写真販売は副業として成り立つ?ストックフォトで稼ぐコツを解説

副業

写真共有アプリのInstagramがSNSとしても人気を集めているせいか、写真撮影に親しむ人が若い女性の間でも増えています。そうしたアプリを利用すれば他の人が撮影した写真を無料で楽しむことはできますが、一方ではWebサイトや書籍などに使用する目的で高品質の写真を購入したいという需要も少なくありません。

そうした需要を背景に自分で撮影した写真を販売して収入を得る人も増えており、副業の一形態としても注目を集めています。そんな写真販売の副業について、稼ぐための方法や収入の目安を注意点と合わせて解説します。

写真販売の副業とは?

写真販売はストックフォトとも呼ばれ、プロのフォトグラファーだけでなく素人の写真愛好家にも副業の手段として利用されています。ストックフォトサイトに販売用の写真素材を提供することで、写真が売れるたびに価格の一定割合が報酬として振り込まれる仕組みです。

高画質の写真が撮影できるデジタル一眼レフカメラを持っていれば何かと有利ですが、コンパクトデジカメやスマートフォンのカメラで撮影した日常的な写真でも売れる可能性は十分にあります。写真が好きな人なら趣味と実益を兼ねた副業として、楽しみながら稼げる点がストックフォトのメリットです。

写真販売で稼ぐ方法

写真販売で稼ぐにはまずストックフォトサイトにクリエーター登録し、いつでも写真が販売できるようにしておく必要があります。ストックフォトサイトに写真を登録するだけなら無料で済み、写真が売れるたびに代金からサービス利用手数料が引かれる仕組みです。

販売しようとする写真のファイルをサイトにアップロードして審査に通過すれば、写真がサイトに掲載されて販売が開始されます。写真を登録する際には購入ユーザーが写真を検索しやすいようタグも設定し、写真がサイトの規定に合っているかどうか事前にきちんとチェックする作業も必要です。

代表的なストックフォトサイトとしては国内最大手のPIXTAに加え、フォトライブラリーやShutterstock、スナップマート、Selpyといったところが挙げられます。1つのサイトで独占販売すれば報酬率が高くなるメリットもありますがが、販売機会を増やすには報酬率を若干下げてでも複数のサイトに登録するのがおすすめです。

写真販売で稼げる収入の目安

写真の販売価格に対するコミッション率はストックフォトサイトの間でも差が見られ、サイトによっては販売価格も事前に決められている場合があります。PIXTAの例では写真のサイズによって販売価格が決まり、XLが5,400円でLが3,240円、Mが1,620円、Sが540円です。

販売手数料を引いた報酬率は販売実績を反映したランクによって変わり、PIXTAの場合は22%からスタートすることになります。PIXTAで販売実績を積んでいけば、独占販売することを条件に最大58%まで報酬率を上げることも可能です。

写真販売で月に稼げる金額は1枚あたりの単価や報酬率にも左右されますが、基本的には売れた写真の枚数が多ければ多いほど月に稼げる収入も増えていきます。とは言え写真販売で月に数十万円以上稼いでいる人はほんの一握りに過ぎず、月に10万円も稼げるようになれば成功の部類です。写真が1枚も売れなければ収入ゼロもあり得るだけに、初心者のうちは月に数百円からスタートして1万円以上稼ぐことを目標にするのが無難だと言えます。

写真販売で稼ぐのに必要な条件とスキル

写真販売でまとまった副業収入を得るには、高価な撮影機材やプロ並みの撮影テクニックが必要だと思いがちです。実際に月数十万円以上稼いでいるような成功者の中には、商業ベースで活躍するプロの写真家も少なくありません。

一方ではPIXTAなどの大手ストックフォトサイトでもスマホカメラで撮影した写真の登録がOKになり、スマートフォン写真専門のストックフォトアプリも登場しています。同じ素材でアイデアも共通した写真同士が競合した場合は画質の高い方が有利になる可能性もありますが、高価な撮影機材が必須というわけではなくなりつつあるのが現状です。

撮影術にしても同様の傾向が見られ、写真コンテストに入賞できるような撮影技法上のテクニックは必ずしも必要とされません。むしろ写真購入者の需要に応えられるだけのマーケティングセンスこそが、写真販売の副業で安定して稼ぐのに重要となってくるのです。

写真販売の注意点

ストックフォトサイトで最も売れ筋のジャンルは顔がはっきり写った人物写真ですが、販売する際には被写体となる人物の肖像権に配慮しなければなりません。人物が写った写真を販売しようとする場合には、人数分の許諾書を得た上で登録を申請する必要があるのです。風景写真や室内の写真でも著作権物が写り込んでいると後々のトラブルに発展しかねないため、登録拒否を防ぐためには商標権のある商品や建造物などが写真に入らないように配慮する必要もあります。

ストックフォトサイトで売れ筋となっている他のジャンルは、料理や食材・季節素材・イベント行事・ビジネス素材・インテリア関係などの写真です。そうした人気ジャンルはすでに飽和状態ですでに同じような写真が数多く販売されているだけに、売上を上げていくには他の写真にない独自性が求められます。

写真販売で稼ぐコツ

たとえ1枚1枚の販売額は微々たる金額でも一度登録した写真は継続的に販売できるため、登録した写真の枚数が増えるほど月の売上も多くなるのが自然の流れです。したがって写真販売でまとまった収入を得るには、いかに多くの写真をストックフォトサイトに登録できるかにかかってきます。ストックフォトサイトの写真素材は飽和状態とは言え、売れ筋のジャンルで独自視点のユニークな写真を掲載していれば頭ひとつ抜け出すことも十分に可能です。

人物写真でも風景写真でもコンテストに応募する写真と違って完璧な構図は求められず、かえって余白を多めに設定した方が文字を入れる余地があるため売れやすくなります。膨大な写真が登録されているストックフォトサイトで自分の写真を見込み客に発見してもらうには、具体的で細かいキーワードのタグを多く付けて検索されやすいようにするのがコツです。

まとめ

写真販売の副業でまとまった収入を稼ぐのは決して楽な道ではありませんが、コツさえつかめば月に数万円以上を稼ぐことも十分に可能です。肖像権や著作権に注意しながら需要の多いジャンルでオリジナリティの高い写真撮影を心がけていれば、ストックフォトサイトに登録する写真数を増やすことで勝手に収益を生み出してくれるようになります。写真販売の副業で成功している人は写真撮影の腕が優れているだけでなく、需要にマッチした写真を提供できるだけのマーケティング能力にも秀でているのです。

タイトルとURLをコピーしました