個人でもネットショップで稼げる?副業の可能性を初心者向けに解説

副業

何らかの商品を継続的に販売することで本業以外の収入を得る副業としては、Amazonマーケットプレイスやネットオークション、フリマアプリなどを利用したせどりや転売が代表的です。本格的な通販サイトは法人でなければ運営できないものと思いがちですが、最近では個人でもネットショップを運営して副業収入を稼ぐことが可能になってきています。

今は個人がインターネット上で手軽に仮想的な店舗を持てる時代で、集客にさえ成功すれば自分で選んだ商品をネット通販で販売して高収入を稼ぐことも夢ではありません。そんなネットショップの副業について代表的な開業方法と収入の目安に加え、注意点や稼ぐコツも含めた基礎知識を解説します。

個人でもネットショップ運営は可能

国内のネット通販市場はAmazonと楽天、ヤフーショッピングの3強でシェア全体のおよそ半分を占め、残り半分をその他の通販サイトで分け合っている状態です。大半は家電量販店や衣料チェーンなど小売業を営む企業の通販サイトですが、経営規模は小さいながら個人が運営しているネットショップもその中に含まれます。

ネットショップを運営している個人事業主は必ずしも本業である必要はなく、会社員や主婦が副業としてネットショップを開業しながら稼いでいる例も珍しくありません。会社を辞めていきなりネットショップを開業してもすぐに稼げるようになるとは限りませんので、まずは副業からスタートして軌道に乗ってから独立するのが無難な始め方です。

ネットショップを始める3つの方法

個人がネットショップを開業するやり方は、システムの利用方法によって3つの種類に大きく分けられます。楽天やAmazon・ヤフーショッピングなど、大手ショッピングモールに出店する1つ目の方法は集客に有利な点が最大のメリットです。何かと費用がかかる上に制約も多いというデメリットもありますが、ある程度の資金を用意できる初心者はショッピングモール型を選ぶのが無難だと言えます。

副業でネットショップを開業する2つ目の方法は、カラーミーショップやBASEなどショッピングカートシステムを利用するやり方です。ASPカートとも呼ばれるECサイト構築サービスはショッピングモールへの出店より集客力が弱い点がデメリットですが、低予算でもネットショップが開業できる点で会社員の副業に向いた方法だと言えます。

ネットショップ開業方法の3つ目はWordPressのプラグインやEC-CUBEなど、オープンソースのECサイト向けCMSを使って自分でネットショップを構築するやり方です。この場合は決済に必要なショッピングカートシステムを別途導入する必要もありますが、ネットショップ構築の自由度が最も高いというメリットがあります。

どのやり方でネットショップを開業するにしても、商品の仕入れをどうするのかという点は最大のポイントです。仕入れにはネッシーなどのオンライン問屋を利用するのが一般的で、商品を格安に仕入れられる中国輸入代行業者も活用されています。

ネットショップ運営でどれだけ稼げる?

ネットショップの売上は集客力次第で大きく違ってくるため、副業として稼げる金額も人によってかなりの格差が見られます。単純計算では月間の売上から仕入れの費用を引いた金額が利益となりますが、ショッピングモールを利用した場合は月額出店料やシステム利用料などの費用が引かれてしまうのです。BASEなどを使って自分でネットショップを作った場合は月額利用料が無料となる代わりに、商品が売れるたびに決済手数料が引かれるため実質的な利益率が下がってしまいます。

ネットショップの副業で得られる収入は扱う商品数や平均単価にも左右され、副業で月に数十万円から百万円単位で稼ぐほど経営規模の大きいビジネスを展開している人は決して多くありません。ネットショップを開業して間もないうちは月に数万円も稼げば上出来の部類ですが、思うように商品が売れなければ赤字に転落するリスクもあります。

ネットショップを始めるには何が必要?

ネットショップにも在庫型と無在庫型の2パターンがあって、在庫型のネットショップは商品の在庫をストックしておくスペースが必要になってきます。ドロップシッピングとも呼ばれる無在庫型のネットショップは、在庫リスクを回避できる上に発送や梱包の手間も省ける点が最大のメリットです。無在庫型のネットショップにも価格競争が激しく利益率が低いという点や、ライバル店との差別化が図りにくいというデメリットがあります。

どちらの形態でも集客が最大のポイントとなってくるため、ブログやSNSを通じた宣伝などマーケティングのスキルが欠かせません。特に在庫型のネットショップを運営する場合は、商品の仕入れなどにある程度の資金が必要になってきます。注文が入り次第に製造元や問屋から購入者に商品が直接発送される無在庫型ネットショップでも、ECサイトを開設するにはレンタルサーバー代とドメイン費用は最低限必要です。

ネットショップの副業で考えられるリスク

ネットショップの副業が成功して安定した収入が得られるようになるかどうかは、一にも二にも集客次第です。楽天市場やヤフーショッピングなどの大手ショッピングモールに出店すれば集客力の面で有利とは言え、ショッピングモール内で激しい価格競争も予想されます。価格競争で消耗戦となった場合は、ある程度の売上を計上していながら利益が出ないというケースも少なくありません。

ショッピングモールに頼らず独自に集客するタイプのネットショップは、店舗の認知度をアップさせる工夫が求められます。どの形態でネットショップを開設するにしても、多かれ少なかれある程度の費用がかかってくるのは避けられません。経費を上回る収益を残さない限り、収入を得るどころか赤字を計上して貯金を減らす可能性がある点には注意が必要です。

ネットショップで稼ぐコツ

以上のようなリスクを覚悟しなければならないネットショップの副業を成功に導くためには、商品の品揃えと集客方法に工夫が求められてきます。大手通販サイトでも普通に売られているような商品ばかり扱っていては、個人のネットショップが大手に対抗していくのは困難です。

世の中には大手ではカバーしきれないマイナーな商品や珍しい商品も意外と少なくはありませんので、そういう隠れた需要のある商品を見つける工夫がネットショップの副業で大切になってきます。古物商の資格を取得して中古品の買取を行う場合も含めた独自の仕入れルートを持っていれば、品揃えを充実させるのに有利となるのは間違いありません。ネットショップの認知度を高めるための集客手段にも、SNSや動画の活用、PPC広告への出稿などさまざまなやり方が考えられます。

ネットショップの副業まとめ

初期費用無料で利用できるショッピングカートシステムが登場したことで、誰でも低コストでネットショップを開業できる時代となりました。ネットショップの副業を始めるハードルも大きく下がったとは言え、実際に安定した副業収入を確保している人は一部に限られるのが現状です。商品の品揃えと集客を工夫すれば個人のネットショップでも大手通販サイトに十分対抗できますので、本業のスキルを集客に生かせるという人は挑戦してみる価値があります。

タイトルとURLをコピーしました