拾った貝殻で収入を得る方法とは?ビーチコーミングで稼ぐ副業を解説

お金

海岸を歩いているといろいろな形をした貝殻が落ちているのを見かけますが、きれいなものを拾って集めればお金に換えられる可能性があります。貝殻はハンドメイド作品の材料によく使われるため、お金を出してでも欲しいという人が少なくないのです。

貝殻の他に流木や石・シーグラスなど、海岸に流れ着いたさまざまな漂着物にも一定の需要があります。それらの品々を収集す行為はビーチコーミングと呼ばれていますが、自分で収集して楽しむだけでなくお金を稼ぐ手段にもなり得る趣味です。

そんなビーチコーミングで稼ぐ副業について、貝殻の拾い方や処理方法・出品方法を中心に基礎知識をまとめてみました。海岸で漂着物を拾う際に見落としがちな注意点についても、記事の後半で詳しく解説します。

拾った貝殻が売れる理由

海沿いの観光地に行けば貝殻を売ってる土産物屋さんが少なくないように、きれいな貝殻は商品としての価値が十分に認められています。土産物屋さんで買えば割高になってしまうだけに、メルカリで安く出品されていれば「欲しい」と思う人が出てくるのも当然の成り行きです。

旅の思い出に購入するなら、少々割高でも土産物屋さんで買った方が記念になります。ハンドメイド作品の材料に使う場合は事情が異なり、1円でも安く買って材料費を節約したいと考えるのが普通です。

もちろん自分で拾って来るのが一番安上がりですが、海に遠かったり仕事が忙しかったりしてなかなか拾いに行けないというハンドメイド作家も少なくありません。ハンドメイド材料の他にも夏休み工作の材料や、部屋にそのまま飾っておくためのインテリアとして貝殻は重宝されます。そういう人たちの需要があるからこそメルカリでは貝殻が多く出品され、実際に売れている例も多く見られるのです。

ときめく貝殻図鑑 ときめく図鑑
Amazonで寺本 沙也加, 大作 晃一のときめく貝殻図鑑 ときめく図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

メルカリの出品状況

実際にメルカリでは拾ってきた貝殻が数多く出品されており、それなりに競合も発生しています。数十個ほどの貝殻を詰め合わせにしたセットとして出品している例が目立ち、出品価格も数百円というケースから数千円までさまざまです。平均すれば1,000円前後が出品価格の相場となっていて、貝殻の詰め合わせセットが数百円で買えればお得という印象もあります。

とは言え貝殻を拾ってきてメルカリに出品したからと言って、必ず売れるとは限りません。詳細検索で「売り切れ」に絞り込んでみれば、実際に売れた出品の例が確認できます。大きい貝殻は1個1,000円でも完売例があり、小さめの貝殻は500円前後の詰め合わせセットがよく売れています。

高値で売れているのはアワビのように10cm以上あるような大きい貝殻や、ツグチガイのように小さくてもきれいな貝殻です。直径数ミリほどの極小貝殻もアクセサリーの材料やネイルアートなどに需要があるせいか、詰め合わせセットの完売例が少なからず見られます。

貝殻以外で売れている漂着物

海岸では貝殻だけでなくいろいろな漂着物が拾えるだけに、それらもメルカリに出品して売れるようなら拾ってみる価値があります。貝殻以外で売れている最も代表的な漂着物は、アクアリウムやインテリアでコンスタントな需要がある流木です。

一度海水に浸かった流木をアクアリウムに使用する際には塩抜き処理も必要ですが、貝殻より全般に単価が高く数千円でも売れる可能性があります。変わったところでは漂着したヤシの実が1,000円ほどで出品された例もありましたが、流木と違って簡単に見つかるものではありません。

なお流木を拾って売るビジネスについては、こちらの記事で詳しく解説しておきました。

拾った流木は買取不可?意外に手間がかかる流木ビジネスの実態を解説
川や海岸で拾える流木はインテリアや水槽のアクアリウム等の需要があることから、買取やネットオークション出品で売れば結構な収入になります。元手0円で稼げるようでいて、実際にはアク抜きなどで意外に手間がかかる流木ビジネスの実態をまとめてみました。

 

瓶などのガラス製品が波に揉まれて粉々になり、角が取れて丸くなった欠片のシーグラスもメルカリでよく売れている漂着物の1つです。シーグラスもアクセサリーなどのハンドメイド材料によく利用されているせいか、貝殻と組み合わせた出品の例も少なくありません。

珍しい色のシーグラスほど希少価値が高く、高値で売れる可能性があります。陶器の破片が漂着したシー陶器もアクセサリーの材料として人気があり、シーグラスとともに数百円から1,000円前後で詰め合わせセットが売れています。

海岸には天然石もよく漂着しますので、きれいな小石を選んで拾っておけば売れる可能性があります。海岸だけでなく川で拾った石にも根強い需要があって、古くから石専門のマーケットが存在するほどです。

メルカリにも拾ってきた石が数多く出品されていますが、完売しているのはハンドメイド材料に使いやすいきれいな石や、置物として価値がありそうな珍しい石に限られます。

石を売ってお金を稼ぐ方法については、こちらの記事に情報をまとめておきました。

石を売ってお金を稼ぐ方法とは?鑑賞石買取やオークション出品を解説
山や川・海岸などで拾ってきた石を売ってお金に換える手段には、鑑賞石・天然石買取やネットオークションへの出品などいろいろな方法があります。ブームが去ったと言われる今も売り買いされている石の市場について、高く売れる石の種類と合わせて解説します。

この他にも海岸で拾える漂着物で売れる可能性があるのは、ヒトデやウニ類・珊瑚など海の生物の死骸です。貝などの生きている生物は漁業権の関係もあって採取すると違法になりかねませんが、漂着した死骸であれば禁止されている区域でない限り拾うことができます。

沖縄の離島でお土産として売られている星砂も、鉱物の砂ではなく死んだ有孔虫の殻です。生きているわけではないため採集は可能のように思いがちですが、持ち出しが許可されていない砂浜も少なくありません。星砂はハンドメイド材料として人気がありますので、採集の許可が得らればメルカリに出品して10gあたり100円から200円ほどで売れる可能性があります。

ビーチコーミングを副業にする方法

以上のようにメルカリでは海岸に流れ着いたさまざまな漂着物に値段がつけられて出品され、実際に数多く売れている実績があります。普段から海岸を歩きながら貝殻などを集めるのが好きな人は、趣味のビーチコーミングでお金を稼げるようになるのです。

とは言えそうした漂着物は1,000円以下でしか売れない場合も多く、コンビニなどでアルバイトをするよりは稼げないかもしれません。よほど貴重な品を拾ってきて出品しない限りそれほど高値では売れないのが普通で、採集から出品・発送までの手間を考えると、時給換算では稼ぐ効率が悪くなりがちです。

そうしたデメリットにも関わらず、ビーチコーミングで稼ぐのは趣味と実益を兼ねた副業になり得るというメリットがあります。海岸の散策を楽しみながら目についた漂着物をついでに拾い集め、後でメルカリに出品して売れれば儲けものという考え方です。

出品する際には光の当て方などを工夫し、できるだけきれいな写真を撮影して掲載した方が売れやすくなります。貝殻は壊れやすいのでプチプチの梱包材を使って1個ずつ包み、割れ物注意のシールを貼ってもらって発送するのがポイントです。

送料は出品者側で負担するのが一般的となっており、商品が売れたら売上の10%が手数料として引かれます。拾ってきた漂着物を売る場合は原価が0円で済む計算となりますが、海岸までの交通費やガソリン代・洗浄などに費やした費用も計算に入れて価格設定する必要があります。

拾った貝殻の処理方法

海岸に行けばただで拾える貝殻にわざわざお金を出して買ってくれる人がいるからには、それなりの理由があるはずです。拾ってきた貝殻をハンドメイド作品の材料として使うには、採集の手間に加えて汚れを落としたりする前処理にも手間もかかります。そういう手間を省いてすぐに材料として使えるからこそ、お金を払うだけの価値があるのです。

そうした点を考えると、拾ってきた貝殻を出品する際には最低でも汚れを落としてきれいにしておく必要があります。拾った貝殻には貝の残骸が付着している場合もありますので、沸騰したお湯で5分ほど煮沸して取り除くのが最初の工程です。1日ほど真水に浸けておいて2~3時間おきに水を替えれば、貝殻に付着した汚れを落とすことができます。

汚れがなかなか落ちなかったり臭いが取れなかったりする場合には、1週間ほど水に浸けて毎日水を替えるのが効果的です。漂白剤を使って臭いを取る場合は塩素系かアルカリ性のものを選び、1日程度浸けてからしっかりと濯ぐ必要があります。いずれの方法でも汚れや臭いを落としたら風通しの良い場所で2日ほど乾かし、水分が残らないようにするのがポイントです。

採集が可能な場所かどうか確認を

海岸で拾った漂着物を売ってお金を稼ぐとなれば、違法な行為に当たらないかどうか心配になってきますきます。同じ貝殻でもまだ生きている貝を採取するのは漁業権の侵害に当たりますが、すでに生きていない貝殻を拾うだけなら原則として違法には当たりません。個人が趣味の範囲内で貝殻を拾う行為は、法律の範囲内で認められています。

とは言え全国すべての地域に当てはまるというわけではなく、地域によっては条例に違反する可能性があるという点に注意が必要です。例えば沖縄県だと珊瑚や貝殻・星砂などは、海岸からの持ち出しが条例で原則禁止されています。管理者の許可を得れば採集できる場合もありますが、無断で持ち帰った場合は違法と判断されてしまうのです。

条例で禁止されていない都道府県でも、ワシントン条約で指定されている希少種や国の天然記念物に指定されている種類は、貝殻を採集しただけでも違法になってしまいます。貝殻などの採集を行う際には許可された場所なのかどうかをよく確認した上で、違法にならないよう細心の注意を払って拾い集める必要があるのです。

ビーチコーミングで稼ぐ方法まとめ

以上のような注意点もありますが、お金に換えられる貝殻やシーグラスなどの漂着物は海からの貴重な贈り物です。それらを拾い集めてきれいに洗浄すれば、ハンドメイドやアクアリウムの素材としての商品価値が生まれます。採集や洗浄にもある程度の手間がかかることから、欲しいという人に成り代わって作業を行うことで対価が得られるようになるのです。

そういう意味ではビーチコーミングも立派な副業になり得ますので、趣味と実益を兼ねながら収入を増やしたいという人はチャレンジしてみるといいでしょう。手先が器用な人は自分で拾い集めた貝殻やシーグラスを使ってちょっとしたハンドメイド作品に仕立て上げ、メルカリやminneに出品してみるのも1つの手です。拾ってきた材料に手を加えることで付加価値が増し、そのまま出品するよりも高値で売れる可能性が出てきます。

タイトルとURLをコピーしました