画像加工を在宅ワークの副業にするには?3種類の稼ぎ方を解説

副業

在宅ワークの副業と言えばデータを入力したり文章を書いたりする仕事を想像しがちですが、写真などの画像を加工する仕事もその1つです。本業の仕事で画像編集ソフトを使いこなしている人なら、副業でも同じような仕事で収入を増やすチャンスがあります。<

画像加工の仕事を在宅ワークの副業にするには、どうやって仕事の依頼を獲得するかが問題です。そこで今回は在宅で画像加工の副業を始める方法について、実際に稼げる金額の目安と合わせて基本情報をまとめてみました。

画像加工の副業とは?

画像編集ソフトの画面

撮影に失敗してピントがぼけてしまった写真や暗く写ってしまった写真でも、Photoshopのような画像編集ソフトを使えばきれいに修正できます。写真コンテストに応募する写真や広告に使われる写真も、画像編集ソフトで色合いなどを調整するのが当たり前になりました。

不要な部分をカットするトリミングや文字入れなども含め、画像加工の作業には一定のスキルを必要とします。本業の仕事や趣味の活動で画像編集ソフトを使いこなしている人であれば、画像加工の仕事を副業の手段にすることも可能です。

クリエイター界隈では動画編集の需要が急増していますが、画像加工の仕事にも安定した需要が期待できます。企業の募集する求人に応募してオフィスに出社する働き方もありますが、画像を加工する仕事の多くは在宅でも可能な案件です。画像編集ソフトが使えるパソコンさえ用意すれば、あとは仕事を獲得するだけで在宅ワークを始められるようになります。

画像加工を在宅ワークの副業にする方法

副業のイメージ

画像編集ソフトが使えるパソコンを持っていても、仕事を依頼してくれる人がいなければ収入が得られません。画像加工の副業を始めるには、何らかの形で仕事を獲得する必要があります。

在宅ワークにこだわらなければ、パソコンを持っていない人でも画像加工の仕事をすることは可能です。オフィスに出社して働く場合には、会社のパソコンを使用して作業を行うことになります。

画像加工の仕事を在宅ワークにするには、画像編集ソフトが使えるパソコンを自分で用意しなければなりません。最近はスマホで手軽に画像加工ができるアプリも増えていますが、大きい画面で作業した方が効率的なのは確かです。

画像加工の仕事は細部を拡大し、不要な部分を消したり修正したりする作業も少なくありません。そういう作業ではスマホの小さい画面よりも、パソコン画面の方がどうしても有利になってきます。作業に使う画像編集ソフトもパソコン用の方が高機能のため、画像加工の仕事を在宅ワークにするにはパソコンが必要になってくるのです。

その条件を確保した上で実際に仕事を獲得するには、以下のような3種類の方法が考えられます。

画像加工を仕事を獲得する方法
  • 企業に営業をかける
  • クラウドソーシングで仕事を探す
  • スキルシェアサイトで仕事を募集する

それぞれ詳しく解説していきます。

企業に営業をかける

ポートフォリオ

画像加工の仕事を外注している企業と接点が持てる人なら、自分から営業をかけることで仕事獲得につながる可能性があります。

当然のことながら企業案件は求められる画像編集のスキルが高めで、ある程度の実務経験も必要です。仕事を依頼する企業の側では、画像加工を担当する社員をゼロから教育している余裕がありません。だからこそ即戦力のクリエイターに仕事を外注しようとしているわけです。

そのへんのスキルを認めてもらうためには、評価につながるポートフォリオを作成してネット上に公開する必要も出てきます。画像編集スキルをアピールするには、インスタグラムなどのSNSが格好の場です。

自作の画像を記事に使用したブログがあれば、ポートフォリオとして効果的です。ブログやSNSで画像を公開しながら情報を発信していれば、自分から営業をかけなくても画像加工の仕事を依頼される可能性があります。

クラウドソーシングで仕事を探す

クラウドソーシングの募集画面

SNSやブログで写真などを公開して「画像加工の仕事を承ります」などと記載したところで、必ずしも仕事の依頼が舞い込んでくるという保証はありません。画像加工の仕事を在宅ワークの副業にして収入を得るには、仕事の募集が多く集まっている場所で探すのが効率的です。

クラウドワークスランサーズといったクラウドソーシングのサイトには、「画像加工」のカテゴリが用意されています。この記事を書いた時点では、以下のような仕事が募集されていました。

画像加工の主な案件
  • Amazonや楽天市場・BUYMAなどの通販サイトで使用する画像の編集作業
  • YouTube動画のサムネイル画像作成
  • インスタグラムなどのSNS投稿や広告に使う画像の作成
  • Webメディアやアフィリエイトサイトに使う画像の作成

具体的な作業内容としては画像への文字入力やサイズ変更、色調の調整・合成などの加工処理が中心です。画像加工だけでなく写真撮影を伴う仕事や、簡単なデータ入力・出品作業が加わる仕事も多く募集されています。企業から直接受注する場合と同様に、クラウドソーシングでもポートフォリオの提示が求められる案件は少なくありません。

通販サイト向けに画像の加工を行う仕事が圧倒的に多く、全体の半数以上を占めている状況です。商品写真の撮影や編集作業に従事した経験がある人にはうってつけの仕事ですので、クラウドソーシングで案件を探してみることをおすすめします。

クラウドソーシングは稼げない?時給換算で効率的に稼ぐコツを解説
クラウドソーシングは在宅で収入が得られる副業として主婦や会社員に人気を集めていますが、初心者向けの案件は単価が低く「稼げない」という声も少なくありません。実際のところはどうなのか、時給換算で効率よく稼ぐコツと合わせて解説します。

スキルシェアサイトで仕事を募集する

クラウドソーシングで募集されている仕事は、通販サイト向けの案件に偏っている面もあります。画像編集のスキルがあれば仕事が見つかりやすいとは言え、必ずしも自分がやりたい仕事ができるとは限りません。

世の中には個人からの依頼を含め、画像加工でもっと多彩な仕事の需要が存在するはずです。クラウドソーシングで仕事を募集しているのは企業が中心ですが、ココナラのようなスキルシェアサイトでは個人対個人でスキルが売り買いされています。イラストの作成や占い・相談などのサービス提供が人気を集めている中で、「写真の編集・加工」のカテゴリにも数多くのサービスが出品されている状況です。

スキルを共有するイメージ

クラウドソーシングの各サイトで募集中の画像加工案件が数十件程度なのと比べ、ココナラの「写真の編集・加工」に出品されているサービスは約6,000件を数えます。サービスを出品しても購入してもらえなければ売上は発生しませんが、ランキング上位の出品者になると数百件もの販売実績を誇る人も少なくありません。

ココナラには購入者の側で仕事を募集する「公開依頼」のコーナーもあって、「写真・画像の加工・修正」カテゴリが用意されています。過去に募集された公開依頼の例を見ると、通販サイト向けの案件はクラウドソーシングほど多くありません。YouTubeやライブ配信のサムネイル画像作成から、個人で撮影した写真の修正依頼まで、仕事の募集内容はさまざまです。中には個人ではなく企業からの依頼も含まれますが、どちらもクラウドソーシングより気軽に仕事を募集している様子が見て取れます。

「公開依頼」の中に気に入った仕事がない場合でも、自分で画像加工のサービスを考え出して出品できる点がココナラの強みです。ココナラではライバルが多すぎて仕事の依頼がなかなか獲得できないという場合には、SKIMA(スキマ)スキルクラウドタイムチケットなど他のスキルシェアサイトに出品してみるという手もあります。

スキルシェアで稼ぐ副業とは?おすすめスキル販売サイト10選も紹介
自分の得意や知識・経験をサービスとして出品して収入を得るスキルシェアは、スキマ時間で稼ぐ副業の手段として人気が高まっています。ココナラに代表される8つのスキル販売サイトについて、クラウドソーシングとの違いを含めた基本情報をまとめてみました。

画像加工の仕事にPhotoshopは必須?

クラウドソーシングで募集されている画像加工案件で仕事の詳細を見ると、「Photoshopが使える方」などと条件をつけている例が目立ちます。同じ方式で仕事が募集されるココナラの公開依頼でも、「Photoshopのスキル」を条件に挙げている案件は少なくありません。

画像への文字入れや色調・コントラストの調整など、基本的な画像加工作業はPhotoshop以外の画像編集ソフトでも可能です。スマホアプリでも同じ作業をできなくはありませんが、Photoshopのスキルを条件に挙げている依頼主は納品物に高いクオリティを求めています。

photoshopのイメージ

画像加工の分野ではPhotoshopが長年にわたってスタンダードの扱いを受けてきただけに、無料で使えるアプリが普及した今もなお多くのクリエイターに支持されています。写真の加工できちんとした納品物を渡すには、Photoshopを使う必要があるという風潮が現在でも支配的です。

ココナラなどを利用して画像加工のサービスを出品する場合は、必ずPhotoshopを使わなければならないという決まりはありません。それでも出品者の多くはPhotoshopの熟練した使い手だけに、他の画像編集ソフトでは不利になりかねない状況です。プロのクオリティで納品物を仕上げる腕があるからこそ、ライバルの多いココナラでも多くの販売実績を誇っているとも言えます。

画像加工のサービスを出品するのにPhotoshopのスキルが必須というわけではありませんが、スキルを前面に出した方が仕事の依頼を獲得しやすいのも確かです。スキルにそこまでの自信がないという人でも、低価格路線を打ち出すことで依頼を獲得できる可能性はあります。

画像加工の在宅ワークでどれだけ稼げる?

画像加工の仕事を獲得する3種類の方法の中で最も高収入が期待できるのは、企業から直接受注する方式です。クラウドソーシングやスキルシェアサイトが間に入ることで仕事を見つけやすくなりますが、その代わりに売上から一定割合の手数料が引かれます。クラウドワークスとランサーズのシステム利用料は報酬額によって5%から20%まで変動し、ココナラの販売手数料は売上の金額に関わらず一律で22%です。

企業から画像加工の仕事を直接引き受ければそういう手数料も発生しませんが、仕事を獲得するための難易度は格段に高くなります。本業の仕事を通じて業界に人脈を築いている人でもなければ、そう簡単には仕事を獲得できません。

初心者はまずクラウドソーシングやスキルシェアサイトを利用し、仕事の実績を積み重ねていくのが無難な始め方だと言えます。最初のうちは単価の低い案件しか受注できない可能性もありますが、実績が増えていけば単価アップも可能です。

在宅ワークで稼ぐイメージ

クラウドソーシングでは画像1枚当たり500円前後が報酬の平均的な相場で、1枚1,000円で仕事を募集している案件も見られます。ココナラでも報酬の単価を1,000円に価格設定している出品者が多く、1枚1,000円で相場が成り立っている状況です。

中には1枚100円などという低価格で出品している人もいますが、この場合でも30枚で3,000円というように大量の受注を前提としています。1枚1,000円でも有料オプションを追加することで、報酬の単価を上げることは可能です。

これらの販売価格から前述の手数料を引いた残りの金額が、最終的に出品者の収入ということになります。クラウドソーシングやスキルシェアサイトで画像加工の仕事を月に12枚から13枚ほど受注できれば、在宅の副業で1万円を稼げる計算です。その10倍の仕事量をこなせる人なら、月に10万円の副収入も視野に入ってきます。

写真投稿サイトで広告収入を得る副業とは?初心者向けの稼ぎ方を解説
フリー素材サイトは広告収入で運営されているため、無料で投稿した写真がダウンロードされるごとに報酬が発生します。ストックフォトを利用した写真販売では稼げないという初心者でも、広告収入で稼ぐ写真投稿サイトなら副業として成り立つ可能性があります。

画像加工の副業まとめ

画像加工作業

本業の仕事や写真撮影の趣味で画像編集ソフトを使い慣れている人なら、画像1枚の加工作業もスピーディーにこなせるはずです。画像1枚の加工作業に時間がかかりすぎては、時給換算で効率的に稼げなくなってしまいます。

この仕事に慣れれば限られた時間で多くの仕事をこなせるようになり、在宅ワークの副業でも高収入を稼ぐことが可能です。画像加工の仕事をするにはPhotoshopの操作スキルがほぼ必須となってますので、使い慣れていないという人は書籍や講座受講などスキルアップを図ってみるといいでしょう。

撮影で稼ぐ副業総解説!写真販売からレシート撮影まで10選を紹介
写真や動画の撮影が得意な人なら写真販売や撮影代行・出張撮影など、副業の手段となるお金の稼ぎ方はいろいろと考えられます。写真買取やレシート撮影まで含めた撮影の副業を10種類厳選し、それぞれの特徴や収入の目安について基本情報をまとめてみました。

コメント

  1. […] 画像加工を在宅ワークの副業にするには?3種類の稼ぎ方を解説Photoshopなど… […]

  2. […] 画像加工を在宅ワークの副業にするには?3種類の稼ぎ方を解説Photoshopなど… […]

  3. […] 画像加工を在宅ワークの副業にするには?3種類の稼ぎ方を解説Photoshopなど… […]

タイトルとURLをコピーしました