メダカ養殖で稼ぐ副業とは?ブームに便乗したビジネスの実態を解説

副業

養殖したメダカを販売して収入を増やすという副業ビジネスが、近年のメダカブームを受けて注目を集めています。メダカには500種類以上もの品種が存在し、珍しい種類を育てれば成魚や稚魚・卵ですら高値で売れるのです。まさに一攫千金のビジネスにもなり得るメダカ養殖はそれほど手間がかからないため、会社員の副業にも向いています。

とは言え高値で取引される珍しい種類のメダカは固定率が低いせいか、「たいして儲からなかった」という声も少なくありません。成功した人と失敗に終わった人との差も大きいと見られるメダカ養殖の副業について、飼育と繁殖の基礎知識をまとめてみました。どういうルートで販売するのかという点についても、記事の後半で詳しく解説します。

メダカ養殖が副業として成り立つ理由

ペットとして飼育する魚は金魚や熱帯魚が定番でしたが、ここ何年かはメダカがブームとなっています。小川で見かける地味でありふれた魚というイメージも昔の話で、現在では野生種の絶滅が危惧されるほど数が激減してしまいました。その一方では飼育用に品種改良されたメダカがペットショップで人気を集めており、珍しい品種には1匹1万円以上の高値がついた例も珍しくありません。

金魚にも負けないくらいに品種改良が進んだメダカは養殖するのにそれほど手間がかからず、初心者でも比較的簡単に増やすことができます。増やしたメダカを高値で販売する養殖ビジネスは本業の片手間でも可能なことから、一風変わった副業として人気を集めるようになったのです。

カブトムシやクワガタを売る副業は稼げる?養殖ビジネスの現状を解説
自分で採集したり養殖したりしたカブトムシやクワガタを売ってお金を稼ぐビジネスは、うまく当たれば儲かる副業になると言われています。本当のところはどうなのか、業者でもない個人がカブトムシやクワガタを売る手段と養殖の方法についてまとめてみました。

物品を販売するビジネスとの比較

メダカの飼育は熱帯魚や金魚ほど難しくはなく、発泡スチロールやプランターでも飼えるほど強い魚です。熱帯魚を飼育する場合は水槽の他にヒーターやエアーポンプ・ろ過フィルター・照明器具などを使うのが一般的で、道具を買い揃えるだけでもかなりの費用がかかってしまいます。

メダカは飼われている環境でも10℃以下の低温になると冬眠の状態になり、春が来て温度が上がってくると活発に動き出すのが特徴です。珍しい品種のオスとメスをセットで購入してきて同じ水槽で飼っていれば次々と産卵してくれるため、いくらでも数を増やすことができます。基本的にスタート時点だけ親のメダカを対で購入すれば、販売用のメダカはほとんど自動的に生まれて育ってくれるのです。

物品を転売するせどりを副業にして稼ぐには、商品が売れるたびに絶えず新たな商品を仕入れ続けなければなりません。仕入れた商品が必ず売れるとは限らず、目論見が外れてしまった場合には大量の在庫を抱えるリスクもあります。過剰在庫を抱えた状態が続けばビジネスが赤字に転落し、収益を出すことができなくなってしまうのです。

せどりを副業にして効率的に稼ぐコツとは?初心者向けに基礎知識を解説
せどりは特別なスキルがなくても収入が得られる副業として人気を集めていますが、仕入れや売り方のコツを知らないとかえって損をする場合があります。副業で高収入を得ている人も少なくないせどりの効率的な稼ぎ方について、初心者向けにまとめてみました。

その点でメダカ養殖なら新たな品種を導入する場合でもない限り、エサ代を別にすれば新たな仕入れに費用をかける必要はありません。次々と新しい個体が生まれ育って多く売れば売るほど、販売すべき「商品」に占める元手の割合が低くなるという仕組みです。最初に購入した1対の個体の購入費用を回収して以降は、仕入れに相当する費用は安価なエサ代と水道料金ぐらいになります。

一攫千金も夢ではない?

メダカは金魚や熱帯魚より生命力が強く飼いやすいとは言っても、供給量が多いヒメダカでは1匹あたり数十円程度でしか売れません。ヒメダカを改良した楊貴妃メダカは1匹200円前後、幹之メダカや黄金メダカになると1匹500円から1,000円ほどで取引されています。

名前の通りダルマに似た可愛らしい姿で人気を集めるダルマメダカは、1匹数千円で売れる場合もあるほど希少性の高い品種です。ダルマメダカのオスとメス同士をかけ合わせても、同じようなダルマメダカが生まれる確率は30%程度と言われています。

メダカ養殖ビジネスの収益性を左右する固定率というのは、親の特徴を受け継いだ子がどれだけの確率で生まれてくるかを示す数字です。珍しい品種のメダカほどこの固定率が低く市場に出回る数が限られてくるため、需要と供給の法則から高値で取引されやすいくなります。過去には1匹に100万円もの高値がついた例もあるだけに、メダカ養殖はまさに一攫千金を狙えるビジネスとして熱い注目を浴びているのです。

拾った流木は買取不可?意外に手間がかかる流木ビジネスの実態を解説
川や海岸で拾える流木はインテリアや水槽のアクアリウム等の需要があることから、買取やネットオークション出品で売れば結構な収入になります。元手0円で稼げるようでいて、実際にはアク抜きなどで意外に手間がかかる流木ビジネスの実態をまとめてみました。

メダカ養殖ビジネスの実践方法

野生の状態では全国各地の川に棲んでいたほどありふれた存在だけに、メダカは庭などの屋外での飼育が可能な魚です。集合住宅に住んでいて屋外での飼育が難しい人でも、水槽などを使えば室内で飼うことができます。
小さい体に似ず生命力が強い魚ですので、使用する器は安く入手できる発泡スチロールの箱やプランターでも問題はありません。器の中に水草を入れておけば格好の隠れ場所になる上に、酸素を出してくれるのでエアーポンプの代わりにもなります。

メダカは水温が20℃から28℃ほどになるとエサを活発を食べるようになり、気温の低い冬以外ならどの季節でも繁殖が可能です。メスの稚魚は生まれて3ヶ月目くらいから産卵が可能になりますので、条件さえ整えばねずみ算式にどんどん増えていきます。

水草や産卵床に産み付けられた卵はそのままにしておくと成魚に食べられてしまう恐れがありますので、産み付けられたら別の器に隔離しておくのが繁殖の基本です。生まれた稚魚が成魚の半分くらいの大きさまで育てば食べられる恐れはなくなり、元の器に戻せるようになります。

飼育と繁殖のコツ

メダカ養殖は水槽などの容器とオスメス対の個体を用意すれば始められますが、ランニングコストとしてエサ代はどうしても必要になってきます。コストを少しでも安く上げようとして、100円ショップで売られている安価なエサを使うのはおすすめできません。

コストは少々割高になりますが、ペットショップなどで売られている栄養価の高いメダカ専用のエサを使うのが無難です。成魚用のエサをすりつぶして稚魚に与えれば、エサ代を少しでも節約できます。

器に入れる水はメダカ1匹あたり1リットルが目安で、水道水を使う場合は事前のカルキ抜きが欠かせません。市販の中和剤を使うか、または水道水を汲んでおいて日の当たる場所に1日以上放置して塩素を飛ばす必要があります。

室内で飼う場合でもメダカにはある程度の日光が必要ですので、水槽などの器を日当たりの良い窓辺に置いておくのが基本です。ただし夏場は水温が熱くなりすぎるため、直射日光には当てないようカーテンなどで対策を行う必要もあります。

基本的には屋外の方がメダカの飼育に適した環境が自然に整いやすく室内飼育より少ないコストで済みますが、ヤゴや猫・カラスなど天敵への備えも欠かせません。トンボが飛んできて卵を産み付けられるとヤゴが発生してしまいますので、場合によっては網を張るなどして対策を講じる必要が出てきます。

専門店が教える メダカの飼い方 改訂版 失敗しない繁殖術から魅せるレイアウト法まで (コツがわかる本!) | 亀田養魚場 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで亀田養魚場の専門店が教える メダカの飼い方 改訂版 失敗しない繁殖術から魅せるレイアウト法まで (コツがわかる本!)。アマゾンならポイント還元本が多数。亀田養魚場作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また専門店が教える メダカの飼い方 改訂版 失敗しない繁殖術から魅せるレイアウト法まで (コツがわ...

メダカの販売方法

育てたメダカを販売する最も手っ取り早い手段は、年間1,000万人以上の人が利用しているネットオークションのヤフオク!への出品です。フリマアプリとして人気のメルカリは生き物の出品が禁止されているため生きたメダカの販売には使えませんが、ヤフオク!にはオークションと定額販売をあわせて1万件以上のメダカ出品が見られます。

メダカを販売しているペットショップで買取してもらえればいいのですが、業者ではない個人が相手ではなかなか取引してもらえないのが現状です。最近は街のペットショップだけでなく、メダカ専門の通販サイトも続々誕生しているほどブームが続いています。

そうした中でヤフオク!を使って個人からメダカを購入しようとするのは、店舗や通販サイトより少しでも安く手に入れようとする人たちです。メダカ養殖ビジネスを始める際にも最初に必要となるオスメス対のメダカの購入先として、ヤフオク!を利用すれば安く上がります。

それだけ自分が売る立場となってみれば高値で売るのがなかなか難しいという証拠で、大きく稼ぐには別の販売ルートを開拓する努力も必要です。自分専用のメダカ通販サイトを立ち上げたり、メダカ養殖ビジネスを手がける仲間同士で販売イベントを開催したりする方法が考えられます。

副業の範囲内では小遣い稼ぎ程度の収入しか手元に残らない可能性もありますが、いきなり会社を辞めて養殖ビジネスを大々的に始めるのはおすすめできません。安定した給与収入を確保しておいた上で、まずは副業として養殖ビジネスを始めるのが無難なやり方です。売上が軌道に乗ってきて本業の収入を上回るようになってから、本格的な独立開業を検討した方が失敗のリスクが低くなります。

拾った貝殻で収入を得る方法とは?ビーチコーミングで稼ぐ副業を解説
海岸で拾った貝殻もハンドメイド材料になるため、欲しいという人に売ればお金を稼ぐことができます。貝殻の他に、流木やシーグラスなどの漂着物にも需要があるものです。そんなビーチコーミングで稼ぐ副業について、収集や出品の注意点と合わせて解説します。

メダカ養殖で稼ぐ副業まとめ

熱帯魚や金魚よりも強い魚で育てるのにそれほど手間がかからないとは言え、メダカも水温などの環境が激変したり病気にかかったりして弱ることはあり得ます。水質の悪化など飼育方法に問題があったために、飼っていたメダカが全滅してしまったという残念な失敗例もありました。以上に紹介したような基本をしっかりと押さえた上でメダカの健康に気を配っていれば、1日に1時間から数時間程度の作業でも勝手に育って卵も産んでくれるものです。

ヤフオク!を利用した場合は高値で売れにくい面もありますが、珍しい品種が1万円以上で落札された例も少なくはありません。それほど珍しくない品種であっても1匹100円前後ではコンスタントに売れていますので、地道に続けていればエサ代などのランニングコストを引いても利益が残るはずです。現在のブームがこの先もずっと続くとは限らないだけに、副業でメダカ養殖ビジネスを始めるなら少しでも早く動いた方がいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました