CopyContentDetectorで一致率を下げる裏技とは?

仕事術

CopyContentDetectorは高機能の無料コピペチェックツールとして、多くのWebライターやブロガーに重宝されています。筆者も愛用している1人ですが、一致率の数字が高く出やすいという問題にはさんざん悩まされてきました。

同じ悩みを持つ人は同業者の中にも少なくないと思われますので、今回は自分なりに悪戦苦闘しながら身につけてきた解決策を公開します。単にキーワードを削ったり類義語と置き換えたりするだけでは一致率がなかなか下がらないという場合に、この記事の内容が役に立つはずです。

CopyContentDetectorで一致率が高く出る原因

語句が完全に一致した割合を示す数字を示す一致率が高く出てしまうのは、ネット上に同じような情報について解説した記事が多く存在するのが最大の理由です。特にノウハウ系のジャンルで記事を書こうとする場合は高い数字が出やすいだけに、記事執筆作業より修正作業の方に時間がかかる例もよくあります。

何らかのノウハウについて解説した記事は影響力が大きいだけに、いい加減な内容を書くわけにはいきません。正確な情報を心がけようとするばするほど、どうしても他と似たような文章になってしまいます。キーワードと関連して使用される語句も他の記事と共通してくるため、コピペチェックで一致率の数字が高く出やすいのです。

悩みの解決方法やノウハウを求めて検索する人は、関連した商品やサービスの広告をクリックしてくれる確率が高いと言われています。そういうジャンルはインターネット広告の種類が多く、成果報酬型アフィリエイトの広告単価も全般に高めです。

検索結果で出てくる記事の大半は基本的に無料で読めますが、広告を掲載することでサイトの運営が成り立っています。広告が豊富に存在していて平均単価も高いジャンルは収益性が高いだけに、企業から個人まで多くの情報サイトやブログが記事を取り上げている状況です。

こうした激戦区にあって検索上位を勝ち取るためには、ライバルを上回る圧倒的な情報量が求められます。検索キーワードと関連した情報の網羅性が高い長文記事ほど良質なコンテンツと認められやすいため、各サイトが競い合って1記事に情報を詰め込んでいるのが現状なのです。

検索上位の記事に長文が多い理由とは?長い文章を書くコツも解説
検索結果の上位に長文の記事が多いのは、検索エンジンのアルゴリズムが変わってコンテンツの質が最も重視されるようになったのが一因です。今や検索上位に表示されるために欠かせない長文記事を書くコツについて、初心者向けに基礎知識をまとめてみました。

そうしたジャンルで新たな記事を書いた場合に、使われる語句が他のサイトと重複してしまうのは無理もありません。ノウハウ系のジャンルでは1記事あたり5000文字以上が当たり前で、中には1万文字を上回る長文記事で検索上位を実現している例も多く見受けられます。

情報を網羅したそれらの長文記事と比較されてしまうと、CopyContentDetectorの無料版で1回にチェックできる4000文字以内で一致率が高く出るのも当然の結果です。ネット上で情報が少ないニッチなジャンルであれば、普通に記事を書いても一致率は低く抑えられます。

そういうジャンルは検索需要が低く関連する広告も少ないため、クラウドソーシングでは記事作成の募集が決して多くありません。自分でブログを運営する場合でも検索需要が低いジャンルだと収益性も低くなりがちですが、オリジナルの文章を心がけている限りは一致率の問題にそれほど悩まされないで済むはずです。

一致率を下げる基本的な対策

当ブログでは以前にもコピペチェックツールについて取り上げ、一致率を下げるコツについて解説しました。同じようにCopyContentDetectorの使用を想定した内容ですので、基本的な対処方法に関しては以下の記事を参考にしてみるといいでしょう。

コピペチェックで一致率が高く出る原因とは?4つの改善方法を解説
Webライティングの仕事をしていると、オリジナルの文章を書いたつもりでもコピペチェックツールで一致率が高く出ることがあります。ライター泣かせの一致率とはどういう数字なのか、コピペチェックの数字を下げる5つの改善方法と合わせて解説します。

キーワードを削ったり関連語を類義語と置き換えたりするような対策だけでは、50%を上回るような高い一致率を大きく下げるのは困難です。以下に紹介するようなContentDetectorの癖を知っていれば、もっと効率的に数字を下げられるようになります。

一致率を下げる上級テクニック

ContentDetectorの一致率判定は文脈に関わらず、語句が一致した割合を機械的に計算して出した数字です。「大は小を兼ねる」ということわざがあるように、同じキーワードに関して長文の記事がすでに存在する場合は一致率がどうしても高く出やすくなります。

関連語は長文の記事ほど多くの種類を盛り込めるため、それより少ない文字数の記事は語彙の面で不利な状況です。4000文字以内の記事が1万文字以上の記事と比較されて語彙力を判定されるのは、中小企業が大企業相手に売上を競うのと変わりありません。

ContentDetectorの一致率判定がこうした仕組みとなっているのも、検索エンジンのアルゴリズムに準じた結果と見られます。近年の検索エンジンはコンテンツの質を重視するようにアルゴリズムを変えてきていますが、情報の網羅性も高く評価されやすい要素の1つです。

キーワードに関する情報を余さず網羅するように記事を書こうとすると、文章は自然と長くなってしまいます。長い文章を読むのが苦手な人がいようがいまいが、1つの記事で幅広い検索需要を満たせるコンテンツが高く評価されている状況なのです。

一致率が突出して高い記事の特徴

以上のようなContentDetectorの傾向を知っていれば、提示された数字にも必要以上に振り回されずに済みます。一致率判定で50%を上回るような高い数字が出ても、数字だけを見て慌てる必要はありません。

突出して一致率が高いサイトが1つだけ存在する場合は、対象となっている記事が極端に長文でないかどうかを調べてみる必要があります。一致率判定で1位の記事だけが50%以上で、2位以下は30%台以下という例も今までに複数見られました。

1つだけ高い数字が出た記事はほぼ例外なく極端な長文で、何万文字にも及ぶような例も少なくありません。そういう記事に正面から対抗して一致率を下げようとしてもたいして意味はありませんので、柔軟に対応していく姿勢が求められます。

クラウドソーシングで受注した記事であれば無理をしてでも数字を下げるところですが、自分のブログに掲載する記事ならある程度の融通もきくはずです。対象となる記事が狙ったキーワードで検索1位に表示されている場合は敢えて勝負を避け、無難に2位を目指すという手もあります。

ContentDetectorの一致率判定に引っかかる相手だからと言って、必ずしも検索上位に表示されるとは限りません。多数のユーザーの投稿で自動生成されたような記事や、改行なしで文字がびっしり書き込まれた読みにくい長文が引っかかってくる場合も考えられます。文字数がやたらと多いだけのそういう記事はユーザビリティが低いと判定され、検索順位も決して高くはないのが普通です。

文字数を増やすコツ

検索上位にランクされる複数記事との間で一致率が高く出た場合は改善すべきですが、そうでない場合にまで無理に数字を下げることはありません。対処すべきかどうかを判断するためにも、一致率が高く出た記事の文字数を把握しておく必要はあります。筆者の場合は文字数表示機能のあるテキストエディタを普段から使っていますが、「文字数カウント」と検索して出てくるサイトで測定することも可能です。

一致率判定に表示されたURLをクリックすると、対象記事が別ウインドウで開きます。記事全文を選択状態にしてコピーすれば文字数カウントサイトに貼り付けられるようになりますが、右クリックを禁止したりして記事をコピーできないようにしているサイトも少なくありません。上級者になれば対象記事をブラウザで「名前をつけてページを保存」し、HTMLファイルのソースを直接編集することでコピー可能な状態にすることも可能です。

そうやって割り出した文字数から、検索上位を狙うのに必要な分量の目安が判断できる場合もあります。ContentDetectorで比較の対象に出てくる複数サイトの一致率が全般に高い場合には、文字数でそれらの記事を上回るようにコンテンツを充実させるのが最も効果的です。体験談や取材などライバルの記事にないオリジナルの要素を追加して文字数を増やしていけば、一致する語句の割合も相対的に下がっていきます。

段落ごとに数字を調整する

一致率を下げるにはオリジナルの要素を加えて文字数を増やすのが最も効果的ですが、ネットで調べた情報だけで記事を書かなければならない場合はそうもいきません。そういう制約がある場合には、見出しで区切られた段落ごとの一致率を個別に測定して調整するのが効果的です。

ある段落は一致率が30%以下に低く抑えられているのに、特定の段落だけ40%を超えるような場合は改善の余地があります。こういう文章の全文をContentDetectorで調べてみると、最も一致率が高かった段落よりも全体の数字の方が高く出るのが普通です。

全文をチェックするとキーワードや関連語だけでなく指示語や1文字単位の助詞までが一致してしまい、必要以上に高い数字が出やすくなるという傾向も見られます。こうした場合に全体の数字を大きく下げるには、他より一致率が高い段落を重点的に修正するのが効果的です。

全体の一致率で高い数字が出た対象サイトは、個別の段落をチェックする場合でも徹底マークする必要があります。他の記事が段落チェックで上位に出てきた場合は、そこまで神経質になることはありません。そうやって調整した上で全文をもう一度測定してみれば、全体の数字もだいぶ改善されてくるはずです。

段落の一致率があまりにも高すぎて修正が困難な場合には、その段落を思い切って削除するという手もあります。複数段落の組み合わせで何度もチェックし、数字が最も低くなる組み合わせを見つけるのも効果的なやり方です。一致率の高い段落が多すぎる場合は根本的な書き直しも必要ですが、1つや2つの段落だけが突出して高い数字を示している場合なら試してみるがあります。

CopyContentDetectorで一致率を下げる裏技まとめ

インターネット上でこれだけ情報が氾濫している中で新たな記事を追加しようとする場合には、既存の記事と内容が重複しないような配慮が求められます。特に収益化が目的のブログや情報サイトの記事を書く際には、一致率の問題を避けて通れません。

機能に定評のあるCopyContentDetectorにも一種の癖があって、ただ文字数が多いだけで検索上位に入らないような記事が一致率の対象に出てくる場合があります。そういう対象であれば無理して合わせることもありませんが、検索上位の記事が相手の場合は対処が必要です。

ライバルの記事にないオリジナルの要素を加えて文字数を増やすか、段落単位で一致率を細かく調整するような対策が効果的になってきます。一致率が突出して高い段落を思い切って削るだけでもだいぶ違ってきますので、数字がなかなか下がらないという場合は試してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました