ライブ配信は稼げるって本当?副業ライバーの知られざる収入実態を調査

副業

動画を投稿してお金を稼ぐ仕事と言えばYouTuberが有名ですが、ライブ配信で収入を得ている副業ライバーもここ数年で急増中です。中にはライブ配信で月に100万円以上稼ぐ人や、年収1億円のライバーもいると言われています。

コロナ時代に対応した新たな副業としても話題を集めているライブ配信は本当にそれだけ稼げるのか、YouTuberほど知られていないライバーの収入実態について調べてみました。代表的なライブ配信サービスについて紹介するとともに、人気ライバーになるコツや顔出しせずにライブ配信する方法についても記事の後半で解説します。

ライブ配信を副業にしている人が増えている理由

動画のライブ配信がこれだけ盛り上がっている一番の理由は、投げ銭機能などを通じてライバーに収益が還元される仕組みが整備されてきた点が挙げられます。技術的に見ても高速通信インフラが世界中に張り巡らされるようになり、離れた人どうしの動画を通じた双方向コミュニケーションが可能になった点も見がせません。

ライブ配信で稼いでいるのはすでに名前が売れている芸能人やミュージシャンだと思いがちですが、無名の素人でも人気者になれる可能性を秘めています。とは言えライブ配信を本業にするほど高収入を稼いでいる人は、全体の中でほんの一握りに過ぎません。多くのライバーは他に収入手段を確保しておいて、空き時間でライブ配信を続けながら副業として収入を増やしているのが現状です。

副業の手段として定着した感のあったYouTubeは規約変更の影響もあって、年々稼ぎにくくなっていると言われています。既存のYouTuberを優遇するように規約が変えられた中では、初心者が広告収入を得るのも容易ではありません。その点でライブ配信は広告収入に依存しない収益構造だけに、初心者でもファンさえ獲得できれば稼げる可能性があるのです。

YouTubeとの違い

YouTubeにもライブ配信の仕組みはありますが、一般的な動画は投稿と視聴の間にタイムラグが生じるのが普通です。事前に撮影しておいた動画を編集した上で投稿し、視聴者がいつでも再生できるようにしておく必要があります。

人気YouTuberの中には本格的な撮影機材と編集ソフトを駆使し、プロ並みにクォリティの高い動画を制作している人も少なくありません。ろくに編集もされていない素人っぽい動画を投稿している人もいますが、そういう完成度の低い動画では最後まで見てもらえず再生回数が伸びないものです。

ライブ配信はスマホを使って誰でも手軽に動画を生中継できる仕組みで、動画を編集したりアップロードしたりする必要がありません。ライバーと視聴者がリアルタイムで双方向の交流ができるという点も、ライブ配信ならではの特徴です。単なる雑談ですら投げ銭が得られるのは、動画としての面白さよりライバー自身の人間的魅力が重視されている証拠だと言えます。

ライバーに人気のライブ配信サービス

動画投稿サイトから派生したライブ配信サービスでは、YouTube Liveニコニコ生放送が有名な存在です。LINEやFacebook、Twitter、InstagramといったSNSにもそれぞれライブ配信機能があり、LINE LIVEには芸能人も多く出演しています。

台湾発祥の17 Liveは世界のダウンロード数が4,000万以上に達し、日本を含む東アジアで圧倒的な人気を誇る配信アプリです。シンガポールに本拠を置くビゴライブ(BIGO LIVE)は、世界で2億人のユーザーに利用されています。日本発のサービスでは芸能人ライバーが多いSHOWROOMツイキャスふわっちが人気のライブ配信アプリです。

DeNAが運営するPocochaは後発組だけに有名人が少なめで、素人のライバーでも稼ぎやすい環境にあります。ミラティブTwitchなど、ゲーム実況を専門とするライブ配信サービスもゲーマーに人気です。

今からゲーム実況を始めても広告収入で稼げないと言われる理由とは?
ゲーム実況の動画配信を副業の手段とするには広告収入と投げ銭・企業案件という3種類の方法がありますが、今から始めても遅いという人がいます。YouTubeのゲーム実況で広告収入が稼ぎにくくなった理由について、業界の最新情報をまとめてみました。

ライブ配信の副業で収入が得られる仕組み

ライブ配信サービスの中にもYouTubeのように広告収入が入る例はありますが、ライバーに分配される収入はファンからの投げ銭が中心です。17 LiveやSHOWROOMなど、代表的なサービスは独自の投げ銭機能を備えています。

国内ライバーの半数以上が利用している17 Liveの例では、視聴者が「ギフト」と呼ばれる課金アイテムを購入して贈れる仕組みです。投げ銭の分配率は50%が目安で、20万円分のギフトをもらえば10万円稼げる計算となります。

Pocochaで収入を得られる仕組みは他と違っていて、配信時間に比例して「ダイヤ」というポイントが付与されるシステムです。換金可能なダイヤは人気ランクや配信の盛り上がりがアップするごとに、時給換算の報酬金額が上がっていきます。

投げ銭で稼ぐ副業を総まとめ!ライブ配信以外の投げ銭システムも紹介
副業で稼ぐ収入源の1つとして、大道芸や路上パフォーマンスで得られる投げ銭が挙げられます。最近はライブ配信などインターネットを通じて投げ銭収入が得られる手段も増えていますので、ファンからの金銭的支援で稼ぐ副業の種類についてまとめてみました。

人気ライバーの収入実態

ライバーの平均年収が1,000万円以上と紹介しているサイトもネット上には見受けられますが、それだけの収入を稼いでいる人は一握りに過ぎないと見られます。知名度の高い芸能人ほどライブ配信でもファンが多く、投げ銭収入を稼ぎやすいという点は否定できません。そういう人はライバー以外の本業でも高収入を稼いでいるため、平均年収の水準も高くなってくるのです。

無名の素人が知名度ゼロの状態からライブ配信の副業を始めた場合、まずは月に数万円程度を稼ぐことが第一の目標となります。業界1位の17 Liveでライブ配信を行うライバーのうち、月に6万円以上を稼いでいる人は4,000人以上に達します。月に3万円以上を稼ぐライバーになると6千人以上に増えるだけに、副業で月に数万円稼ぐのは十分に現実的な数字です。

SHOWROOMは芸能人ライバーが多いせいか、上位クラスになると月100万円以上を稼いでいる人も珍しくありません。アマチュアのライバーが多いPocochaは配信時間に応じて収入が得られる仕組みで、1日1~2時間の配信でも月に数万円、人気が出れば月10万円以上稼ぐことが可能です。

専属ライバーを募集している事務所に所属した場合は、提携するライブ配信アプリを通じたライバー活動を行うことで収入が得られます。完全出来高制の業務委託契約を結ぶ求人もありますが、時給1,000円から4,000円程度のアルバイトやパートとして雇用される求人も少なくありません。時給単位で給料が支払われる求人であっても人気が出れば単価が大幅アップされ、月に数十万円以上稼ぐことも可能な点は普通のアルバイトと違うところです。

ライブ配信で稼ぐコツ

YouTuberと違ってライバーに動画編集スキルは不要で、スマホがあればライブ配信が始められる手軽さが人気の一因となっています。ライバーにはルックスに自信のある若い女性が多いというイメージもありますが、30代以上の人や男性も少なくありません。話が面白い人なら年齢や性別・容姿に関係なしに、雑談を配信するだけで稼げる可能性があります。

ライブ配信で稼ぐ一番の秘訣は、できるだけ同じ時間帯に毎日配信を続けるという地道な活動です。そうすることで視聴者の生活に自然と組み込まれ、固定ファンがつきやすくなります。17 LiveやSHOWROOMなどは芸能人ライバーも多く激戦区となっていますので、敢えてライバルが少なめの配信サービスで活動するというのも1つの手です。

ライブ配信で稼ぎたいけれど顔出しはしたくないという人は、音声だけで出演できるラジオライブ配信が向いています。音声配信アプリのSpoonが代表的な例ですが、LINE LIVEHAKUNAなども顔出しせずにライバー活動が可能です。アバターを使ったゲーム配信で人気のミラティブや、バーチャルキャラクターが使えるSHOWROOMもそうした例に数えられます。

初心者でも稼ぎやすいライブ配信アプリとして人気上昇中のふわっちにも、「通常配信」や「ゲーム配信」の他に「ラジオ配信」が用意されています。ふわっちでは弾き語りや楽器の演奏だけでなく、単なる雑談の配信で人気を集めているライバーも少なくありません。初心者向けの投げ銭アイテムyビギナーを対象としたランキングのポイントも充実していますので、ライブ配信に始めて挑戦するという人におすすめのアプリです。

ふわっちで収入を得る副業とは?初心者でも稼げる配信アプリを解説
ライブ配信アプリの「ふわっち」には収入が得られる手段が複数用意されているため、初心者でも稼ぎやすいと言われています。ランキングに応じたポイント付与や視聴者からのアイテムプレゼントなど、ふわっちで収入が得られる仕組みについてまとめてみました。

ライブ配信の副業まとめ

動画投稿サイトに比べるとライブ配信は歴史が新しいせいか、急成長分野ならではの活気が見られます。YouTubeでは先行者利益を得た人が現在でも幅をきかせていて、初心者は稼ぎにくい状況となっている面も否定できません。

ライブ配信はこれからさらに伸びていくジャンルですので、今から始めてもまだ間に合う可能性があるます。実際に月100万円以上の高収入を稼いでいるようなライバーは、まさにそうした先行者利益を得ている人たちです。

新型コロナウイルスの流行でイベントの中止が相次ぎ、離れた人どうしがインターネット回線を通じた動画でつながり合う新しいライフスタイルが定着しつつあります。ライブハウスや劇場などリアルな空間を通じて感動を与える場が利用しづらくなった中、ライブ配信は仕事を失ったフリーランスが収入を得るための貴重な手段です。

動画や音声の生配信で人間的魅力をアピールできれば、単なる雑談ですら投げ銭収入が得られる仕組みが整ってきています。YouTubeでなかなか収益が出ないという人は、まだまだ成長の余地があるライブ配信を試してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました