫処分ビジネスを手がけてきた人物です。ヤフオク!を利用した中古アパレル製品の転売からスタートし、国内のアパレルメーカーから大量の在庫を買い取るビジネスを始めたのが2005年の出来事でした。

メーカーの倉庫で眠っていた在庫に活躍の場を与え、新たな商品として甦らせようというのがshoichiのコンセプトです。shoichiが運得するアパレル卸問屋.comには、レディース服やメンズ服・子供服といったアパレル商品が90%OFF前後の安値で数多く販売されています。いずれも商品からブランドを表示するタグを外し、どのブランドの商品なのかわからないようにすることで実現された激安価格です。

スマセル

Shoichiは衣料品だけでなく雑貨や家電製品・食品まで幅広く扱っていますが、2015年に設立されたスマセルはアパレル在庫に特化した卸売・仕入れサイトです。サイトには約1,000社に及ぶアパレルメーカーの在庫品が1万点以上掲載されており、洋服に加えて靴や生地・インテリア製品も取り扱っています。無料会員登録することでサプライヤーから商品を仕入れることが可能になる仕組みですが、会員のおよそ80%は一般の個人です。

スマセルでも店頭価格の最大95%OFFという安値で販売されているため、本来の売価の半額で転売しても利益を出せます。スマセルから仕入れた商品の支払い方法はクレジットカード払いや銀行振込に加え、提携ファイナンス会社の審査が通れば掛け払いも可能です。

アパレル在庫の主な販売方法

shoichiやスマセルのような業者が出てきたことで衣料品を安く仕入れられるようになりましたが、それで収益を残せるかどうかは売り方しだいです。在庫処分業者から格安で仕入れられるのはアパレルメーカーで売れ残った商品が中心ですので、当たり前に販売しても売れない可能性があります。単に価格を安くすればいいというわけではなく、売る側にも工夫が求められてくるのです。

副業でアパレル在庫を売りさばく際の販売方法としては、以下の3パターンが考えられます。

  1. メルカリやヤフオク!に出品する
  2. ネットショップを開業して販売する
  3. ライブコマースで実演販売する

それぞれ詳しく解説します。

メルカリやヤフオク!

shoichiやスマセルから仕入れたアパレル在庫商品を販売する最も手軽な方法は、出品が簡単なメルカリを利用したやり方です。メルカリには自分や家族が着た古着も多く出品されていますが、shoichiやスマセルから仕入れれば新品を安く出品することでライバルに差をつけられます。販売価格を低めに抑えないとメルカリではなかなか売れませんが、仕入れ値が店頭価格の90%以上OFFなら思い切った売価を打ち出せるはずです。

転売の手段として根強い人気を誇るヤフオク!には、オークション出品とフリマ出品という2種類の出品形態があります。フリマ出品ならメルカリと同じような感覚で気軽に出品できますが、フリマ出品より手間がかかるオークション出品は高く売れる可能性もある点がメリットです。

メルカリは30代以下の女性ユーザーが多いのと比べ、ヤフオク!は30代以上の男性ユーザーが多いという特徴も見逃せません。レディース服はメルカリに、メンズ服はヤフオク!に出品した方が売れやすいと言えます。いずれもライティングを工夫してきれいに撮影した写真を複数枚掲載するとともに、商品の説明文もていねいに書くのが売れるコツです。

商品撮影で差をつけるコツとは?メルカリで売れる商品写真の撮り方
メルカリに出品したり自分でネットショップを開業したりする際には、商品撮影の出来によって売上が大きく左右されてくるものです。売れるようにするためには商品写真をどのように撮影すればいいのか、ライティングやカメラ設定のコツについて解説します。

ネットショップ

メルカリやヤフオク!は多くの人が日常的に利用しているため、自分でゼロから集客する必要がないという点はメリットです。それだけライバルが多いというデメリットもある上に、販売価格から一定の手数料が引かれてしまいます。

広告やSNSなどを活用しながら自分で集客を行うという前提の上でなら、自分だけのネットショップを開業するのもアパレル在庫を売る1つの方法です。BASESTORES(ストアーズ)といったサービスを利用すれば、個人でも初期費用0円でネットショップを作ることができます。商品の仕入れ以外に費用をかけるなら、リスティング広告やSNS広告など集客を目的とした広告費用に投じるのが最も効果的です。

個人でもネットショップで稼げる?副業の可能性を初心者向けに解説
個人でもネットショップ運営に挑戦する人が増えていますが、副業のつもりで安易に手を出すと赤字を抱え込むリスクもあります。上手に集客すれば本業を上回る収入を稼げる可能性も秘めたネットショップの基礎知識について、初心者にもわかりやすく解説します。

ネットショップを開業して間もないうちは収益ゼロからのスタートとなり、広告費用を投じるだけの余裕もありません。そんな場合にはブログを使って商品を紹介したり、SNSで情報を発信したりするという宣伝手法もあります。いずれにしてもネットショップを開業してアパレル在庫品を売ろうという場合には、どれだけ集客できるかが成功の鍵を握る最大のポイントです。

ライブコマース

今まではshoichiやスマセルを使って商品を仕入れる人もそれほど多くなかったため、メルカリやヤフオク!で売る場合でもネットショップで売る場合でも先行者利益が得られる状況でした。現在ではアパレル在庫ビジネスの手法が知られるようになり、コロナ禍をきっかけに参入する人が急激に増えてきている状況です。どの販売方法でもそれだけライバルが増えている状況ですので、まともにやり合っていては価格競争が避けられません。

そんな中でもライバルへの差別化が可能な新しい売り方として、ライブコマースと呼ばれる手法が注目されています。ライブコマースは中国でも人気を集めている販売方法で、ライブ配信を利用しながら商品を紹介するのが特徴です。

中国で人気のライブコマースとは?ネット通販の新たな可能性を解説
ネット上でテレビショッピングのように実演販売を行うライブコマースが中国で大人気ですが、日本での普及度は今ひとつでした。コロナ禍をきっかけに日本でも注目度が高まっているライブコマースについて、ネット通販の新たな可能性という観点から解説します。

衣料品やファッションアイテムをネットで販売する際にはリアル店舗と違って実物を手に取ることができず、サイズ感や素材の質感などが伝わりにくいという難点がありました。ライブ配信で商品を紹介することで購入希望者からの質問にもリアルタイムで答えられるようになり、そうした不安の解消につながります。

アパレルショップで販売員の経験がある人なら、ライブ配信を通じて商品をおすすめする際にも仕事で培ったスキルが役に立つはずです。SNSやYouTubeで一定のファンを持つインフルエンサーがこうしたライブコマースの手法を使えば、アパレル在庫品の販売で月に100万円以上を稼ぐことも夢ではありません。

アパレル在庫ビジネスを始める方法まとめ

大量生産して大量に売りさばく手法が常態化しているアパレル業界では、副産物としての売れ残りと大量の在庫に悩まされてきました。これまでは焼却処分されるのが普通だった長期在庫品を安く買い取り、別の販売ルートに乗せて有効活用しようというのがアパレル在庫ビジネスの手法です。shoichiとスマセルがその代表的な存在で、いずれも個人が副業としてアパレル販売を行う際の仕入先に利用できます。

仕入れたアパレル在庫品をメルカリやヤフオク!に出品して売る方法だけでなく、ネットショップ開業やライブコマースで売る方法も有力な選択肢です。自分に合った売り方を選ぶことで商品が順調に売れていけば、仕入れのために店舗や問屋に出かけることなく在宅で副業収入を稼げるようになります。

コメント

  1. […] shoichiとスマセルでアパレル在庫を安く仕入れる副業とは?アパレルメーカ… […]

タイトルとURLをコピーしました