清掃バイトの副業はきつい仕事?長続きしないと言われる理由を解説

副業

清掃スタッフのアルバイトは特別なスキルも不要で、基本的には誰でもできるような仕事だと言われています。深夜・早朝や土日のみの求人も多く募集されているだけに、清掃バイトは副業の手段にも利用されてきました。

仕事としてはありふれた存在の清掃バイトもスタッフの平均年齢が高く、「きつい仕事」というイメージもあって若い世代からは敬遠されがちです。実際の仕事はどれだけ大変なのか、なかなか長続きしないとも言われる清掃バイトの実態について調査してみました。この記事を読めば清掃バイトの種類や稼げる収入の目安も理解できるようになり、副業としての可能性を検討できるようになります。

清掃バイトが副業に向いている理由

清掃スタッフの仕事を本業としている人もいますが、パートやアルバイトとして時間を限定しながら働くスタッフも少なくありません。そうした清掃スタッフの仕事であれば本業との両立も可能になってくるだけに、手っ取り早くお金を稼げる副業の手段としても有望な仕事です。

副業バイトとして働くには清掃会社に直接雇用される働き方と、依頼を受けた施設に清掃スタッフを派遣している会社に登録する働き方の2種類があります。中には病院や鉄道会社・マンションなどが専属の清掃スタッフを募集している例もありますが、求人数は決して多くありません。

清掃会社や派遣会社が募集する清掃スタッフは求人数が多い上に、大半の求人は「未経験可」となっています。求人雑誌や求人サイトには清掃バイトを募集する求人が常時掲載されているため、条件に合った仕事を探すのにそれほど苦労しません。清掃バイトは週2日からOKという求人や深夜・早朝の時間帯だけ働ける求人多く、本業の仕事とも両立しやすくなっています。

作業の手順はどの施設を清掃するかによって異なりますが、手順を一度覚えてしまえば後は単純作業の繰り返しです。清掃バイトの仕事はある程度の体力を要するとは言え、工事現場作業員や引越しスタッフほど重いものを持ち運びさせられるわけではありません。本業の仕事に支障のない時間帯を選んで働く限りにおいては、副業としても十分に続けられる仕事だと言えます。

清掃バイトの種類

一口に清掃バイトと言っても掃除を行う施設の違いによってさまざまな種類があり、場所ごとに作業内容が違ってきます。駅の清掃はトイレ掃除やゴミ回収・ホーム清掃・車内清掃が中心で、JR各社など鉄道運営会社が直接募集している清掃バイトの求人も珍しくありません。学校や役所など公共施設の清掃は、自治体から委託を受けた清掃会社のスタッフが担当するのが一般的です。

オフィスビルの清掃は早朝に清掃を行うケースが多く、オフィスの床や壁・給湯室・トイレの清掃が中心となります。床への定期的なワックスがけの他、天井や空調設備などの清掃も仕事内容に含まれてきます。オフィスビルの外回りを清掃する仕事の場合は、ビルの外壁や窓ガラス・屋上などの清掃で高所作業を伴う可能性もあります。

ショッピングモールやスーパーなど商業施設の場合は、来店客のいない深夜や早朝に清掃を行うのが一般的です。パチンコ店でも閉店後や開店前に清掃を行うケースが多く、パチンコ・パチスロ台の清掃や床掃除・トイレ掃除に灰皿・ゴミ回収が加わります。ホテル清掃は客室の掃除とゴミ回収・リネン類の交換・アメニティ補充の他、トイレやバスルームの掃除も欠かせない仕事です。

病院の清掃は受付や待合室・トイレの他、診察室・検査室・手術室・病棟などを清掃します。ゴミの回収や医療機器の洗浄・除菌も仕事内容に含まれ、他の施設よりも衛生管理の徹底が求められる点が病院清掃の難しいところです。

一般住宅を対象とした清掃スタッフの仕事は、家事代行とハウスクリーニングの2種類に大きく分けられます。家事代行は基本的には家事の延長としての掃除が中心で、洗面所やキッチン・トイレ・バスルームなど水回りの掃除も加わります。ハウスクリーニングの仕事は掃除機がけや拭き掃除だけでなく、エアコン掃除や換気扇掃除など専門的な清掃作業を伴うのが特徴です。

マンション清掃はエントランスや廊下・階段など、共用部分の床清掃やゴミ回収が中心です。遺体の発見が遅れた場合に実施される特殊清掃の仕事はさらに専門スキルが必要で、消臭や消毒・害虫駆除・原状回復など特殊な作業を伴います。

清掃バイトで稼げる収入の目安

以上のような種類の違いによって給料にも差は出てきますが、清掃バイトの時給は1,000円前後が全国の平均的な相場です。都心などオフィスビルや商業施設の清掃が多い大都市は清掃バイトの時給相場が高めで、1時間あたり1,300円以上の求人も少なくありません。日給制の場合は1日あたり8,000円程度が平均的な相場ですが、給与水準の高い都市部では10,000円以上の求人も見かけます。

時給制のバイトだと清掃の仕事が早く終われば給料がそれだけ少なくなってしまいますが、固定給なら仕事が早く終わっても給料は変わりません。仕事を早く終えれば時給換算で稼げる金額が上がる計算になるため、スタッフも手際よく作業を進めようとする傾向が見られます。

家事代行サービスやハウスクリーニング業者の中には個人事業主と業務委託契約を結んでいるケースも多く、時給換算では一般的な清掃バイトより高めの1,000円から1,500円が報酬の平均的な相場です。家事代行マッチングサービスとして人気のタスカジに登録されているスタッフのうち、3分の1ほどの人は時給2,100円で仕事を請け負っています。

タスカジへの登録はこちら

清掃バイトが「きつい」と言われている理由

清掃バイトは誰でもできる副業と思われがちですが、自分の部屋を掃除するのも億劫だという人は仕事が「きつい」と感じる可能性があります。汚れと格闘するような仕事で悪臭に悩まされることも珍しくないだけに、長続きできるかどうかは根性しだいです。

同じ清掃バイトでもオフィスビルの清掃とホテルの清掃や病院の清掃では仕事内容にもかなりの違いが見られ、人によって向き不向きがあります。リネンの交換やバスルームの清掃を伴うホテルの客室清掃は体力的な負担が重くなりがちのせいか、他の清掃バイトと比べて「きつい」という声も多く見られます。

ホテル以外の清掃でも駅や公共施設・商業施設などのトイレ掃除は慣れるのに時間がかかるのが普通で、衛生的な面から「仕事がきつい」と感じてしまいがちです。床や便器・浴槽・配管など、汚れがなかなか落ちない個所を手作業できれいにする場合は結構な力仕事を強いられます。清掃バイトの仕事の全部が全部体力的にきついというわけではありませんが、仕事内容によっては本業の仕事に影響するほど疲れが残る可能性もあります。

清掃の仕事は重労働?

清掃バイトの仕事が体力的にきついと言われるもう1つの理由は、さまざまな清掃道具を持ち運びながら作業を進めなければならないという点にあります。確かに清掃の仕事にはブラシやモップなど一般的な掃除用具だけでなく、業務用の清掃機械や各種の洗浄剤も必要です。それらの清掃用具は専用のカートに積んで移動するのが普通で、通常は運搬するのに体力はそれほど必要でありません。

円形のブラシやパッドを回転させることで床を磨き上げるポリッシャーは、オフィスビルや商業施設で床を洗浄したり古いワックスを剥がしたりするのに欠かせない清掃機械です。清掃会社によってはポリッシャーを使うのは社員に限られ、アルバイトは手作業での清掃を任せられる場合もあります。トイレの床などでなかなか落ちない汚れを手作業できれいにするのは大変な仕事だけに、機械を使って清掃した方が効率的なのは間違いありません。

同じ清掃バイトでも作業内容は雇われた清掃会社や派遣会社によって異なりますので、仕事のきつさ加減には当たり外れのあるのが普通です。きつい職場に当たってしまった場合はかなりの体力消耗を強いられる可能性もありますが、楽な清掃の現場は軽作業が中心でそれほど重労働の仕事でもありません。

職人かたぎの人は長続きできる可能性

清掃の仕事はチームを組んで進める場合もありますが、基本的には1人で黙々と作業を進めることが多いものです。同僚の清掃スタッフにも無口な人が多く、接客を伴うような仕事が苦手なために清掃バイトを選んだという人も珍しくありません。

清掃バイトのスタッフには風変わりな人も少なくないと言われていますが、それは前述のように「仕事がきつい」と感じる人が多いという現状が関わっています。清掃バイトの仕事を長く続けられる人は決して多くはなく、仕事を始めてもすぐに辞めてしまう人が大半です。

清掃スタッフを募集する会社でも慢性的な人手不足に悩まされており、求人も頻繁に募集することになります。未経験可で誰でもできる仕事と見られているため本当にいろいろな人が清掃バイトにチャレンジしていますが、1年後にも続けている人はほんの一握りに過ぎません。

そうした中でも職人かたぎと言われるような性格の持ち主は仕事ぶりがていねいで、受け持ちの場所をとことんきれいにすることにこだわりを持っているものです。そんな職人肌の清掃スタッフには黙々と働くのが性に合っている人が多いだけに、離職率が高いと言われるこの仕事も長続きできる可能性があります。

清掃バイトの副業まとめ

世の中には公共施設から宿泊施設に至るまで、誰かが掃除をしなければ運営できなくなる場所が無数と言っていいほど存在します。施設を運営する職員や社員が清掃を担当している例は稀で、大半の施設では清掃を外部に委託しているのが現状です。誰もが嫌がる清掃を引き受けてくれるスタッフがいるおかげで、訪問客も汚れを気にせずに施設を快適に利用できるようになります。

清掃バイトの仕事はある程度の体力な作業が多く、汚れ仕事に慣れるには精神面でもタフさが必要です。そうした環境になかなか適応できない人は「仕事がきつい」と思いがちですが、汚れていた場所を自分の手できれいに磨き上げる作業からは一種の爽快感も得られます。清掃バイトの仕事を通じて掃除のスキルが身につき、日常生活でも何かと役に立つという点も清掃バイトを副業に選ぶメリットの1つです。

早朝や深夜の清掃なら人目にもつきにくく、副業禁止の会社でこっそり働く場合でもバレるリスクが低くなります。清掃バイトは楽をしてお金を稼ぎたいという人には不向きの仕事ですが、いかにも「働いた」という実感を得たいとい人にはおすすめの副業です。

タイトルとURLをコピーしました