ティッシュ配りバイトが長続きしない人の特徴とは?配布のコツを解説

副業

街角でよく見かけるティッシュ配りのアルバイトはやりたがる人が決して多くないせいか、簡単そうに見える仕事のわりには時給高めの求人が少なくないものです。短時間で効率的に稼ぎやすい仕事には落とし穴があるものですが、ティッシュ配りバイトにも精神的なタフさが求められます。ティッシュを渡そうとしてもなかなか受け取ってもらえず、心がくじけそうになってしまいがちなのです。

そんな大変さのあるティッシュ配りの仕事にも向き不向きがあって、長続きしない人には共通した性格の特徴が見られます。それもちょっとコツをつかめば受け取ってもらいやすくなりますので、ティッシュ配りの達人になるためのポイントをまとめてみました。ティッシュ配りバイトの仕事に不安を抱いている人でも、この記事を読めばチャレンジしてみようという意欲が湧いてきます。

ティッシュ配りバイトは簡単な仕事?

今や生活に欠かせない消耗品となっているティッシュペーパーは、100年ほど前にアメリカで発明された商品です。これを改良して手軽に持ち運べるようにしたポケットティッシュは日本で開発された商品で、広告入りのティッシュを無料で配布する宣伝の手法としても利用されてきました。

街で広告入りのティッシュを配るアルバイトは、一見誰でもできる簡単な仕事のように思いがちです。ただでくれるものなら何でももらっておこうという人もいれば、余計な持ち物が増えるのを迷惑がる人もいます。自分が受け取る側の立場になってみれば想像できることですが、急いでいるときなどはティッシュ配りの存在を煩わしいと思ってしまうのが普通です。

ティッシュ配りは海外であまり見かけない宣伝活動だけに、日本を訪れた外国人の中には珍しがられます。外国人だけでなく家計に頭を悩ませている主婦も受け取ってくれる確率が高い層ですが、サラリーマンの男性などは受け取らない人の方が多いものです。

ティッシュ配りにも後述するようなコツがあって、間が悪いとなかなか受け取ってもらえません。経験したことがない人が思うほど簡単なわけでもなく、誰でも初心者のうちは人知れぬ苦労を味わうのがティッシュ配りの仕事なのです。

給料の相場

ティッシュ配りバイトは誰にでもできそうなほど簡単な仕事と見なされているわりには、時給換算で稼げる給料はそれほど悪くありません。以前は時給800円から1,000円程度が平均的な相場で他のアルバイトより低めでしたが、人が嫌がる仕事で給料が安ければ誰もやる人がいません。

ティッシュ配りは企業の側でそれなりに需要がある仕事のため、最近は人員を確保するために給料がつり上がっている傾向も見られます。現在では時給1,000円以上の求人が多数を占めるようになり、中には時給1,500円を上回るようなおいしい仕事も募集されているほどです。

ほとんどのティッシュ配りバイトはノルマがありませんが、時給プラス歩合給の形で募集している求人も見られます。この場合は基本時給を1,000円程度で低めに設定しておいて、ティッシュ1個あたり数円程度のインセンティブが加算される仕組みです。

ティッシュを多く配れば配るほど給料が増えるとなれば、ノルマを課せられていなくても「がんばって配ろう」という気にさせられます。多い人だと1時間で500個以上配る人もいるだけに、歩合制で効率良く配れば時給換算で2,000円以上を荒稼ぎすることも可能なのです。

ティッシュ配りのつらいところ

やりようによっては他のアルバイトより効率的に稼げる可能性があるとは言え、ティッシュ配りは体力的に結構つらい面もある仕事です。6時間以上勤務する場合は途中で休憩を入れるのが一般的ですが、数時間程度の仕事なら休憩なしでティッシュを配り続けなければなりません。

この間は座って休むことができず、基本的に立ち仕事なので足腰が鍛えられます。それも通行人の動きに合わせて足を運ぶ必要があるため、1日働けばクタクタに疲れてしまうのが普通です。

屋外でティッシュ配りを行う仕事は天候の影響ももろに受けやすく、夏の暑さと冬の寒さへの対策も欠かせません。雨の日はティッシュが濡れてしまうため仕事も中止になるのが普通ですが、中には傘を差しながら配り続けたという例もありました。

そういう体力面のつらさ以上に、ティッシュ配りは精神的な意味でもつらい部分があります。何人も続けてティッシュを受け取ってもらえないと自分自身が拒絶されたように感じ、メンタル面でダメージを受けてしまうのです。

このような仕事でなければ関わり合うこともなかった赤の他人に次々と声をかけ、ティッシュを渡さなければならないというのは、慣れない人にとって気が重い役割です。どの相手でも喜んで受け取ってくれるのであればまだしもやりがいのある仕事ですが、現実は受け取りを拒否されることが決して少なくありません。

人間には本能的な承認欲求というものがあって、SNSで「いいね!」を受けると快感を覚えるようにできています。何人も続けてティッシュの受け取りを拒否されたり舌打ちされたりすれば、承認欲求がくじけて心が折れそうになるほど精神的に打撃を受けてしまうのです。

ティッシュ配りバイトが長続きしない人の特徴

簡単そうに見えながら以上のような難しさもあるだけに、ティッシュ配りバイトは性格的に向いている人と向いていない人がいます。ティッシュの受け取りを拒否されたときの受け止め方も人それぞれで、まるで自分の人格が否定されたかのように感じてしまう人には不向きな仕事です。

