PR

検針員のバイトはきつい仕事?よくあるトラブルの例を紹介

検針員のバイトはきつい仕事?よくあるトラブルの例を紹介 転職
記事内に広告が含まれています。

アルバイトの仕事でお金を稼ぎたいけれど、コンビニや飲食店のアルバイトは接客があるのでやりたくない…

そんな人も少なくないのではないでしょうか?

工場や倉庫のアルバイトなど、接客が苦手な人に向いた仕事はいろいろと考えられますが、電気やガス・水道の検針員もおすすめです。契約者の自宅で屋外に設置されたメーターの検針を行う仕事なら、いちいち住人の許可を得る必要はありません。人とあまり関わらずに稼げる仕事です。

楽そうに見える検針員のアルバイトも、意外に「きつい」という声は聞かれます。どういった点が大変なのか、実際にあったトラブルの例と合わせて基本情報をまとめてみました。

一般にはあまり知られていない検針員の仕事も、この記事を読めば理解できるようになります。

スポンサーリンク

検針員のアルバイトはきつい仕事?

水道メーター

各家庭の玄関付近や庭・駐車場などには、電気やガス・水道の使用量を示すメーターが設置されています。検針員が訪問してメーターの数値を読み取ることで使用量が判明し、月々の料金が決まる仕組みです。

電力会社などでは検診業務を自動化できるスマートメーターも普及しつつありますが、人力による検針作業に頼っているところも少なくありません。電力会社やガス会社・地方自治体から外部委託された会社に雇われ、検針業務を代行しているのが検針員です。「検針員のアルバイト」と言っても雇用契約とは限らず、業務委託契約を結んで働くケースも増えています。

人とあまり関わらずに済むという点では楽な仕事ですが、検針員のアルバイトを経験した人の間では「意外ときつい仕事だった」という声も少なくありません。楽なはずの仕事がきついのはどうしてなのか、気になる人も多いのではないでしょうか?

検針員の仕事がきつい理由について解説する前に、基本的な仕事内容を確認しておきます。

スポンサーリンク

検針員の仕事内容

屋外に設置された電気メーター

電気やガスと水道ではメーターを確認するやり方に違いもありますが、検針業務そのものはそれほど難しい仕事ではありません。契約者の自宅を訪問してメーターを探し出し、検針を行うのが主な仕事です。

かつては検針結果を手書きで入力していましたが、現在はハンディターミナルに入力する方式が普及しています。検診結果を入力して「お知らせ票」を印刷し、郵便受けに入れれば1件分の作業は終了です。特別な理由がない限り、訪問先の住人にいちいち検針の許可を得る必要はありません。

水道の検針だけは量水器ボックスの蓋を開けてメーターを目視する必要があるため、電気やガスの検針より手間がかかります。作業の負担を考慮してか、水道検針員の給料は電気やガスの検針員より高めです。

検針員の仕事がきついと言われる理由

雪に埋もれた量水器

©YAMATO2023

検針業務そのものは難しい仕事でもありませんが、そのわりには検針員の間で「仕事がきつい」という声が多く聞かれます。メーターの設置状況は訪問先によってさまざまなだけに、時には検針が困難な場面にも遭遇するからです。

また検診業務は月に1回または2ヶ月に1回など、季節に関係なく定期的に行う必要があります。メーターが屋外に設置されているケースも多いため、夏は暑く冬は寒い思いをさせられる仕事です。

作業が単純なはずの検針の仕事がきつい理由として、以下のような要因が挙げられます。

  • 天候に左右される
  • メーターの位置がわかりにくい家もある
  • 住人との間でトラブルもあり得る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

天候に左右される

仕事をするのが春や秋の気候がいい日だけであれば、検針業務もずいぶんと楽になるはずです。1年を通して見ると、検針の仕事を快適にできる日は限られてきます。

真夏の炎天下でも、凍えるような冬の日でも、必要とあれば検針の仕事をしなければなりません。雨の日や雪の日、台風で強風が吹き荒れる日の検針業務は大変です。その日の天候によって仕事の難易度が大きく左右されてくるところが、検針員の仕事がきつい最大の理由となっています。

メーターの位置がわかりにくい家もある

検針を行うメーターは、必ずしもわかりやすい場所に設置されているとは限りません。家によっては庭を通り抜けた奥にメーターが設置されていたり、車を駐めてある場所の下に隠れたりしている場合もあります。

筆者の自宅も水道のメーターが収納されている量水器が裏口の外にあって、細長い庭を通り抜けて裏に回らないと確認できない場所です。冬は積雪が多い地域なだけに、毎月初めの検針日前には検針員が通りやすいようにと、庭の通路をきちんと除雪しておくようにしていました。

積雪が多くない地域でも、夏に雑草だらけで歩きにくい場合があります。メーターの場所を探して歩き回る羽目になると、1件の検針で余分な時間を食ってしまうことになります。天候の悪い日にメーターを探し回るのも大変ですので、メーターの場所をしっかり覚えておくといいでしょう。

住人との間でトラブルもあり得る

メーターの検針を行う際には、他人の土地であっても立ち入りができるという法律の規定があります。検針員が携帯する身分証にはこの条文が明記されていますので、メーターが設置されている場所に立ち入っても不法侵入にはなりません。

だからこそ訪問先で住人と顔を合わせずに任務を遂行できるわけですが、運悪く相手と鉢合わせる可能性もあります。法律を知らない人もいるせいか、「検針員が勝手に入ってきた!」というような勘違いの例は少なくありません。不審者と間違えられるようなトラブルも、全国各地でしばしば発生している状況です。

メーターが車などに隠れているような場合、住人を呼び出す必要も出てきます。検針に協力的でない人に当たってしまうと、1件で時間を取られてしまって効率的に稼げません。

検針員は基本的に他人と関わりを持たずにできる仕事ですが、こうしたイレギュラーなケースではコミュニケーションを取る必要も出てきます。

よくあるトラブルの例

メーターを確認しようとしている検針員

検針業務に伴うトラブルでよくあるのは、訪問先の家で飼っている犬に吠えられたり噛みつかれたりするケースです。犬が放し飼いにされているような家であっても、メーターが敷地内にある限りは敷地に入るしかありません。

犬はもともと番犬として飼育されるようになったほど警戒心が強い動物ですので、自身のテリトリーに見慣れない人間が入ってきたら威嚇行動を起こすのが当然です。犬がリードにつながれている場合でも、メーターがある場所まで行くのに犬小屋の近くを通らなければならないケースがあります。犬が苦手な人にとって、検針員は慣れるのが大変な仕事です。

この他にも敷地内に蜂の巣があったり、他の害虫が発生していたりする場合も考えられます。目がくらむような高所にメーターが設置されている場合は、検針の際に転落して怪我をしないように注意が必要です。庭の植木鉢がひっくり返っていたり、門扉が壊れていたりと、住人の知らない間に発生したトラブルで検針員が濡れ衣を着せられる可能性もあります。

誤検針にはペナルティも

電気やガス・水道の検針で得たメーターの数値は、料金を決定するのに欠かせない重要なデータです。入力した数値が実際と違っていた場合、契約者や雇い主の会社に迷惑をかけることになります。

入力ミスの許されない仕事ですので、誤検針を犯した場合には何らかのペナルティを受けるのが普通です。ペナルティの内容は会社によって異なりますが、「誤検針○回以上でクビ」という厳しい会社もあります。

簡単にはクビにできない正社員と比べ、雇用契約のアルバイトや業務委託契約の個人事業主は弱い立場です。多くの検針員は誤検針に怯えながら、目を凝らしてメーターの数字を読み取っています。

検針員の楽なところ

ずらりと並んだガスのメーター

ここまで検針員のマイナス部分ばかり挙げてきましたが、「検針の仕事は大変そうだから、やめておこう」と判断するのはまだ早いです。どのような仕事にも悪い部分があれば、他の仕事と比べて良い部分もあります。検針員より楽そうに見える他のアルバイトの仕事でも、別の部分で意外に大変な部分があるはずです。

検針員のアルバイトは天候の影響を受けやすい反面、以下の点では他の仕事より楽に働けます。

    • 人とあまり関わらずに済む
    • 自分のペースで稼げる

「人とあまり関わらずに済む」というメリットについては、記事の前半でも触れました。時には訪問先の住人と遭遇したり、声をかけてメーターの場所を教えてもらったりするケースも出てきます。人とまったく関わる必要がないわけではありませんが、業務の大半はひとりで完結できる仕事です。

検針員は職場の人間関係も希薄なため、人付き合いが苦手な人にとっては楽な仕事だと言えます。特に業務委託契約を結んで働く場合、決められた勤務時間や勤務シフトもありません。「午前9時から午後4時までの好きな時間に4~5時間勤務」「休憩時間を自由に取れる」といった求人も多く見かけます。

1日にこなす検針の件数が少ないと収入も減ることになりますが、自分のペースで稼げるという点は検針員の見逃せないメリットです。

検針員のアルバイトでどれだけ稼げる?

お金と電卓と検針票

どれほど楽な仕事でも、稼げる金額が少なすぎては仕事のモチベーションが上がりません。その点で検針員のアルバイトはどうなのでしょうか?

検針員を募集している求人にはアルバイトやパートとして雇用契約を結ぶ働き方と、個人事業主として業務委託契約を結ぶ働き方の2種類があります。アルバイトやパートの場合は時給900円から2,000円程度まで、または日給6,000円から1万円超まで、稼げる金額はさまざまです。最低賃金を保証した出来高制で給料が増減するような求人も見られます。

給料が日給で支払われる求人の場合、1日の仕事を早く終えれば終えるほど時給換算で稼げる金額が増える仕組みです。日給6,000円でも午前中の3時間で1日分の検針を終えれば、時給換算で2,000円稼いだ計算となります。逆に検針1件1件に手間取って時間がかかった場合は、稼ぐ効率が下がってしまいます。

業務委託契約を結んで仕事を請け負う個人事業主には、アルバイトやパート従業員と違って最低賃金法が適用されません。業務委託の場合は時給や日給ではなく、検針1件あたりいくらという形で給料が支払われるのが普通です。地方の検針だと家々の間が離れているため、移動するだけでも結構な時間がかかります。

求人サイトで募集されている検針員の求人を「業務委託」で絞り込んで条件面を比較してみたところ、ほとんどの求人では検針1件あたりの金額が明記されていませんでした。具体的な金額が記載されていた求人に限っても、稼げる金額は1件あたり50円から80円程度です。

1日に多くの件数をこなせばアルバイトやパートの検針員より稼げる可能性もありますが、件数を消化できないと時給換算で最低賃金より低くなりかねません。住宅が密集していたりして稼げる地区を担当になれば、同じ時間働いても効率的に稼げるようになります。同じ地区を担当しても、検針の仕事に慣れた人と不慣れな人で稼げる金額に差が出てくる仕事です。

検針員の仕事がなくなる?

電気のスマートメーター

電気の検針員を10年間務めた川島徹さんの『メーター検針員テゲテゲ日記』を読むと、検針員の仕事の大変さがよくわかります。その中で気になる記述がありました。電気の使用状況を無線通信で送信できるスマートメーターが普及すると、検針員が不要になるという話です。

すでに電気の検針については、契約者の半分以上でスマートメーターが導入されています。まだ導入されていない家庭にはこれまで通り訪問による検針を行っていますが、今後10年ほどをかけて徐々に無線化が進められていく予定です。したがって将来的には、電気の検針員が完全に姿を消すものと予想されます。

ガスや水道の分野でも、スマートメーターの導入が進められている最中です。今はまだ検針員のアルバイト求人も結構募集されていますが、これから先は求人が減っていくのは間違いありません。

まとめ

電気やガス・水道の検針員は人とあまり関わらずに稼げる点で、精神的に楽な仕事です。コミュニケーションが苦手な人に向いた仕事ですが、暑さ寒さや天候に大きく左右される点では覚悟が必要になってきます。

訪問先でたまたま住人と鉢合わせたり、犬に吠えられたりする可能性もゼロではありません。メーターがわかりにくい場所に設置されている例も少なくないだけに、不審者と間違われたりするようなトラブルも考えられます。

そういった点が「きつい」と感じられる場合もありますが、検針の仕事に慣れれば時給換算で効率的に稼ぐことも可能です。将来的にはなくなると予想される仕事ですので、興味がある人は求人が募集されている今のうちに経験してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました