ドメインパワーと検索順位の関係とは?評価を上げる7つの方法を解説

仕事術

ブログを運営する上で無視できない指標の1つに、ドメインパワーと呼ばれる概念があります。ドメインパワーが弱いブログは検索結果でも上位に表示されにくく、アクセスを効率的に集めることができません。ブログを始めて間もない初心者の多くはこのドメインパワーでつまずき、検索上位が得られずに苦しんでいます。

検索結果にこれほどの大きな影響を与えるドメインパワーとはいったい何を意味するのか、初心者にもわかりやすいように基礎知識をまとめてみました。記事の後半ではドメインパワーを上げるための効果的な対策についても、自分でできる対策と他力本願的な対策に分けて解説します。

ドメインパワーと検索順位との深い関係

ブログを開設して記事を書き、広告収入を稼ごうと意気込んでみても、始めて間もないうちはアクセス数がなかなか伸びないものです。読んでくれる人が少ないと記事に掲載した広告もなかなかクリックされず、収入ゼロの状態が続いてしまいます。そうするうちに記事のネタがなくなり、「ブログは稼げない」という結論に達してやめてしまう人も少なくありません。

このように開設して間もないブログのアクセスが集めづらいのは、検索エンジンからの評価が低いために順位も上がらないのが1つの原因です。中でも独自ドメインを取得して開設したブログは、ドメインパワーがゼロの状態からスタートすることになります。

アメブロやはてなブログのような有名ブログサービスを利用すれば、初期の段階ではドメインパワーが強いためアクセスを集めるのに有利です。ただし無料ブログはあくまでも借り物に過ぎないため、ブログを自分自身の資産にして収益化するには向いていません。資産としてのブログを作るにはサーバーを借りて独自ドメインを取得し、WordPressなどを使って記事を投稿するのが王道です。

普通のやり方でブログのアクセスを集めるには、ユーザー訪問の入り口となる検索エンジンで上位表示される必要があります。以前は開設間もないブログでも裏技的な手法を使って上位表示させることは可能でしたが、検索エンジンの精度が向上した現在ではそういう手法は通用しなくなりました。検索エンジンはコンテンツの質を最重視するようにアルゴリズムを変えてきているだけに、内容の充実した記事を書くのが上位表示を目指す一番の近道です。

とは言え1つの記事に時間をかけて内容を充実させても、検索上位になかなか表示されないことはよくあります。検索エンジンはコンテンツの質だけでなく、サイト全体の信頼性や権威性も評価の基準としているのです。この信頼性や権威性こそがドメインパワーとして示される概念で、コンテンツの質と合わせた総合的な判断から検索順位が決められているものと見られます。

例えば「エンジニア 転職」というテーマで他のサイトに負けないくらい内容の充実した長文の記事を書いても、ドメインパワーが弱いブログだと必ずしも上位に表示されるとは限りません。個々の記事単位で見れば内容の充実度が劣っていたとしても、ドメインパワーの高いサイトの記事が上位に表示されてしまうのです。

検索エンジンがドメインパワーを重視している理由

このように検索エンジンがドメインパワーを重視するようになったのは、2016年頃に質の低い記事が検索上位に表示されて大きな問題となったのが1つのきっかけと見られます。当時は現在ほどコンテンツの質が重視されておらず、キーワードや外部リンクで対策をすれば簡単に検索上位を勝ち取れる状況でした。これに目をつけた大手IT企業がクラウドソーシングを使って一般のライターに大量の記事を外注し、量産した記事を上位表示させて広告収入を稼いでいたのです。

そうやって量産された記事の中にはいい加減な情報も少なくなかったため、命にも関わる医療ジャンルで間違った情報が検索上位に表示されている点が問題となりました。メディアでも大きく取り上げられて激しいバッシングを浴びた結果、このIT企業はサイトの閉鎖に追い込まれたのです。

騒動を受けて検索エンジンの側でも対策に乗り出し、医療や健康など命に関わるジャンルでは検索結果に大きな変化が生じました。医療機関や製薬メーカーなど、信頼できる情報ソースの記事を上位に表示するように検索アルゴリズムが大きく変更されたのです。

それ以外のジャンルでもコンテンツの質が何よりも重視されるようになり、以前のようにいい加減な情報は上位に表示されにくくなりました。と同時に記事を発信しているサイトの信頼性や権威性も検索順位の決定で重きを置かれるようになった結果、ドメインパワーの低い個人ブログは競合の多いジャンルで上位表示が難しくなってしまったのです。

ドメインパワーの目安

ブログのアクセス数にこれほど大きな影響を与えるとなれば、運営する側もドメインパワーの指標は無視できません。アクセス数アップのために検索上位を目指すには、自分のブログやライバルサイトのドメインパワーを知る必要も出てきます。

調べたいサイトのドメインパワーを確認するツールの多くは有料ですが、Mozというツールなら無料で利用することも可能です。ブラウザにChromeを使用している人であれば、MozBarを拡張機能としてインストールすることでドメインパワーを手軽に調べることができます。

MozではDA(ドメインオーソリティ)という指標がドメインパワーに相当する数字です。0から100までの数字で示されるDAは数字が高いほどドメインパワーが強いことを意味し、開設して間もないブログはたいていが0となっています。Yahoo!Amazonのような有名サイトはDAが100近くもありますが、個人ブログでこの域に達するのはまず不可能です。

個人ブログでもある程度の期間運営を続けていてコンテンツも充実していれば、DA30くらいには上げることができます。「転職」のようなビッグワードで検索上位に表示されるにはDA50以上でないと難しいですが、複数のキーワードを組み合わせたロングテールキーワードならDA30程度でも上位表示は十分に可能です。

ちなみに「ドメインパワー」で検索してみたところ、10位までに表示されたサイトのDAは平均で28.8でした。これが「転職」になるとマイナビやリクナビNEXTといったドメインパワーの高い企業サイトが上位を占めるため、平均DAも53.3に跳ね上がります。

ドメインパワーを上げる効果的な方法

開設して間もないブログはドメインパワー0からスタートしなければならず、普通にやっていては検索上位になかなか表示されません。特に検索需要が多いキーワードほどライバルも強豪揃いで平均DA値が高く、初心者はどれほど良い記事を書いてもなかなか上位表示されないのが現状です。

検索エンジンに認めてもらうには、地道な努力を積み重ねてドメインパワーを上げていくしかありません。ブログアフィリエイトで結果が出始めるのは早い人でも半年を要し、普通は1年以上を費やす覚悟で粘り強く取り組んでいく必要があります。

とは言えドメインパワーを上げる効果的な対策を知っているかどうかで、成果が出るようになるまでの期間が違ってくるのも確かです。対策の中には被リンクを獲得するといった他力本願的な方法も含まれますが、自分でできる対策としては以下のような方法が挙げられます。

  • 記事数を増やす
  • 個々の記事の内容を充実させる
  • 特定ジャンルに特化した記事を書く
  • ブログの更新頻度を上げる
  • 既存記事のリライトを行う
  • アクセスアップを図る

それぞれ詳しく解説していきます。

記事数を増やす

ドメインパワーはそう簡単には上げられらないとは言え、同じ期間でもDA値が早く上がった人となかなか上がらない人で差も見られます。自分でできる対策の中で最も端的にドメインパワーを上げられるのは、記事数を増やすというシンプルな方法です。

ドメインパワーはサイト内の記事数にある程度比例して高くなる傾向も見られ、記事数が少ないうちは他の対策を講じてもDAの数字はなかなか上がりません。ブログで成果を出すには最低100記事が必要、などと本当か嘘かわからないような説が信じられているのはそうした理由によります。

個々の記事の内容を充実させる

記事の本数さえ増やせばどのような内容でも構わないというわけはなく、1つ1つの記事には検索エンジンから評価されるような良質なコンテンツが求められます。ユーザーが検索するキーワードの答えになる有益な情報を記事にしっかりと盛り込み、なおかつ他のサイトにはない独自性も内容を充実させるためには欠かせません。

最近では1,000文字にも満たない短い記事は評価されにくくなっていますので、1つ1つの記事は文字数が最低でも1,500文字以上になるよう心がけるといいでしょう。基本的には文字数が多ければ多いほど高評価につながりますが、闇雲に文字数だけを増やすようなやり方は逆効果です。記事を書いたらCopyContentDetectorなどのツールを利用し、コピペ率が高くないかどうかチェックする必要もあります。

ジャンルに特化した記事を書く

検索結果に表示されるのはページ単位ですが、ドメインパワーはサイト全体に対する評価を示しています。サイトを構成する1つ1つの記事は内容がバラバラの状態よりも、特定のジャンルを取り上げた記事の集まりとなっている方が高く評価されやすいものです。

ドメインパワーはサイトの信頼性とともに、権威性を示す指標でもあります。多数の記事を集めたサイトの内容が何らかのジャンルに特化していれば、その分野に関する権威性も発揮されやすくなるのです。

ブログの更新頻度を上げる

ブログを開設して一定期間が経つと検索エンジンに発見され、インデックス登録されるようになります。検索エンジンに登録されてから現在に至るまでの期間は「ドメイン年齢」とも呼ばれ、ドメインパワーにも大きく影響する要素の1つです。

基本的にはドメイン年齢が長ければ長いほどドメインパワーも上がりますが、更新が滞っているようなブログでは年数が経過していても評価されません。ドメインパワーを可能な限り早く上げるには、ブログを頻繁に更新するのも1つの手です。更新頻度が多ければ多いほど、ブログの活性化を検索エンジンに印象付けられます。頻繁に更新するために質の低い記事を量産するのは本末転倒ですが、良質な記事を高頻度で投稿し続けていればドメインパワーも早く上がりやすくなるのです。

既存記事のリライトを行う

ページの滞在時間が長く離脱率が低いサイトは良質なコンテンツを提供していると判断され、検索エンジンから高く評価されやすい傾向も見られます。ブログにせっかくユーザーが訪れてくれても短時間で立ち去られてしまうとしたら、見限られるだけの理由がどこかにあるはずです。ユーザーが知りたいと思っていた情報が記事に書かれていなかったり、文章が読みにくかったりするようなケースが考えられます。

ブログに一度投稿した記事は何ヶ月も放置せず、古くなった記事を見直して書き換えるのもドメインパワーの向上につながる改善策の1つです。リライトした記事はGoogle Search ConsoleのURL検査を利用し、インデックスへの再登録をリクエストすれば検索結果に反映されます。

アクセスアップを図る

ドメインパワーを上げる目的は検索順位を上げてアクセス数を増やすことにありますが、アクセス数が増えればドメインパワーも上がるという好循環に入ります。良質な記事を増やしたり既存記事をリライトしたりすることで検索ユーザーの満足度が上がれば、普通はアクセス数も自然と増えてくるものです。

開設間もないブログは砂漠の真ん中に店を開いたのと同じ状態のため、そのままではサイトに訪れる人もいません。検索エンジンとは別の経路からブログに訪問客を呼び込めれば、アクセスアップと同時にドメインパワー向上も期待できるようになります。TwitterやFacebookなどのSNSでブログを宣伝したり、Kindle電子書籍やYouTube動画のようなメディアとブログを連携したりするのもそうした手法の1つです。

他力本願的な対策

ドメインパワーを上げるのに効果的なもう1つの方法として、他のドメインからのリンクを獲得する手法も挙げられます。検索エンジンは被リンク数の多いサイトを高く評価する傾向も見られるため、かつては外部から有料リンクを購入するようなブラックハット的SEOも横行していました。現在ではそうしたやり方も通用しなくなりましたが、自然な被リンク取得であればドメインパワーを上げるのにまだまだ有効です。

ドメインパワーの強いサイトからの被リンクほど効果が高いとされていますが、自分のブログと関連性が高いサイトであれば相互リンクでも効力を発揮します。とは言え被リンクの獲得は一歩間違えればペナルティの対象にもなりかねないだけに、ドメインパワーの低いサイトから被リンクを集めるようなやり方はかえって逆効果です。初心者にとっては少々リスクがあるということで、被リンクの取得は他力本願的な手法と言えます。

ドメインパワーの基礎知識まとめ

すでに名前が売れている有名人ならともかく、無名の一般人がブログを始めても最初のうちはアクセスが集まらないのが普通です。ドメインパワーも「0」からのスタートとなり、「1」に上がるまで数ヶ月を費やすという例も珍しくありません。

以上で紹介したような対策を講じればドメインパワー0の期間を少しでも短縮できる可能性はありますが、半年から1年ほどは我慢の日々が続くことになります。負けずに良質な記事を書き続けて地道に更新していれば、半年ほど経過した頃から急に検索順位が上がり始めるものです。ドメインパワーは一度上がっても思わぬ理由で下落する場合もありますので、結果が出始めてもまだまだ油断はなりません。

とは言えDAが30程度まで上がれば、よほど激戦区のキーワードでない限りは検索結果の上位に表示されやすくなります。個人ブログでDAを30以上に上げるにはさらに高度なSEO対策が求められてきますので、まずはDA10を目指して20から30へと段階的に目標を上げていくのが無難な道筋です。

コメント

  1. […] ドメインパワーと検索順位の関係とは?評価を上げる7つの方法を解説ブロ… […]

  2. […] ドメインパワーと検索順位の関係とは?評価を上げる7つの方法を解説ブロ… […]

タイトルとURLをコピーしました