よほど奇抜な格好をしていたのであれば話は別ですが、相手が拒否したのは広告入りのティッシュであって配る人そのものではありません。ティッシュ配りは以前から存在するだけに珍しくはありませんが、胡散臭いイメージを持っている人も少なくないのが現状です。この仕事にうまく適応して上手に配っている人は、そういうイメージに対しても割り切った態度で堂々と振る舞っています。

割り切れない人は心の底からこの仕事に同化できていないため、ティッシュを渡そうとする動作や声かけも中途半端になりがちです。人はそういう心の迷いに意外と敏感なだけに、自分には受け取る義務はないとばかりに通り過ぎてしまいます。

たとえ一瞬の接触であってもティッシュ配りの仕事には接客のセンスが求められるため、面識のない他人と接するのが得意でない人は慣れるのに時間がかかるのが普通です。受け取りを拒否されるのが当たり前の仕事だと割り切れなければ、慣れるまで続けることができません。給料の決して悪くないこの仕事を長く続けるには、ティッシュ配りの仕事と自分自身の人格とを切り離す必要があるのです。

こんな人はティッシュ配りの達人になれる可能性あり

ティッシュ配りの達人と言われている人は、通行人への声のかけ方やティッシュの渡し方がいかにも自然で無理がありません。中にはティッシュを相手に押し付けるようにして渡す人もいますが、そういう渡し方は「しつこい」と思われてしまうので避けるべきです。

達人はたとえ受け取りを拒否されても涼しい顔で受け流し、瞬時に頭を切り替えて次の通行人に近づきます。そういう人は1人や2人拒否されてもへこたれないどころか、何人続けて拒否されても引きずらないタフな心の持ち主です。

そんな達人も場数を踏むうちにそうやって割り切れるようになったのであって、ティッシュ配りの仕事を始めた最初からこの境地に達していたわけではありません。これまでの人生でさまざまな挫折を乗り越えた経験を持つ人は打たれ強くなっているだけに、ティッシュ配りの仕事でもそうした達人になれる可能性があります。何かで失敗してもすぐに頭を切り替えて次の挑戦に打ち込めるような人も、自分なりの創意工夫でティッシュ配りの成功率を高めようと試みるはずです。

ティッシュ配りで受け取ってもらうコツ

声が大きく元気がいい人はティッシュを受け取ってもらいやすいのも事実ですが、それだけではまだまだ達人とは言えません。達人は道行く人の通行を妨げないスムーズな動作を心がけ、絶妙のタイミングでティッシュを差し出します。渡そうとする相手と同じ方向に数歩進みながら流れるような仕草でティッシュを取り出し、相手が受け取りやすい方の手に向けて差し出すのがコツです。

街角のティッシュ配りに対しては「絶対に受け取らない」「必ず受け取る」と決めている人は少数派で、ほとんどの人は不意を突かれたようにして反射的に受け取っています。達人は脊髄反応的に受け取らせる極意をつかんでおり、相手が最小限の労力でティッシュを手にできるような位置に差し出しているのです。

ティッシュを渡す際には明るい笑顔を心がけて相手に視線を送り、好印象を与えるようにした方が受け取ってもらいやすくなります。だからと言ってまだ距離があるうちから相手をじろじろと見るのはかえって逆効果になりますので、視線を送るのはあくまでも渡す直前にとどめるのがポイントです。

声のかけ方にしても、ただ闇雲に大声で叫べばいいというわけではありません。何をPRするためのティッシュなのか短い言葉でわかりやすく伝えることで胡散臭さが解消され、相手も受け取るのに抵抗がなくなります。

短時間で数をこなすには主婦や高齢者など、ティッシュを受け取ってくれる可能性が高い人を集中的に狙うのも1つの手です。歩いて移動中の相手に渡すのはどうしても難易度が高くなるため、信号待ちの発生する交差点で立ち止まった人を狙えば受け取ってもらいやすくなります。ティッシュ配りを依頼する業者は事前に道路使用許可を得た上でアルバイトを雇っていますので、指定されたエリア内で最も渡しやすいスポットを選ぶ判断力も欠かせません。

まとめ

ティッシュ配りバイトは必ずしもすべての人に歓迎されているわけではない仕事だけに、受け取り拒否が続くと嫌な気持ちになりがちです。それでも配布を依頼する企業にとってはマーケティング活動の成果が問われる大切な仕事ですので、その企業に成り代わってPRを担当するのだと考えれば仕事もやりやすくなります。たかがポケットティッシュ1つでも持っていれば何かと役に立つ場面があるせいか、相手の方から進んで欲しがるという人も珍しくありません。

ティッシュ配りが胡散臭い目で見られがちなのも、無料で配る行為には何か裏があるのではないかと警戒する人間心理によります。そんな相手の不安を少しでも和らげるように明るい笑顔を心がけ、ティッシュを配る目的を明かしながら元気よく声をかければ、相手も抵抗が薄れて受け取りやすくなるものです。

その上で相手が労せず反射的に受け取れるよう、達人は絶妙の間合いと位置にティッシュを差し出す技を身につけています。この仕事を続けるうちには自分なりの工夫でそうしたテクニックが自然と身についていきますので、受け取りを拒否されてもめげないメンタルを持つことが長続きさせる一番の条件となってくるのです。

タイトルとURLをコピーしました